2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

「光と闇の竜」と「スターダスト・ドラゴン/バスター」の考察

【ライダーとスタダバスター、この2枚の特性】

<光と闇の竜>

強制誘発即時効果。
1ターン中4回まで発動可能で、同一チェーン上では1回。
・ATK2800/DEF2500。打ち消す度にATK/DEFが500ポイントダウン
・破壊された時、墓地から任意のモンスター1体を特殊召喚。

<スターダスト・ドラゴン/バスター>

任意誘発即時効果(多分)
・リリースして発動するので、基本的には1ターンに1回まで発動可能
・ATK3000/DEF2500。打ち消してもATK/DEFはダウンしない
・破壊された時、墓地から「スターダスト・ドラゴン」1体を特殊召喚。






【 考察 】

<2枚の類似点など>

カード効果なら魔法・罠・効果モンスター問わず打ち消す事ができるので、
「引いたor揃った時点で考え無しに出してよい」という点は共通している。
「破壊された時に墓地からモンスターを特殊召喚する」という点も共通している。
問題は「強制or誘発」「発動回数の上限」「最大ATKの違い」の計3点かな。


<想定-ライダー展開後>


「光と闇の竜」は「強制誘発即時効果」が足を引っ張り、他カードとの共存が難しい。
ただし「発動回数の上限は4」なので、単体にしては多数のカードを打ち消せる。
大抵は1~2回相手のカードを打ち消したら戦闘破壊されるわけなのだが、
そこで相手はライダーを処理するため一旦バトルフェイズを挟む形となるので、
「場から取り除かれて大ダメージを受ける」ような状況下は一応避ける事が出来る。


<想定-スタダ展開後>

一方の「スターダストドラゴン/バスター」は「任意誘発即時効果」なので、
他カードとの共存が可能。ただし1ターンに1度しか発動できないので、
このカード1枚で決定打を全て防ぐ事は難しいが「任意誘発即時効果」なので、
今まで「光と闇の竜」では出来なかった事が多数できる点は見逃せない。

例えば「ナチュル・ビースト」や「王宮のお触れ」と組み合わせた場合、
「ナチュル・ビースト」と「王宮のお触れ」に魔法・罠の打ち消しを任せる事によって、
スタダバスターは相手のモンスター効果のみに狙いを絞る事が可能となる。
召喚権は1ターンに1度しか無いので、相手が召喚したモンスターの効果を打ち消せば、
そのまま相手はターンエンド、なんて事が多々起こるかもしれない。まさに鉄壁。






一概にどちらが勝っているとは言い難いのでそこは避けるとして、面白そうなのでスタダのほうにも手を出してみたいところ。
サーチャーが豊富なので中々出しやすそうですし、何より任意誘発即時効果なので他カードとの共存が可能。今までとは違った感じで面白そうです。
スポンサーサイト

| モンスター考察 | 00:19 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。