PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

改めてパック評価

FOTBのパック評価。


ルビー・カーバンクル(6点)
・とりあえず特殊召喚に成功すれば場のリカバリーには成功する。その後どのように場をこじ開けるのかがポイントとなる。氾濫とシナジーしないのが残念。

アメジスト・キャット(2点)
・宝玉、獣なのでマンティコアなどとシナジーする形となる。コンボ性の高さ・宝玉獣である点・獣である点、この3つ。

エメラルド・タートル(4点)
・ステータスの高い宝玉獣。攻撃後守備表示になれたりする。

トパーズ・タイガー(5点)
・アメジストキャットと同じ理由。+2点である点は、ATK1600超えのアタッカーを倒せるその効果。サイドラは倒せないが、充分強い。また、ATKの高さからルビーカーバンクルからの連続特殊召喚先の選択肢の中に含まれる。

アンバー・マンモス(4点)
・ほぼトパーズタイガーと同じ理由。基本ATK値が1700なので1600代との相殺を避ける。

コバルト・イーグル(2点)
・デッキトップへのバウンス。なんとも微妙。

サファイア・ペガサス(9点)
・宝玉獣のエース。瞬時に宝玉獣を場に溜める事が可能で、呼び出す宝玉獣は除外以外の領域と、有効範囲も広い。基本ステータスも高く、ルビーカーバンクルなどの効果で特殊召喚するにも充分な数値。えらいカード。

ヴォルカニック・デビル(1点)
・出し難いし、出しても攻撃されない。リビングとのコンボも、制限絡みのコンボなので、なんとも言えない。

ヴォルカニック・バレット(7点)
・手札補給。転生&貪欲でのサイクルと、中々扱いやすい。墓地依存度が今後増しそうなので、需要が伸びるであろう転生との相性の高さは高評価。

ヴォルカニック・バックショット(?点)
・ブレイズキャノンの裁定次第。ブレイズキャノンで捨てる炎族モンスターは「コスト」扱いなのか、「効果」扱いなのかで、評価は変わる。前者ならソス。後者なら1500バーン+サンボルと、中々強力。

ヴォルカニック・リボルバー(1点)
・6種類しかないカードをデッキトップへサーチしても、仕方が無い。デビルのサーチしか役目無し。

キャプテンゴールド(2点)
・場に出す事に成功すれば、ATK3100まで対処可能となる。パンプ値は凄まじいが、生存条件が全てを台無しにしている。

墓守の司令塔(6点)
・墓守デッキは意外とネクロバレーの依存度が低い。あれば便利だが、無くても良い系。ただしサーチ効果持ちの墓守ネームという点は便利。偵察者では呼び出せないが、何気に下級墓守最大ATK値を誇る。

アトランティスの戦士(6点)
・アトランティスがあっても活躍するし、無くても活躍する。アトランティスを前提としたヘヴィデッキを扱うのなら、テラフォと違い終盤にドローしても事故に繋がらないこのカードの存在は嬉しい限り。

キラー・ザウルス(4点)
・意外と高いステータス。といっても、恐竜族はジュラシックワールドへの依存度がとてつもなく低い。・・・必要か?

ゼラティアス(2点)
・ストラク光のおかげで聖域の需要は伸びた。悪くは無いかと・・・。

ジェネラルデーモン(2点)
・デーモンは巣窟に対する依存度が高い。そのため、それらをサーチ可能でデーモンネームを持つこのカードは強力なサポートカードと化す。

ハーピィ・クィーン(6点)
・ハーピィ自体は狩場への依存度が低い。ただしATK1900と基本ステータスが高く、場&墓地では「ハーピィレディ」ネームを持つのでヒステリックパーティとのコンボで真価を発揮する。4体目のハーピィとなるので、ヒステリックパーティで5体のハーピィを展開する事が可能となった。その際、ハーピィの狩場があれば場の魔法罠も5枚まで破壊する事が可能。自分の魔罠を破壊しそうになった時は、狩場を破壊してその後の破壊を阻止しよう。

エンライズ(2点)
・墓地から大量のカードを除外して、相手モンスター1体除外。さらには蘇生不可。悲しいほど弱い・・・。

ノーレラス(9点)
・全リセ。除外するカードが縛られすぎなため、デッキ構築の幅を狭める形となるであろうカード。可能性を感じられないが・・・、効果自体は最強クラス。揃えば勝ち系ですねぇ。

インヴィシル(4点)
・ATK値の高いマジキャン。サイドラに殺されない数値は中々。ただし媒介の縛りが激しい・・・。

ゴエゴエ(6点)
・ザルーグ(ちなみにザルーグも6点)のほぼ相互互換。増援でサーチ可能な2枚ハンデス。通れば莫大なアドバンテージを稼ぎ出せます。1回ぽっきしってイメージの強いカードですが、ザルーグが何度も殴れる状況は相当限られているので、スタンに混ぜるのならこちらのほうが強いと思います。(ただし1枚積み推奨。増援でのサーチ主体で)

メイコウ(3点)
・数値の高いハンニバル。優先権の使えるハンニバル。ただし自壊する。

ライザー(9点)
・帝系のエース。生物・魔罠すべてを対象にでき、破壊ではなくデッキトップへのバウンス。デッキトップへのバウンスは一時的な除去にしかなりませんが、相手の次ドローを封じ込める事が出来る優秀な除去です。特に攻撃的な帝デッキ相手に1ターンのドロー拘束は痛いわけですよ。ゴーズが制限入りすれば、間違いなく活躍するカードでしょう。

