PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

エアーマン×ガジェット

久々に更新。エアーマン×ガジェットについて。


エアーマン、ガジェ、この二つに共有する事は召喚=アドバンテージに繋がる点。

それをサポートするのが血の代償。1ターンに複数回の召喚権を得る事が可能になる。


ガジェ召喚召喚召喚→エアーマン召喚で1スペース空けたまま殴り。
通れば1200+1300+1400+1800=5700。1体防がれても最低でも3700通る。

ちなみに1スペース空ける理由としては、
エアーマン→エアーマンの連続召喚による伏せ破壊がメイン。
1スペース空けておけばある程度柔軟な動きは可能となってくる。
つまり次に繋がる形となる。

この召喚→召喚→召喚+伏せ破壊の流れはまさにメビウス。
代償との2枚コンボでパーマネント+2・相手-2の最大+4の差が生まれる。すごぶるラッシュが仕掛けやすい。


代償+エアーマンの流れはガチで強いと感じる。問題はその後の展開。
その流れにガジェを仕込んでも場を制圧するぐらいしか役に立たない。

ちなみにデスカリバーは便利だと感じた。
代償+デスカリが攻撃の流れを作り出す。
パーマネント増加+伏せ除去+デスカリによる効果無効。
激流・死霊以外なら大抵1800×3の5400パンチが通るわけで、
手札に単体除去が控えていればネクストターンでの勝利も楽。



まぁ、要するに代償ガジェなわけなんですけど、
無理にメビウス積めなくて良い分楽だと感じちゃうわけなんですよ。



エアーマン+デスカリ+代償+地割れ系の単一除去辺りが今のところマッチしていると感じた組み合わせ。

あとは必要なカード、不必要なカードを見極めつつシナジーするであろうカードでも探しましょうかね。

| デッキ考察 | 18:53 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/28-fc5cee7d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。