| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

シンクロキャンセル・・・からのー?

魔チィさんとこのHTBに影響を受けて自分も組んでみました。


【Aタイプ】

モンスター(20枚)
墓守の偵察者×3枚
深海のディーヴァ×3枚
召喚僧サモンプリースト
海皇の長槍兵
レスキューキャット
ライトロード・ハンター ライコウ×3枚
ライオウ×3枚
ニードル・ギルマン×2枚
X-セイバー エアベルン×3枚

魔法(16枚)
貪欲な壺×3枚
大嵐
洗脳-ブレインコントロール
精神操作
月の書×3枚
簡易融合(インスタントフュージョン)×3枚
シンクロキャンセル×3枚
サイクロン

罠(4枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
激流葬

エクストラデッキ
ナイトメアを狩る死霊
カオス・ウィザード


【Bタイプ】(組み途中)

モンスター(20枚)
魔轟神獣ノズチ×3枚
魔轟神獣ケルベラル×3枚
魔轟神獣ガナシア×3枚
深海のディーヴァ×3枚
召喚僧サモンプリースト
海皇の長槍兵×3枚
レスキューキャット
THE トリッキー×3枚

魔法(6枚)
簡易融合(インスタントフュージョン)×3枚
シンクロキャンセル×3枚

罠(0枚)

エクストラデッキ
ナイトメアを駆る死霊


【 狙い 】

「X-セイバー エアベルン」か「ナイトメアを狩る死霊」を絡めた上で「氷結界の龍 トリシューラ」をシンクロ召喚する。その後、「シンクロキャンセル」で上記素材モンスターを特殊召喚してハンデスを行い、再度「氷結界の龍 トリシューラ」をシンクロ召喚して合計3回のハンデスを行う。


【 戯言 】

下記は【魔轟神】に「深海のディーヴァ」を突っ込んだ形のほうが良さそうな気もします。似たようなデッキと何度か対戦したのですが、消費枚数の少ない能動的な2枚コンボなので、【インフェルニティ】の初速が少しでも遅れるとそのまま主要パーツをガンガン除外されて、更に【インフェルニティ】側のスピードが遅れるようなゲーム展開が目立ちました。
スポンサーサイト

| 魔法・罠考察 | 19:00 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

王宮の弾圧を有効に使うちょっとしたプレイング

王宮の弾圧ちょっとしたプレイング



相手の場:異次元からの生還者、神の宣告(裏)
自分の場:次元幽閉(裏)、王宮の弾圧(裏)

相手が「異次元からの生還者」で攻撃。
こちら「次元幽閉」を発動し、「異次元からの生還者」を除外。

相手のメインフェイズ2終了前に「王宮の弾圧」を「表側表示」にする。
(相手がバトルフェイズから直接エンドフェイズに移行する場合はそのバトルフェイズ終了時)

相手はその「王宮の弾圧」の発動にチェーンして「神の宣告」を発動するであろうが、
こちらは「表側表示にしただけ」なので、「王宮の弾圧」の発動コストであるLP800を支払う必要が無くなる。
(表側表示にしただけではあるが、「王宮の弾圧」を発動した事には変わりないので無効化はされる)


【 どういった場面で有効か 】

ダメージステップを除く特定のフェイズで「特殊召喚される事が確定している場合」に有効。
自分のターンならば、フェイズ開始時の優先権は自分にあるので、そのフェイズ開始時に発動。
相手のターンならば、フェイズ開始時の優先権は相手にあるので、そのフェイズの一つ前のフェイズ終了時に発動。

| 魔法・罠考察 | 19:00 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

陵墓と歯車街あれこれ

「歯車街」と「光と闇の竜」の関係性に関する裁定が分かったのでそれっぽいデッキで遊んでみる。
採用フィールド魔法は「死皇帝の陵墓」+「歯車街」の2種。それを各3枚ずつで、合計6枚。

「死皇帝の陵墓」を相手に利用される事が多々あり、「光と闇の竜」のフィールド維持が若干困難な感じ。
ただし、先攻1ターン目から「光と闇の竜」などを展開できる点はリリース軸との決定的な違い。
上級モンスターを採用していないデッキタイプと対戦する場合は非常に良い働きを見せてくれそう。

「歯車街」自体は評判通りのカードって感じで、上級がぽんぽん出現する様は豪快の一言。
特殊召喚する方法は違えど、擬似的なシンクロ召喚と言えば聞こえは良いかな。
「歯車街+フィールド魔法」が揃えばとりあえずATK3000が保障される。

シンクロと比べた場合は選択肢の狭さとデッキを若干圧迫するという点が難点。
ただしカードパワー自体は非常に高いので、フィールド魔法を入れる場合は
考え無しに3枚突っ込んでも十分に力を発揮してくれるであろうカード。革命的。
アトランティス軸であろうが、魔法族の里軸であろうが、何であろうが、だ。

その場合、必然的に「歯車街」をサーチしきれないフィールドサーチモンスターの必要性が薄れてくる。
アトランティスで考えた場合、「歯車街→アトランティス→アンティークギア→リリースしてシーラカンスNS」
「歯車街→アトランティス→アンティークギア→アトランティスでリリース免除のカタパNS」
前者の場合はリリースを稼ぐ事が可能で、少ないディスアドバンテージでシーラカンスを場に出す事が可能。
後者の場合は直撃で最大6000のライフが奪える。「歯車街」が1枚追加されれば1KILL成立。何とも恐ろしい。

シンクロが低速化すれば環境のトップを独走しそうなカード。「歯車街」、恐ろしい子・・・!

