2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

雑貨ジャッジメント

雑貨でライトロードとアンデット落としてドカーン
俗に言うぶっぱですね
≫ Read More
スポンサーサイト

| デッキレシピ | 11:26 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワールドによるTOD

何かと噂のTOD。自分も組んでみました。
≫ Read More

| デッキレシピ | 16:48 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続ける理由を整理してみよう

どんな遊びの場においても耳にする言葉はいくつかある。
1:「何遊びにマジになってんの?」
2:「(皮肉を込めての)○×ゲー」
3:「昔は良かった」
4:「○×は卑怯」

運が絡む環境においては次の言葉を耳にする。
「(自分は)運が悪すぎ」
「(他人は)運が良すぎ」

実力を要する環境においては次の言葉を耳にする。
「廃人以外お断りかよ」
「(キャラ間の)性能差を感じる」


基本的に現役のプレイヤーは否定的な言葉が多く、
身内ではなく第三者に向けて発せられる言葉。
肯定的な意見が出るのは初心者の頃と引退した後。
もしくはコミュニケーションツールだと割り切った時。

これらは思春期超えた辺りのプレイヤー全てに言える事。
エゴが生まれるからねー。相手を認める事が難しくなる。
「プレイ時間×エゴ=選民意識」
そこから成り立つ否定的意見と嫉妬心。

個人的に選民意識を刺激するためにゲームをしている場合、
実際のプレイ時間が減少する傾向にあると思う。
観戦はするんだけど、実際にプレイするのは1~2回とか。

最近の傾向としては名声(承認欲求)を
手に入れる(満たす)ためってのもあるのかな。
名声(以下略)は中高生に多い感じがする。

選民意識と承認欲求。
惰性なのか、それともこれも楽しみ方の一つなのか。
まぁ、プレイ回数が減る以上選民意識のほうは
惰性に近いんじゃないかなぁって思います。
逆に名声(以下略)のほうは個人による目標付けだろうし、
それは楽しんでいると言えるはずなんじゃなかろうかと。


続ける理由を整理していく内にかなりの脱線。
とりあえず自分自身がなぜ続けているのかは明確に。

私がゲームをプレイし続けている理由
「こういった記事を書きたいから続けている」
ブログ無かったら辞めてるかな~。

待てよ?これも惰性と言えるんじゃない?

以後、ループ処理に入って思考停止…。
ピー…、ガガガガガ…。お粗末さまでした。

| 雑記 | 05:02 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アームズホールと混沌の黒魔術師

カードプール上にアームズホールと早すぎた埋葬は存在するし、
ダムドだってダーコだって推理だってゲートなんだって存在する。

そんな環境と半年間付き合わなければならない以上、
これらのメタを考察した上で今後の構築を模索せねばならんでしょう。

というわけで「アームズホール」についての考察。


【 アームズホールの特性 】

1:発動コストとして「デッキの一番上を墓地に送る」が要求される
2:効果解決時にデッキから墓地から装備魔法1枚を選択し手札に加える
3:発動ターン、通常召喚の権利を破棄せねばならない
4:回収先の装備魔法は何かしら発動コストを要求するものが多い
5:通常魔法である


これらの弱点について

に対するメタは大変分かりやすく、「次元の裂け目」などを展開してしまえば
発動コストを満たす事が出来なくなるので発動自体を無効化する事ができる。
問題点は特に無く、無効化だけを狙うのなら【次元】を主軸としたデッキ構成で良い。

が厄介な点。例えば墓地に存在する「早すぎた埋葬」を「DDクロウ」で除外したと
しても、回収先の第二候補が存在するのならそれらを回収され、事無きを得られてしまう。
これを「DDクロウ」などで無効化する行為は長期的な目で見れば有効だが、
デュエルスピード自体加速傾向にあるので、メタとまでは云い切れないのが現状。
「DDクロウ」で「早すぎた埋葬」の蘇生先を射抜くほうが妥当。要はタイミング。
他には「強烈なはたき落とし」や「マインドクラッシュ」を用いて、
効果解決後のカードをピンポイントで墓地に落とすなどの手段もある。

に関しては2と連動する。「強烈なはたき落とし」や「マインドクラッシュ」で
回収したカードを即座に墓地送りした場合、相手はアームズホールの効果で
通常召喚の権利を破棄している分、テンポアドバンテージを得る事が出来る。
また、装備魔法という性質上「砂塵の大竜巻」などもかなり有効。
こちらは発動条件も緩く扱いやすい。
相手としては装備魔法のコストも払う必要がある分
「マインドクラッシュ」で装備魔法を墓地にたたき落とす以上に相手は損もする。

