PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

デッキの相性

デッキの相性に関する考察記事。



全部主観です。


・ビートダウン系

ガジェは全体的にメタられつつも対応力・柔軟性がある
スキドレバブーンは(次元以外の主流に対して)全メタ志向
DCは事故りやすいが(次元以外の主流に対して)全メタ志向
次元は事故りやすいがロック、バーン以外に対して全メタ志向

・1kill系

キメラはビートダウン系に強い

・バーン

ロック・バーンはビートダウン系に強い




『ビートダウンを使わなきゃいけない』という先入観さえ無ければ
キメラとバーンが大会上位を独占するんじゃないのかな。そんなお話。


遊戯王フロンティアさんの大会上位にカオス系がよく食い込むわけなんですけど、集計を見る限りカオス系が上位に食い込むのはカオス系使用者が毎回全体の50%近くを占めているからなんじゃないのかなとか思ったりする。

ビートダウン同士の力の差は殆ど無いわけなんだから、使用者が多けりゃその分だけカオス系の優勝する確立も増える、と。

んで、それらビートダウンというジャンルそのものを食えてしまうのがキメラとバーン。キメラはビートダウンの攻撃表示を否定してしまう。バーンはお触れが軽視されつつある環境ならそれだけで持ち味を発揮する。ビートダウンの基本的な動きを封じてしまうわけですから、強いわけです。




まぁ、だからと言ってキメラとバーンが最強と聞かれりゃあそうとは言えない。キメラ、バーンともにサイド後が大きな問題なわけですよ。キメラは禁止令でクリボー指定なんて手がありますけど、バーンはイマイチ決め手に欠けますね。
その反面、ビートダウンは総じてサイドが扱いやすいわけです。このいじりやすいってのがビートダウン最大の利点なんじゃないのかなと最近思います。
その中でも特に柔軟性に優れているのがガジェット。様々なメタカードを組み込みやすいあの形はビートダウンとしては最高峰な気がします。




あー、ちなみにキメラが大会上位に食い込むんじゃないのかなってのは、ガジェというビートダウンギミックを持っており8000オーバーのパンチ力を持っておりメタカードに対する打開策である禁止令もあり伏せを弾き飛ばすハリケーンが存在するから。
バーンに比べるとキメラには柔軟性があります。だから大会出場者の50%前後がキメラを扱えば確率的にキメラが大会上位に食い込むんじゃないのかなって事です。

| 環境考察 | 01:08 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/21-6a535e2c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。