PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

除去剣闘獣

ダリウス出たんで剣闘獣。

前回:つまずき剣闘獣


デッキ名:除去ラクダ(皮肉込み)

モンスター(15枚)
魔導戦士 ブレイカー
魂を削る死霊
剣闘獣ラクエル×3枚
剣闘獣ムルミロ
剣闘獣ベストロウリィ
剣闘獣ダリウス×3枚
剣闘獣セクトル
デス・ラクーダ×3枚
N・グラン・モール

魔法(6枚)
地砕き
収縮×3枚
月の書
サイクロン

罠(19枚)
炸裂装甲(リアクティブアーマー)×3枚
万能地雷グレイモヤ×3枚
天罰×3枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告×3枚
畳返し×3枚
次元幽閉×3枚

融合デッキ
キメラテック・フォートレス・ドラゴン×3枚
剣闘獣ゲオルディアス×3枚
剣闘獣ヘラクレイノス×3枚




ヘラクレイノス(以下レイノス)が好きなので再び組んでみましたin剣闘獣


【 よく分かんないであろうカードの説明 】

ラクダ・・・相手より手札枚数が多くなければレイノスの効果を活かしきれないので手札枚数を増やせるカードが欲しかった。テミスかラクダかで迷ったものの、テミスを入れるためにカウンター罠の枚数を増やすよりかは、ラクダを守るために除去罠を入れるほうが事故りにくいと感じたため、脆いがドロー性能に優れたラクダを選択。その結果、勝ち試合は大体ラクダゲーという何デッキなのかさっぱり分からない状態に。

収縮・・・ショッカー怖い+除去欲しい。理由はその2つ。シナジーを感じさせないカード。なぜならこのデッキ、ムルミロ・セクトル・ラクダと、収縮の守備範囲外モンスターが非常に多いから。

畳返し・・・レイノス後のハメゲー促進カードその1。
天罰・・・レイノス後のハメゲー促進カードその2。


【 なんで入ってないのか分からないであろうカードの説明 】

休息する剣闘獣・・・休息は前にも書いたように、発動条件がある上に戻したカードをドローする可能性があるので、手札事故を誘発し手札事故をあまり回避しきれないこのカードは個人的に必要無い部類のカード。3枚ドローするという事は、戻したカードを引く確率がかなり高いし、また、休息する剣闘獣を戻して休息する剣闘獣を発動しているプレイヤーをよく見掛けるが、それは休息する剣闘獣を発動する事が出来ず手札に溜まっていたからこそ起こりうる現象なのである。

マニカ・・・「レイノス後の事を考えると、魔法・罠無効化カードにスペースを割きたくない」「魔法・罠を無効化できなければマニカは扱い難い」「ラクダを絶対に守れない」よって外した。

我が身・・・無効化できるカードが減ったため。

賄賂・・・レイノス後は紙であり、相手に1ドローを与える事によって相手と自分の手札の間に差が生じる。すると、レイノスを展開してもその手札差によってレイノスを除去られてしまう可能性が生じてしまう。(こちらの手札が1枚で相手の手札に地砕きと地割れが存在した場合、レイノスはまず除去される)




ちなみにCGIやDSだと処理順番が固定(例えば右側に存在するモンスター効果から順に処理するなら)なので戻した剣闘獣を別剣闘獣で出すという行為がかなりし難い。よって、CGIやDSで剣闘獣を回す場合、処理できる事が処理できなかったりする。



ヘラクレイノスを狙わないのなら、剣闘獣モンスターの枚数は4~6程度に抑えるべき。4~6枚という少ない枚数で、その全てから蘇生・モンスター/魔法・罠の破壊・ATK2100へと繋げる事が出来る。つまり最小の枚数で剣闘獣の動きが可能。これがヘラクレイノスを狙わない構成(剣闘獣の枚数を抑えられる)での強みだと僕は思っています。4~6枚だと剣闘獣デッキとは言い難いけど、デッキにタッチする分にはかなり優秀な部類。スペース空けば色々できますしね。除去増やすとか、メタに割くとか、リクル入れるとか。

| デッキレシピ | 04:53 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/277-636fcdad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。