で挙げた装備魔法の性質を理解した上で、それらを無効化する手段を考える。

【「砂塵の大竜巻」で相手の「早すぎた埋葬」を破壊した場合の損失】

1:アームズホールによる召喚権の破棄
2:ライフコスト800(初期ライフの1/10)

1ターン目に発動されたアームズホールを無効化した場合この恩恵は凄まじく、
相手の場には十中八九壁モブが存在しないので更なる打撃を加える事ができる。
ライフアドバンテージに差が生まれれば、ライフコスト800は意外と痛い。

【「砂塵の大竜巻」で相手の「DDR」を破壊した場合の損失】

1:アームズホールによる召喚権の破棄
2:手札コスト1枚

「早すぎた埋葬」を破壊した場合よりもハンドアドバンテージを得れる形となる。
本来なら「クライス」もしくは「混沌の黒魔術師」によってディスアドバンテージを
回復するところなのだが、それ自体行う事を許さないので、かなり有効。


回収先装備魔法の性質上、「王宮の弾圧」「虚無魔人」
「フォッシルダイナ・パキケファロ」これらの【特殊召喚を無効化する】カード群にも弱い。



メタ候補と相手側デッキ(仮想敵:クライスターボ)のそれに対する回答
※通常召喚の権利を要するモンスターは相手にとって
1ターンのロスが要求させるため例外とする。

・閃光の追放者→ライトニングボルテックスなど
・虚無魔人→ライトニングボルテックスなど
・フォッシルダイナ・パキケファロ→ライトニングボルテックスなど
・サイクロン(ツイスター)→大嵐やハリケーンなど
・次元の裂け目→大嵐やハリケーンやサイクロンなど
・砂塵の大竜巻→大嵐やハリケーンなど
・マインドクラッシュ→大嵐やハリケーンなど
・王宮の弾圧→大嵐やハリケーンやサイクロンなど

これらの中で「混沌の黒魔術師」にも有効なカード群
ただしこの場合の「混沌の黒魔術師」は特殊召喚経由で出されている物とする
(出される物ではなく、すでに場に存在する物として考える)

・フォッシルダイナ・パキケファロのリバース効果
・サイクロン(ツイスター)による装備魔法の破壊
・砂塵の大竜巻による装備魔法の破壊
・次元の裂け目+異次元の生還者によるループ壁
≫ Read More

| 魔法・罠考察 | 13:14 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

制限当たり外れ

2月3日に予想した新制限・・・。さて、どれだけ当たったかな?!