プレートクラッシャー(2点)
・永続魔罠を墓地に送ってまで500ダメージを与えたいのかと。しかも使用回数制限あり。ダメダメです。

龍脈(4点)
・宝玉獣に混ぜろと?パンプ値が高い点は好き。

マグナスラッシュ(2点)
・これ扱うぐらいならメビウスかなぁ、と。あと、チェーンで回避される可能性がありますね。イラストは最高。

グラビスラッシュ(3点)
・回避されないのでプラス1点。

ファイヤーソウル(3点)
・ダメージ量は高いものの、下準備と相手へ与えるアドバンテージが厳しい。ヴォルカニックデビル除外で最大1500ダメージ。

宝玉の導き(7点)
・宝玉デッキのキーマン。増援感覚でペガサスをサーチしたり、フィニッシュ感覚でカーバンクルをサーチしたり。とりあえずペガサスサーチで頭数揃えて氾濫でしょ。

レア・バリュー(6点)
・条件はありますけど、2ドローは強いと思いますよ。氾濫のおかげで墓地に送る事にも意味が出来た事ですし。

宝玉の恵み(4点)
・ルビーカーバンクル特殊召喚前に発動しておきたい。正直、導きからのペガサス召喚で事足りるんじゃないかなぁ。

宝玉の氾濫(8点)
・フィニッシュカード。ブラックホールと大嵐と次元融合が合体したようなカード。ペガサスを筆頭に特殊召喚。ルビーを選ぶか氾濫を選ぶかはプレイヤー次第。個人的には氾濫でしょう。リセットは有無を言わさず強力。

宝玉の契約(2点)
・別手段でルビーを特殊召喚したほうが手っ取り早い。ペガサスの再利用としては中々優秀。

鉄斧(2点)
・装備対象を問わない点は偉い。除去には弱いが、魔法罠除去には強い。

トルネード(1点)
・ここまでくると哀れでしか無い。砂塵使います・・・。

クレイジーファイヤー(3点)
・破壊した後、トークン生成までは強力。ただし攻撃不可ってのが痛すぎます。生成したのなら殴りたいわけじゃないですか。常識的に考えて。

ブレイズキャノン(5点)
・ヴォルカニックバレットとのコンボ専用と割り切れば強力だと思います。3体除去ですし、転生貪欲でデッキに戻せば再度除去可能ですし・・。

トライデント(1点)
・キャノンで充分。デビル特殊召喚専用。普通に扱う分にはいらんでしょ・・・。

フィールドバリア(2点)
・今までの裁定通りだと、大嵐を発動された場合まとめて一掃されます。それで全てが台無し。

細胞増殖装置(3点)
・エーリアン界の救世主。Aカウンターを安定して供給する事が可能となります。とりあえず洗脳光線は発動しやすくなったのではないかと。

Aゾーン(1点)
・パンプ値が微妙。ダイレクトアタックには影響しない。中途半端ですよ。

レインボー・ルイン(6点)
・魔法罠ゾーンに存在する宝玉獣を墓地に送っても魔罠の打ち消しは不可能。これで大分評価は下がったのではないかと思います。4枚以上から真価を発揮しますが、氾濫を使いたくなるのが人の性ではないのでしょうか。

誘発召喚(1点)
・ダメステ発動不可(ゴーズに対して不可)。天魔の特殊召喚に合わせて発動してもイマイチ。つまりキーマンに対して無力である。

ラストリゾート(0点)
・普通にテラフォを使うのでは?レインボールインは裏をかくようなカードではなく、コントロール向けのカード。

宝玉の祈り(3点)
・サンダーブレイク!!

ヴォルカニックチャージ(0点)
・戻したいモンスターはバレットのみ。戻す枚数は2枚がベスト。なら、転生の予言でいいでしょって話になる。

魔の取引(4点)
・大分バランス調整のされたハンデス。相手ターン中に行えるハンデスはこのぐらいのバランスでOK。

中央突破(1点)
・ダイレクト系は使わないでしょ・・・。それなら地砕き使うでしょ・・・。

背水の陣(6点)
・同名カード同士は無理だが、場にカードを一気に展開する事ができる。また、発動コストが「100になるまで支払う」なのえ、ライフが101になろうが発動できてしまったりもする。

義賊の入門書(3点)
・さすがに弱いけど、こんぐらいでOK。

極意書(4点)
・上手く扱えば双子悪魔。可能性は感じられる。バニラ=サポートの威力は禁止級って感じになってきましたね。

シャイニングフォース(0点)
・つり天井でOK。

押し売りゾンビ(1点)
・魔罠のバウンス。コントロール系の永続魔や罠などを戻せると効果的。

押し売りゾンビ(3点)
・次元の裂け目に似た感じ。墓地依存型の息の根を潰す効果は地味に強い。ただし問題は戻せる量。圧倒的に少ない。「2枚を戻す」なら、選ばれるカードだった。

集団催眠(?点)
・破壊された場合、コントロールは元に戻るの?常識的に考えれば戻るのだろうけど、「このカードが表側表示で存在する限り」の表記が無いので、かなり気になる所。

ジェムフラッシュ(0点)
・永続魔罠でスペース食っちゃあかんでしょ。宝玉獣自体が魔罠のスペースを食うので、重複発動すらし難い不遇なカード。

ファイヤーウォール(4点)
・バレット墓地に送って攻撃無効化って、かなり美しい流れじゃありません?好きです。

| パック考察 | 05:56 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/138-ed6d86df

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。