2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

リヴァイジュラック

ちょっとだけ動きが面白かったので。

追記でレシピ
≫ Read More
スポンサーサイト

| デッキレシピ | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラヴァル

試行錯誤の繰り返し。色々試しました。

追記でいくつかのレシピ
≫ Read More

| デッキレシピ | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラヴァルあれこれ3

試した形

・既存の形+ブーストウォリアー3枚

「ライブラリアン」「フォーミュラ」によるドロー加速がメイン。その過程で「真炎の爆発」か「ラヴァル・キャノン」辺りをドローできれば「クェーサー」まで繋がるような感じ。(墓地が良い感じだと「真炎の爆発」と手札の「ブースト」だけで「クェーサー」まで繋がる)

欠点らしい欠点と言えば「ブースト・ウォリアー」が単体では殆ど機能しないという点。後は「侍女」以外のチューナーとレベルが噛み合いにくいので、結局の所は「真炎の爆発」一本に頼った動きとなってしまう。(爆発をドローするまで守備で耐えるような形)


・既存の形+終末の騎士セット(騎士3、スティーラー、ゼピュロス、キャリア)

「スティーラー」を墓地に落として「ライブラリアン」[フォーミュラ」によるドロー加速。基本的には「ライブラ」「フォーミュラ」による2ドローがメイン。墓地が良い感じだと「ライブラ」「ドラグーンorブリュ」「フォーミュラ」「フォーミュラ」による5ドローからの「クェーサー」が「真炎の爆発」一本で成立する。方法は以下の通り。

蘇生対象:ランスロッド、マグマ砲兵、侍女×3

1:マグマ+侍女=ライブラ
2:ランスロのレベルを下げスティーラー蘇生
3:スティーラー+侍女=フォーミュラ(2ドロー
4:ランスロのレベルを下げスティーラー蘇生
5:スティーラー+侍女=フォーミュラ(2ドロー
6:ランスロ(lv4)+フォーミュラ=ドラグーンorブリュ(1ドロー
7:ライブラのレベルを下げスティーラー蘇生
8:ライブラ(lv4)+ドラグーン+フォーミュラ=クェーサー

問題はデッキスペース。「ヘルドッグ」辺りが候補なんだけど、それを抜くと「真炎の爆発」の蘇生対象と「ヘルドッグ」からの「ドラグーン」「ローチ」のワンチャンスが無くなるからイヤなんだよなぁ。無難に「ワン・フォー・ワン」で「ブースト」「スティーラー」「侍女」「バルブ」辺りを釣り上げられる形がいいのかな。

| デッキ考察 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オリジナルスリーブ用画像を作ってみた3

ドラグニティスリーブ

ドラグニティスリーブ用画像。最近全くといって良いほど見ないレヴァテインが主役。

ちなみにデッキ名下部にある文字は、そのデッキのメインギミックにあたる部分を指しています。
インフェルニティならハンドレスコンボからの1キル。ラヴァルは墓地と除外、両ゾーンを経由した動き。
ジャンドはシンクロ召喚の乱打とドローギミック。そしてドラグニティは同種モンスター召喚の繰り返し。

| オリジナルスリーブ画像 | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オリジナルスリーブ用画像を作ってみた2

ラヴァルスリーブ ジャンドスリーブ 守備か罠か



【ラヴァル】と【ジャンド】と【守備or魔法罠】用のオリジナルスリーブ画像。

ラヴァルはちょい失敗。それとは逆に、ジャンドは結構スッキリ仕上がったんじゃないかなぁと思ってます。
守備or魔法罠は、読んで字の如く「守備表示」か「魔法罠」かが一目で分かる、そんな仕様のスリーブ用画像。

| オリジナルスリーブ画像 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オリジナルスリーブ用画像を作ってみた

オリジナルスリーブ オリジナルスリーブ2


前々から興味のあったオリジナルスリーブを作ってみました。
(紙印刷して多重スリーブの間に挟む奴です。)