【禁止】
聖なる魔術師
魔導戦士 ブレイカー
リビングデッドの呼び声

【制限】
風帝ライザー
高等儀式術
死者蘇生
抹殺の使徒
おジャマトリオ

【準制限】
サイバー・ドラゴン
ネクロフェイス
光と闇の竜
おろかな埋葬
月の書
魔導師の力
魔法石の採掘

【制限解除】
イエロー・ガジェット
グリーン・ガジェット
人造人間-サイコ・ショッカー
見習い魔術師
レッド・ガジェット
強制転移
貪欲な壺
無謀な欲張り

▼追記で予想の正解不正解
≫ Read More

| 雑記 | 20:11 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近すごいと思ったデッキ

青白殉教者

システムとしては毎ターン相手の総攻撃力分以上のライフを得る事で攻撃を無効化するデッキ。

遊戯王的には毎ターン エアハミを蘇生し3000ポイント以上回復しているようなもの。
回復量は相手手札依存ではなく自分手札依存なので、対処され難いのもポイント。

ライフアドバンテージ。特に回復は軽視されがちだけど、あえての回復。お見事です。

| 雑記 | 16:29 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

資産と世論の風

「無知の知」とは我が憲法ゼミ首領(ドン)、山本の愛する言葉ですが…

「まるで金を刷っているようだ」は我らが神コナミさんの言葉です

---ここまで挨拶 こんにちは



坦々と卒業課題をこなしながら転々とネットサーフィンをしているわけですが、
卒業課題とは別の事に脳のスペックを奪われてしまいますね…。仕様かな。

例えば、「君がこのゲームを辞められない理由、それは資産だろう」だとか、
「○×オワタ。もうこのゲームやめる」×100とかとか。どちらも興味深い。

-前者-

何事にも言える事ですが、一度コレクションをはじめてしまうと
もう後戻りできないなんて事はよくある話。

それは顧客というよりはきっと家畜に近い。
なぜなら出せば売れる図式が成り立っているから。
「限定」というキーワードが付けば、尚の事。

コレクションに限らずカードプールがある程度潤ってしまうと、
苦労して集めたそれらを売り払うのはどこか忍びなく、
そのまま辞める辞めないの中間地点に居座ったまま
カードプールだけが増え続けるなんて事態が発生します。

だから何だと言われればそれまでなんですが、
手元に何かが残ると、途端に抜け出せなくなるものですね、と。

技術が残る家庭用ゲームと資産として残るカードゲーム。
依存度が大分違いますねー。どう見ても後者が上。

-後者-

第一印象は世論って感じ。そうじゃないとしたら・・・、
なんだっけ・・・、同時期と多数の人間が同じ事を考える・・・、
集団的潜在意識・・・?ですかね・・・?
とにかく「もうやめる!」って発言・記事を最近よく見ます。

世論に流されておけば、とりあえず多数には属されます。
まさに安心感。集団催眠みたい。エニグマ現る?!
Q:世論を作ったのは、誰だ?!
A:きっと些細な言葉に皆が共感しただけの事。

| 雑記 | 18:23 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デュアルパフガールズ

【Lonefire Blossom】
効果モンスター
星3/炎属性/植物族/攻 500/守1400
表側表示の植物族モンスター1体を生け贄に捧げることでデッキから植物族モンスター1体を特殊召喚する。この効果は1ターンに1度しか使用できない。



ツ、ツエエェェエエェェ...!!!!

うん、どうやら海外版デュアル(日本のデュアルとは質が違います)は《UFOタートル》から《炎妖蝶ウィルプス》【Lonefire Blossom】に繋げる形が定石のようですね・・・。ウィルプスさんは前提条件が厳しく、宝札と絡めた場合もオーバーキル感の否めないドジっ子ですが・・・、きっとそんなカードも世の中には必要なんです。皆が皆カユい所に手が届いたんじゃつまらない。むしろカユい所に手が届かないスペックは愛でるべき対象。アイデンティティの象徴にでもしてあげて。


説明するまでも無さそうですが、どこらへんが強いのかと言うと・・・、

1:召喚→優先権→ギガプラ特殊召喚(1ターン目から上級2400を特殊召喚可能)
2:そのギガプラの効果によって特殊召喚可能(2ターン目には2400が2体並ぶ)
3:リクルーターから呼べてしまう(リクルを経由すれば即ギガプラ2体が並ぶ)
4:名前がブロッサム(ケ、ケミカルXが混ざっちゃった?!)
5:ラプテノスや血の代償があればポポポーンと3体ギガプラが並んでしまう

なんという破格のスペック・・・。

能動的なピラタと考えてもらえれば、更にその強さが分かる事でしょう・・・。
転移と相性が悪い?ギガプラで出したブロッサムたんでも渡せばいいんじゃね?

いやー、デュアルの未来は明るいねぇ!
どんどんコンボ重視のワンサイドゲーデッキになってきてんよ!
1デュエル平均ターン数10を下回る日もそう遠くはないはず!
コンボ成立→勝利確定!これが未来の遊戯王だ!

| モンスター考察 | 14:10 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

よっしゃああああああ

| 雑記 | 06:39 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

裏側リセットの謎

起動効果を発動したカオス・ソーサラーを一度裏側表示にした後に反転召喚した場合、再びカオス・ソーサラーの起動効果を発動する事ができる。(1ターンに2度撃てる)

なぜなら公開情報である表側表示が非公開情報である裏側表示になる事によって、一旦モンスター情報(カウンター・制約・回数制限)さえもがリセットされるからだ。



じゃあこの場合、ステルス・バード(サイクルリバース)はどうなるのか?

メインフェイズ1開始時、表側表示でステルス・バードが存在したとする。
そのステルス・バードの起動効果を発動し、ステルス・バードを裏側守備表示にする。
その後ステルス・バードを反転召喚し、誘発効果が発動。相手LPに1000のダメージを与える。

カオス・ソーサラーの場合裏になった時点で「1ターンに1度」という制約は破棄されているのだが、ステルスバードの場合どうなる・・・?




