2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

TGドラグニティ

動きが愉快だったので投下しておきます

追記でレシピ
≫ Read More
スポンサーサイト

| デッキレシピ | 16:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インフェルニティなんだ

形としては特に変化は無いのですが、実際に何度か回してみての感想。エクシーズはまだ使った事がありません。欲しい場面自体は多々あったので、エクストラデッキには余裕で潜り込めそう。


< 感想 >

前々から触れてますけど、「インフェルニティガン」が「チェーンサイクロン」などで割られやすくなった上に、「インフェルニティ・ミラージュ」自体も止められやすくなっています。今までだと「ミラージュ」の効果からコンボをスタートさせるのが言わばお約束のようなものでしたが、そうも言ってられない感じ。何するにしても穴があるので、「ハリケーン」でも握ってない限りは安心してコンボを始動させる事は難しそう。


< 逆に >

ただ、「インフェルニティ・バリア」さえ来日すれば「インフェルニティ・ミラージュ」が棒立ち状態で立ちすくむ事にも意味が出てくるので、それ次第と言えばそれ次第。事故率は爆発的に増加するとは思いますが、コンボの通しやすさ自体は格段に向上すると思います。



とりあえず、当分の間はもうちょい様子見ですかねー。根本的な動き自体に変化は無いので、今までのような運用方法で問題無いとは思います。ただ、エクシーズが出揃った辺りでまた何か動きがあるかもしれません。同レベルモンスターを並べる事自体は得意なデッキなので、相性の良いエクシーズが登場すれば、何か変わった動きができるかも、と考えております。

| 雑記 | 08:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

事務局回答

事務局にルール問い合わせ。

・「インフェルニティ・リベンジャー」
・「森の狩人 イエロー・バブーン」
・エクシーズモンスター

≫ Read More

| ルール/OCG事務局 | 17:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インフェルニティあれこれエクシーズ

「インフェルニティ・ナイト」の効果が判明しました。自身破壊時に手札2枚捨てて自身蘇生だそうです。ガッカリ。

若干「インフェルニティ・ナイト」によるテコ入れに期待していたのですが、これじゃどうしようもないですね。
仕方が無いので今あるカードの中だけで考えたいと思います。というわけで、エクシーズ後のインフェルニティ考察。


< エクシーズ召喚 >

エクシーズ後、最も影響が出るであろう部分はコレ。今まで以上にモンスターを特殊召喚できるようになります。
とりあえず現状のラインナップですとほとんど出す価値は無いのですが、選択肢が増える事自体は良い事です。
例えば「インフェルニティ・デーモン」が破壊された時、墓地から「リベンジャー」を2体特殊召喚すれば
「希望皇ホープ」をエクシーズ召喚する事が出来たりするので、あると無いとじゃ雲泥の差かと思われます。
特に「始祖の守護者ティラス」や「リバイス・ドラゴン」は自身の効果でエクシーズ素材を毎ターン取り除けるため、
墓地依存型のデッキとも相性自体は良いはずです。(ティラスはターン経過と共に墓地が元に戻るという考え)

また、エクシーズ素材が墓地に送られるタイミング次第なのですが、「希望皇ホープ」が破壊されたと同時に
そのエクシーズ素材となっていた「リベンジャー」を墓地から特殊召喚するなんて芸当も可能かもしれません。
ここらへんは裁定次第なので、確認を取っていきたいところですね。


< 召喚時の優先権 >

正しくは「召喚・反転召喚・特殊召喚時、ターンプレイヤーの優先権によるSS1の起動効果の発動タイミングの変更」でいいのかな。長い上に伝わりにくいので、ここでは「召喚時の優先権」で統一します。

とりあえず個人的な感想としましては、インフレ傾向にあるモンスター効果の抑止と、今更ではあると思うのですがルール整備が主な目的かと思われます。
長年このルールに親しんできたので、今更変更しちゃうとなると「それはそれでゲームバランス的にどうなの?」と思ったりするわけなんですが、神がそういうのだから仕方がありません。受け入れましょう。

と、まぁ、そんなこんなでこの抜本的ルールの改正により、「ミラージュ」の効果を今まで以上に通しにくくなりました。
特に「連鎖除外」による被害は甚大で、決まったが最後。負けを覚悟するレベルのダメージを被る事となります。
他にも「禁じられた聖杯」や「エフェクト・ヴェーラー」といったカードによっても効果を阻害されるように。

