PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

剣闘獣あれこれ

毎年季節の変わり目に胃が痛みます。
原因は決まって胃潰瘍。
2年前に治したはずなのに毎年痛みます。
古傷なんでしょうか。
出来やすい体質なんでしょうか。



剣闘獣の勝率がダウン。
勝ち試合はセクトル(ヘラクレイノス)が通った試合で、
負け試合はセクトル(ヘラクレイノス)が通らなかった試合。
つまずき主体は崩されやすく、立て直し難かったです。


主観ですが、セクトル除く下級剣闘獣の強さに順位付けるとしたらこんな感じですかね↓

ホプロムス>ラクエル>ムルミロ=ベストロウリィ>ディカエリィ


ベストロウリィは攻撃・召喚に対し発動する罠両方に
発動を許してしまうので割れるカードが少なく、何だかイマイチ。

ムルミロはステータスが低すぎてこれなんて劣化スカラベ?
収縮で守れるステータスだったらすごく良かったんだけどねぇ。
後、ムルミロからムルミロを引っ張り出せないってのが一番辛かったり。


剣闘獣の理想的な流れってホプロムスや和睦からムルミロに繋げ、
そのムルミロで直接攻撃を叩き込むパターンだと思うんですよ。

ですから、ムルミロへの攻撃に対して和睦を発動したとしても
ムルミロからはムルミロに繋げられないのでどうしても1手遅れる。
和睦を発動せずに攻撃を通せばデッキ内に存在する
ムルミロの絶対数が1減るので今後の展開に支障が生まれる。

このどうしようもない感じが泣けてくるわけでして・・・。

| パック考察 | 01:11 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/230-7e46c109

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。