スライス(切り抜き作業)と修正箇所の書き足しに時間を取られちゃった感じですが、
やってる事自体はただのデザイン作業だったので意外と楽しかったです。


ちなみに、ある程度の印刷に耐えれるサイズで制作していますが、
そのサイズのままだとファイル容量が大きくなってしまうので縮小させています。

| オリジナルスリーブ画像 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デュアルジェム

アイオーラの強さに驚愕。

追記でレシピ。

≫ Read More

| モンスター考察 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スタートコンボ

「爆発」までの下準備が揃うカードのメモ。


・「フレムベル・ヘルドッグ」

「ヘルドッグ」の効果で「妖女」をSSし、「ヘルドッグ」+「妖女」で「ドラグーン」をSS
「ドラグーン」の効果で「侍女」を墓地に送り、「侍女」の効果で「侍女」「侍女」「マグマ砲兵」を墓地に送る。

必要なパーツを全て墓地に送れるこれが最も理想的な流れであり、対戦者側が最も警戒すべき流れ。
1キルまで到達する事は出来ないけれども、7000点は確保できる。場合によってはドロー加速の流れでもよい。
「レベル・スティーラー」が墓地にある状態で「ランスロッド」を墓地に送れば
「クエーサードラゴン」のSSが成立する。オマケに5ドローも可能。
「ボルトヘッジホッグ」が墓地にある状態でも1キル到達が可能。方法は下記。

1:「ヘルドッグ」「マグマ砲兵」「侍女」「侍女」「妖女」をSS
2:「ヘルドッグ」+「侍女」で「ライブラリアン」
3:「ヘッジホッグ」+「妖女」で「フェニクス」(ヘッジホッグを取り除き2回攻撃付与)
4:「ヘッジホッグ」を自身の効果でSS
5:「マグマ砲兵」+「侍女」で「ドラゴン」

2400+1500+1500+800+2000=8200

「未来融合」の効果で「ヘッジホッグ」を墓地送りできる点がポイント。


・「ラヴァルの炎車回し」

「炎車回し」の効果で「マグマ砲兵」「侍女」を墓地に送り、「侍女」の効果で「侍女」「侍女」「マグマ砲兵」を墓地に送る。

「妖女」を墓地に落としにくいので打点自体は見込みにくい。故に1キルを狙うよりかは補助狙いがベター。
「炎車回し」がラヴァルネームなので、「淑女」「侍女」「侍女」「侍女」「淑女」といった落とし方が出来る。
セットカードの破壊から「キャノン」「ヘルドッグ」に繋げていくような感じ。


・「櫃」+「キャノン」=「ドラグーン」

「櫃」の効果で「妖女」を除外し、「キャノン」をNSして「妖女」をSSし「ドラグーン」をSS。
その後「ドラグーン」の効果で「侍女」を墓地に送り、「侍女」の効果で「侍女」「侍女」「マグマ砲兵」を墓地に送る。

バトルフェイズを経由しないのでメインフェイズ1の段階で動く事が可能。
つまり「ドラグーン」が場に残った状態で「真炎の爆発」を打ち込めるので、1キルがしやすい。
ただしカード必要枚数の多さがネック。

1:「マグマ砲兵」「侍女」「侍女」「妖女」をSS
2:「マグマ砲兵」+「妖女」で「ドラグーン」をSS
3:「妖女」の効果が誘発し、全体の攻撃力が800ポイントアップ

2500+2500+100+100+800+800+800+800=8400


・「簡易融合」(炎の騎士 キラー)+「淑女」=「ドラグーン」

・「ファイヤーソウル」+「キャノン」

・「未来融合」+「おろかな埋葬」

・「カード・ガンナー」+「未来融合」or「おろかな埋葬」

・「未来融合」or「おろかな埋葬」+「ラヴァル・ガンナー」

| デッキ考察 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラヴァルあれこれ2

<下級モンスター 18枚>
フレムベル・ヘルドッグ×3
ラヴァルのマグマ砲兵
ラヴァル・ガンナー
ラヴァル・キャノン×3
カードガンナー×2
ラヴァルの炎車回し×2
ラヴァル炎湖畔の淑女×2
ラヴァル炎樹海の妖女
ラヴァルの炎火山の侍女×3

