PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロック

制限改正毎にupしてる気がする。とりあえずロックデッキ。



デッキ名:ロック


<下級モンスター 15枚>
《デス・ラクーダ》×3枚
《スカラベの大群》×3枚
《不幸を告げる黒猫》×3枚
《イナゴの軍勢》×2枚
《闇の仮面》×2枚
《N・エア・ハミングバード》
《クリッター》
<魔法カード 4枚>
《異次元の境界線》×3枚
《レベル制限B地区》
<罠カード 21枚>
《神の宣告》×3枚
《マジック・ジャマー》×3枚
《盗賊の七つ道具》×3枚
《生贄封じの仮面》×3枚
《サンダー・ブレイク》×2枚
《転生の予言》×2枚
《光の護封壁》×2枚
《激流葬》
《リビングデッドの呼び声》
《グラヴィティ・バインド-超重力の網-》



【 狙い 】

《光の護封壁》で攻撃を封じた後、サイクルリバースで場を荒らす。完全に攻撃が通る状況になったらサイクルリバースモンスター達で攻撃を仕掛け勝利する。攻撃で勝利する事が難しいと判断した場合は《転生の予言》で《転生の予言》を戻し続ける事で相手のデッキ切れを狙う事もできる。


また、魔法・罠カードを破壊する効果を持つ下級モンスターのデッキ投入率が全体的に落ちているので《天罰》ではなく《生贄封じの仮面》を採用。
《風帝ライザー》《氷帝メビウス》《人造人間-サイコ・ショッカー》《魔のデッキ破壊ウィルス》《闇のデッキ破壊ウイルス》《突然変異》などなど、マストカウンターの対象となる数多くのカードを封じ込める事ができる。
特に《人造人間-サイコ・ショッカー》の生贄召喚は今まで《神の宣告》などでしか止める事が出来なかった行為なので、それを未然に防げてしまうのは非常に心強い。


相手は2戦目以降《王宮のお触れ》による罠封じを狙ってくるので、それを想定して《ツイスター》と投入してしまうのも手法としてはアリ。
ただし《異次元の境界線》によるロックが不可能になってしまうのが非常に痛い。

《異次元の境界線》を生かしたいのであれば《結界術師 メイコウ》を採用しても良い。
《結界術師 メイコウ》ならば《E・HERO ワイルドマン》を殴り倒す事も可能だし、優先権も行使できる。オマケ感覚だが《スキルドレイン》を割る事も可能。ただし《生贄封じの仮面》と併用する事はできない。

《ハンニバル・ネクロマンサー》か《トラップ・マスター》も中々の優良カード。攻撃された場合ダメステで発動可能なトラマスは意外と悪く無い。



《成金ゴブリン》の規制が解除されたので2戦目以降は《自爆スイッチ》を狙っても良い。


【 細かい狙い 】

・《豊穣のアルテミス》不採用の理由
サイクルリバースと通常リバースモンスターが主体のデッキなので、場のモンスターは裏側表示、または使い切ったモンスターである事が多い。そのため相手の手札には使用しきれない《強奪》など表側除去カードが溜まりやすくなり、結果として《豊穣のアルテミス》はそれら除去カードの餌食となる。

カウンター罠で破壊から守るという手も考えられるが、カウンター罠は永続魔法・罠を守るため採用しているので、《豊穣のアルテミス》を守るだけの余力は無い。それならば安全圏と呼べる裏側守備表示でモンスターを固めたほうが得策と言える。

特に《洗脳-ブレイン・コントロール-》などでコントロールを奪われた後に魔・罠除去を連発されると非常に厳しい事(大嵐を打ち消しても相手に1ドローされるから)になるので、奪われて利用される可能性のあるモンスターは極力減らしたい。同じ事が《オオアリクイクイアリ》にも言える。

また、任意効果ではなく強制効果なのでデッキ枚数をコントロールしたい終盤以降、とにかく邪魔で仕方が無い。個人的に理想の場は「イナゴ、スカラベ、ラクダ、エアハミ、1空き(闇仮面や黒猫が場に残る)」なので、居座り続ける事でそれを邪魔してしまうってのにも問題がある。

そもそもパーマネント数に影響を与えるコントロールカードが奪われてしまう可能性自体かなり危険。


・黒猫の理由
一言で言うと《光の護封壁》を早急に発動したいがため。《レベル制限B地区》《グラヴィティ・バインド-超重力の網-》だと《閃光の追放者》などの攻撃が通ってしまうため、DEFボーダー1700のロックバーンでもない限りほとんど意味を為さない。サイクルリバースを扱うのならば攻撃そのものをシャットダウンする《光の護封壁》や《異次元の境界線》で身を守りたい。


・エアハミの理由
ライフが減っても《盗賊の七つ道具》を発動できるという可能性が欲しいがため採用。また、複数回発動する事に成功すればライフアドバンテージを爆発的に得る事が出来るので、たとえ1回ロックが破られたとしてもライフ0にはならない。必要ならば後1枚採用しても良い。アウト候補は《激流葬》




【 調整点 】


・自身の魔・罠を割る手段が乏しいので《オオアリクイクイアリ》の採用もアリ。ただし表側表示で場に立ち続けるので、かなり破壊されやすい。更には《強奪》で奪われてしまう可能性を考慮すると・・・泣ける。マストカウンター対象が増えてしまうのであまりオススメはできない。

・エアハミの追加。複数回発動に成功するとライフに余裕が出来るので、たとえロックを破られたとしてもライフ0にはならない。結果として、大胆なプレイングが可能となる。追加してもよい。





(2007/5/13更新)

ステルスバード
ステルスバード
ステルスバード
クリッター
闇の仮面
闇の仮面
N・エア・ハミングバード
D.D.クロウ
D.D.クロウ
デス・ラクーダ
デス・ラクーダ
デス・ラクーダ
不幸を告げる黒猫
不幸を告げる黒猫
不幸を告げる黒猫
レベル制限B地区
異次元の境界線
異次元の境界線
異次元の境界線
グラヴィティ・バインド-超重力の網-
サンダー・ブレイク
サンダー・ブレイク
マジック・ジャマー
マジック・ジャマー
マジック・ジャマー
リビングデッドの呼び声
激流葬
光の護封壁
光の護封壁
神の宣告
神の宣告
神の宣告
生贄封じの仮面
生贄封じの仮面
生贄封じの仮面
天罰
天罰
天罰
盗賊の七つ道具
盗賊の七つ道具



「大きな否定(護封壁と生贄封じ)と小さな否定(カウンター罠)が守りの基盤で、最小(ステバ)による勝利。」

この考え方がロックの基本形だと思います。

| デッキレシピ | 14:46 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/164-b44dcc88

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。