そりゃまぁ、今まで通り裏にしようが表にしようが1ターンに1度しか使えない裁定なんだろうけどさ、どういった解釈の元、この質問に答えてくれるのかが、ひじょーに気になる。

オッズ

1.2倍:カオソとステバの効果は別物として考えてください。説
2.0倍:確認中
5.0倍:まさかの逆転。裏側守備にする効果で自身の制約リセットします。説

| ルール/OCG事務局 | 10:29 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無→有/有→有の2乗

先月は週1更新と散々でした。
とりあえず三日は続けようと思っていたので今日も更新。
メール返信の件ほんとごめんなさい。



・最近の○×inクイズじゃないよ☆ミ

友人との会話中に起きた出来事

遊戯王プレイヤーにも伝わるように遊戯王風にアレンジ


自「DHEROの代わりにデュアルを媒介素材にしたライダーデッキを考案した!
  これってすごくオリジナリティに溢れてないかい?」
友「DHEROをデュアルに変えただけじゃあんまり変わってないよなw」
自「ガ━━(;゚Д゚)━━ン!! が・・・。た、確かに!」

※ちなみに友人は僕と同じぐらい重度のゲーマーです。


本人にとっての10枚の変化は他人にとって1種類の変化でしか無いんだなぁ、
と、改めて実感しました。遊戯王に精通していない人間相手なら尚の事ですね。

僕は以前からこれをRYO様との間だけで足し算式と呼んでいたわけなんですが、
既出+既出はいくら足してもそこに雛形がある以上、そこから脱する事は
難しいのかもしれませんね。+要素をスパイスとして考えうるのなら、
それは環境に照らし合わせたスパイスでしかないので、その場その場で
やはり変化し続けるものですから、やはり雛形からの脱出は出来てはいない。

「ネーム、または種族・属性にある程度の統一性が無ければそれはジャンクである」
「デッキ枚数が80枚もある。これはきっと初心者のデッキだ」
「異次元からの埋葬で恐竜さん達を戻すなんて卑怯だ丼!480円」
まずこういった固定観念からぶっ壊すべきで、こういった常識が
思考に根付いていると、どうしてもコナミデザインの雛形に心躍る。


10枚の変化・・・「D」から「デュアル」に変化した際に入れ替わった枚数として考えます
1種類の変化・・・「D」ライダーが「デュアル」ライダーに変化しただけと考えます

足し算式・・・形容詞を持つ既出テーマと既出テーマを足して出来た物。

例えば、雲魔物とバーンを組み合わせれば雲バーンといった感じに。
形容詞を持つ物同士が組み合わされた場合、こう呼ぶ事が多かったです。
以前晒したダークバーンとか最たる例かな。ダムドとバーンの組み合わせ。
パワーカード+パワーカード=パワーカードのカードパワーである程度勝てる。

| 雑記 | 11:52 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これだけ・・・?

【ルール変更】
公式ルール:新エキスパートルール→マスタールール
生贄召喚→アドヴァンス召喚(名称変更)
コスト全般→リリース(名称変更 今後はコストという言葉ではなくリリースが正式名称)
融合デッキ→エクストラデッキ(15枚制限)
サイド15枚→0~15枚


ルール変更ってまさかコレだけですか・・・???

ネオテクニカルエキスパートルール-タイプアルティメットとか期待してたのに\(^o^)/
予想外過ぎてなんだかなぁ。

追記で私の思うネオテクニカルエキスパートルール-タイプアルティメットについて
≫ Read More

| ルール/OCG事務局 | 20:24 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

制限改正間近でしたね

そういえば制限改正間近でしたね・・・。

恒例行事っぽいので、制限改正予想。

禁止入り
・次元融合
・混沌の黒魔術師
・グランモール
・黄泉ガエル
・早すぎた埋葬

制限入り
・ダークアームド
・サイバーヴァリー
・ダークコーリング
・ライザー
・ガイウス
・メビウス
・サクリファイスロータス
・次元幽閉
・フォートレス
・生還の宝札
・オーシャン

準制限入り
・ザボルグ
・テスタロス
・クライス
・神の宣告
・賄賂

解除
・ディアボリックガイ



ワールドに時は止めさせねぇ・・!


追記で理由
≫ Read More

| 雑記 | 18:44 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。