<魔法カード 12枚>
おろかな埋葬
ハリケーン
死者蘇生
真炎の爆発×3
増援
封印の黄金櫃×3
未来融合-フューチャー・フュージョン
ブラック・ホール

<罠カード 6枚>
異次元からの帰還
激流葬
神の宣告
聖なるバリア-ミラーフォース-
奈落の落とし穴×2

<エクストラデッキ>
起爆獣ヴァルカノン
ラヴァルバル・ドラグーン
ラヴァルバル・ドラゴン
他、お好みで



これを雛形として構築。枠が4枚余り。

「真炎の爆発」時の長所を伸ばすか、安定性を向上させるか、ボードコントロールに特化させるか。

仮に長所を伸ばす形で「スティーラー」と「ランスロッド」を採用した場合、

マグマ+侍女=ライブラ
ランスロのレベルを下げスティーラー
スティーラー+侍女=フォーミュラ
ランスロのレベルを下げスティーラー
スティーラー+侍女=フォーミュラ
ライブラのレベルを下げスティーラー
フォーミュラ+ランスロ=ドラグーン

4+2+6=クエーサー

これで5ドローしつつのクエーサーが成立。しかし前提条件がアホみたいにキツいという。
まぁ、「炎車」が決まれば「レベル・スティーラー」以外の条件は揃うのだけれども、
クエーサーはエクストラを圧迫する上に「出せば勝ち」ってわけでも無いから微妙かなぁ。
そもそも「幼女」絡めとけば1キル自体は成立するし、躍起になるほどではなさそう。



求めるなら安定性かボードコントロールかなー。
「炎塵爆発」が非対象指定カードらしいので、脳内構築の段階では「炎塵爆発」が強そうだな、と。
特に「ドラグーン」で「キャノン」を引っ張り続ければ「炎塵爆発」のコストを稼ぎ続ける事ができるので、
その辺りを意識した構築を目指してみたいところ。(炎塵爆発でドラグーンを除外しキャノンで釣り上げる)
まぁ、「ラヴァル・ガンナー」が本気出して「キャノン」を3枚墓地送りとかしなければの話なんだけどw

| デッキ考察 | 12:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラヴァルあれこれ

試してみた事とか色々と


・「ラヴァル」+「ヴォルカニックロケット」

手札から「淑女」「侍女」「妖女」を捨てるため採用。
必要な場面で必ずしも上記3種と「ブレイズキャノン」があるわけも無く、
その上デッキスペースも食っちゃう。「ロケット」込みで考えるとちょっと微妙かなぁ。

ただ、「ブレイズキャノン」単体を1枚だけ採用する程度なら辛うじてアリといった所。
モンスターを永続的に破壊できる土台は一応これで作れますし、2枚目以降が来て腐る事も無いので。
(重複して効果を発揮するカードではないので、2枚目以降は必然的に腐る。)

それと、「ブレイズキャノン」を手札コストとして計算するなら「胎動」のほうが適してますし、
そもそもハンドアドが増えているわけではないので手札コストとして計算するカードでは無いってのが持論。


・「魔法石の採掘」

必要なキーカードを回収するにはデッキを掘り下げる必要性が生じるため少し遅い。
「ドラグーン」の参入で手札を切る手段にも恵まれましたし、「キャノン」が逆転の一手として
よく働いてくれるので、別に「真炎の爆発」一本に頼る必要も無いかなぁと。


・「ライトロード」(ソラエク採用型)

初速の早さと引き換えに事故率が上昇といった感じの内容。
「ソラエク」を採用すると「ライトロード」を手札に溜め込むプレイングが要求されるので、
初手の段階で「ソラエク」を打ち込めないと厳しい立ち回りを要求される。

ただ、「光の援軍」は準備動作無く打ち込めるので強い。
が、「侍女」の効果が誘発するわけでもなければ、
墓地に「ラヴァル」を100%送れるわけでもないので、
デッキに4枚前後の空きがあるなら採用圏内といった所かな、と。
(援軍1枚、ライトロード2~4枚で大体3~5枚のスペースを食う)


・「バーナーとコカトル」

「墓地にラヴァル3種以上」で特殊召喚できるモンスターを採用した形。
「ドラグーン」のシンクロ召喚に成功するか、「炎車」の効果発動に成功すれば大体条件は満たせる。

しかし上記2種だけでは根本的な解決に至りにくく、場をひっくり返す事も出来ない。
また、「淑女」の効果を発動し尽くすと墓地のラヴァルが2種になってしまうなんて自体も
まぁ起こり得るので、従来の「淑女で場を掃除して特殊召喚を刻む」戦い方とは若干シナジーしない。
故に個人的には無いかなぁと感じています。

| モンスター考察 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。