PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

アルテミスとデス・ラクーダの違い

《豊穣のアルテミス》と《デス・ラクーダ》の違いについて。


【 豊穣のアルテミスの利点 】

・高ステータス
・1ターンに複数回発動
・天使族
・光属性

+++解説+++

このステータスは重力、B地区発動中に活躍。クリッターに倒されません。
ついでにワイルドマンを殴り倒せます。

次に1ターンに複数回発動可能な点。
宣告者や封魔がデッキに入っているとこの効果を有効活用出来ます。

天使族。主に宣告者とシナジー。

光属性。カオソに繋がる。


【 デス・ラクーダの利点 】

・毎ターンドロー可能
・ATK1500以下
・裏側表示になる
・アンデット族

毎ターンドロー可能は安定した供給を約束します。

ATK1500以下。つまり死デッキに引っかからない。

裏側表示になる=強奪されたりカオソで除外されたりしない。

アンデット族。つまりピラタから呼び出せるという事。





【 テミスがラクダより優れている点 】

・ステータス
・天使族
・相手ターン中もドロー可能

ステータスの恩恵はデカい。この数値に助けられる事は何度もあるはずです。

天使族。つまり宣告者用です。

相手ターン中もドロー可能。つまり天罰などの乱用が容易く行えるようになります。


【 ラクダがテミスより優れている点 】

・ドロー性能
・裏側表示

ドローの性能はラクダが勝っています。
安定した供給が可能ですし、ドローするかしないかも選べるので。

裏側表示は意外と弱点が少なく、大きな利点となります。
強奪やカオソの心配が消えてなくなる辺り優秀な状態です。


【 二段構えにした場合のメリット 】

・カウンター乱打後の立ち直りが早い
・宣告者や封魔など、優秀なカードが扱いやすくなる


テミスでハンドコストかき消し。ラクダで確実にリカバー。
どう転んでも手札が増えます。立ち直りの早さは一級品。

デッキを掘りまくれるので強力なカードが扱いやすくなります。



使い続けて感じたメリットの違いはこんな所。
両者ともに違ったメリットが存在します。良いカード達です。

| モンスター考察 | 01:47 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/22-04895522

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。