| 魔法・罠考察 | 19:00 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

罠による破壊と除外

激流>奈落>幽閉>ミラフォ

スターダストドラゴン、ダークアームド、裁きの龍等、
これらを考慮するとミラフォの価値は以前ほどではない。

激流ならシンクロとシンクロ素材を丸ごと墓地に落とせるし、
そこからスターダストを狙う関係上、破壊に対する考慮は薄いとも考えられる。
出す側としても当然激流を頭に入れているだろうが、
多少博打してでもスターダストの召喚を狙うプレイヤーはいるんじゃないかな。
奈落もほぼ同じ理由。

幽閉はダークアームド、裁きの龍には通用しないが、
場に存在するスターダストを対処できる数少ない罠。

ミラフォは相変わらず下級には強いが、スターダスト化では紙であり、
ダークアームド、裁きの龍に対しても同様に紙である。
ドロー後即伏せをしてもいいレベル。使えるうちに使っとけ。

| 魔法・罠考察 | 05:09 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アームズホールと混沌の黒魔術師

カードプール上にアームズホールと早すぎた埋葬は存在するし、
ダムドだってダーコだって推理だってゲートなんだって存在する。

そんな環境と半年間付き合わなければならない以上、
これらのメタを考察した上で今後の構築を模索せねばならんでしょう。

というわけで「アームズホール」についての考察。


【 アームズホールの特性 】

1:発動コストとして「デッキの一番上を墓地に送る」が要求される
2:効果解決時にデッキから墓地から装備魔法1枚を選択し手札に加える
3:発動ターン、通常召喚の権利を破棄せねばならない
4:回収先の装備魔法は何かしら発動コストを要求するものが多い
5:通常魔法である


これらの弱点について

に対するメタは大変分かりやすく、「次元の裂け目」などを展開してしまえば
発動コストを満たす事が出来なくなるので発動自体を無効化する事ができる。
問題点は特に無く、無効化だけを狙うのなら【次元】を主軸としたデッキ構成で良い。

が厄介な点。例えば墓地に存在する「早すぎた埋葬」を「DDクロウ」で除外したと
しても、回収先の第二候補が存在するのならそれらを回収され、事無きを得られてしまう。
これを「DDクロウ」などで無効化する行為は長期的な目で見れば有効だが、
デュエルスピード自体加速傾向にあるので、メタとまでは云い切れないのが現状。
「DDクロウ」で「早すぎた埋葬」の蘇生先を射抜くほうが妥当。要はタイミング。
他には「強烈なはたき落とし」や「マインドクラッシュ」を用いて、
効果解決後のカードをピンポイントで墓地に落とすなどの手段もある。

に関しては2と連動する。「強烈なはたき落とし」や「マインドクラッシュ」で
回収したカードを即座に墓地送りした場合、相手はアームズホールの効果で
通常召喚の権利を破棄している分、テンポアドバンテージを得る事が出来る。
また、装備魔法という性質上「砂塵の大竜巻」などもかなり有効。
こちらは発動条件も緩く扱いやすい。
相手としては装備魔法のコストも払う必要がある分
「マインドクラッシュ」で装備魔法を墓地にたたき落とす以上に相手は損もする。

で挙げた装備魔法の性質を理解した上で、それらを無効化する手段を考える。

【「砂塵の大竜巻」で相手の「早すぎた埋葬」を破壊した場合の損失】

1:アームズホールによる召喚権の破棄
2:ライフコスト800(初期ライフの1/10)

1ターン目に発動されたアームズホールを無効化した場合この恩恵は凄まじく、
相手の場には十中八九壁モブが存在しないので更なる打撃を加える事ができる。
ライフアドバンテージに差が生まれれば、ライフコスト800は意外と痛い。

【「砂塵の大竜巻」で相手の「DDR」を破壊した場合の損失】

1:アームズホールによる召喚権の破棄
2:手札コスト1枚

「早すぎた埋葬」を破壊した場合よりもハンドアドバンテージを得れる形となる。
本来なら「クライス」もしくは「混沌の黒魔術師」によってディスアドバンテージを
回復するところなのだが、それ自体行う事を許さないので、かなり有効。


回収先装備魔法の性質上、「王宮の弾圧」「虚無魔人」
「フォッシルダイナ・パキケファロ」これらの【特殊召喚を無効化する】カード群にも弱い。



メタ候補と相手側デッキ(仮想敵:クライスターボ)のそれに対する回答
※通常召喚の権利を要するモンスターは相手にとって
1ターンのロスが要求させるため例外とする。

・閃光の追放者→ライトニングボルテックスなど
・虚無魔人→ライトニングボルテックスなど
・フォッシルダイナ・パキケファロ→ライトニングボルテックスなど
・サイクロン(ツイスター)→大嵐やハリケーンなど
・次元の裂け目→大嵐やハリケーンやサイクロンなど
・砂塵の大竜巻→大嵐やハリケーンなど
・マインドクラッシュ→大嵐やハリケーンなど
・王宮の弾圧→大嵐やハリケーンやサイクロンなど

これらの中で「混沌の黒魔術師」にも有効なカード群
ただしこの場合の「混沌の黒魔術師」は特殊召喚経由で出されている物とする
(出される物ではなく、すでに場に存在する物として考える)

・フォッシルダイナ・パキケファロのリバース効果
・サイクロン(ツイスター)による装備魔法の破壊
・砂塵の大竜巻による装備魔法の破壊
・次元の裂け目+異次元の生還者によるループ壁
≫ Read More

| 魔法・罠考察 | 13:14 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。