正直、今のカードプールですとメタの種類が豊富すぎて、どこに絞ってもメタから外れる事は無いと思います。
「月の書」や「神の警告」の規制自体は良い傾向なので、マッチ一本目は取りやすくなってはいるものの、
サイドデッキから投入されるあらゆるメタカードがヒットしてしまうようになってしまったため、
「インフェルニティ」は今まで以上に博打要素の強いデッキになるのではないでしょうか。

| 雑記 | 04:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

色々出た

色々とスポイラーが出揃いはじめました。
個人的な注目株はクェーサー。シンクロを3体出せるけど1キルまでは届かない場合なんかにゃ便利そうです。

それと淑女。あくまでも侍女から落とす選択肢の一つなんですけど、セットカードを割る効果は単純に強そうです。
ラヴァル・ドラグーンは優先権行使可能だったら相当強そうだったんですけどねー。惜しい奴です、色々と。

エクシーズは全貌が見えない事には何とも言えませんね。全体的に弱いので、何かしらエクシーズ共通の効果でも持ってんのかなと思ったり。

| 雑記 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

情報を見る

DTだったりSDだったり、一通りのスポイラー情報を見た感じだとガストクラーケが頭一つ飛び抜けてる感じでしょうか。


<ざ・この辺が強そう>

仮に初期手札が「ガストクラーケ」×2と「儀水鏡、またはシャドウリチュア」×2だったとした場合、「ガストクラーケ」をリリースして「ガストクラーケ」を儀式召還し、「儀水鏡」の効果で「ガストクラーケ」を墓地から回収。そして再度場の「ガストクラーケ」をリリースして「ガストクラーケ」を儀式召還し、「儀水鏡」の効果で「ガストクラーケ」を墓地から回収。

最終的な状況としては
自分の手札3枚、場に「ガストクラーケ」
相手の手札3~4枚(相手が先攻の場合は4)

アドバンテージ差が開く事無く開幕2枚ハンデスが可能に。で、ここに「サルベージ」辺りが絡めば更にハンデス。強いか弱いかは別にして、結構やれそうな気がします。

| 雑記 | 00:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あれこれ

改正後の環境でサイキックや六武衆やドラグニティやインフェルニティや魔轟神やワームやSinを回してみました。
で、それに対する個人的な感想。


<サイキック>

「メンタルマスター」を引きさえすれば勝ち。それ以外の勝ち筋ジリ貧というか、かなり薄い方。
「メンタルマスター」一本に頼らないような仕組みが作れそうな感じではあるので本気で組んでる人にやや期待。
ライフコストの踏み倒しは「パワーツール」でサーチ可能な「念動増幅機」のほうが好きかなぁ。


<六武衆>

改正後も相変わらず強い。個人的に「シエン」自体が罠環境という今の情勢にマッチしているのが大きい。
今後も比較的見掛ける気がするんですけど、どうなんでしょう。そうでもないのかな?


<ドラグニティ>

苦手とするカードが減った程度で、地雷デッキという立ち位置からは変わってない感じ。
「スタダ」を比較的立たせやすい点は評価できるけど、「ハリケーン」に対してやや無力なのが厳しい。
これは相手のテンポを崩す事に長けた「トリシューラ」を展開しにくいデッキ故の弱点だと思ってます。


<インフェルニティ>

サーチが利く分、サイキックよりは1キルがしやすい。
罠を積み込みやすいという特性は環境に適していると思う。定期購読で届くらしい「ナイト」の性能次第。


<魔轟神>

「ジャンクドッペル」の動きを取り入れやすい点が良い。将来性は感じる。


<ワーム>

「W惑星隕石」が反則的に強い。これ通しただけでガチガチにバックを固められる。
しかも墓地・SS、そのどちらにも頼っていないのでメタりにくいし、かなりイケそう。


<Sin>

巨大化による8000点パンチと「スキルドレイン」によるボードコントロールのみが強み。
基本的にSSを刻みながら戦うデッキなので、「神の警告」辺りには強い。決して弱くはない印象。

| 雑記 | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。