PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワールドによるTOD

何かと噂のTOD。自分も組んでみました。


モンスター(15枚)
不幸を告げる黒猫×3枚
黄金の(ゴールデン)天道虫(レディバグ)
デス・ラクーダ×3枚
スカラベの大群×2枚
サクリファイス・ロータス
コカローチ・ナイト
クリッター
イナゴの軍勢×2枚
アルカナフォースⅩⅩⅠ-THE WORLD

魔法(11枚)
魔法石の採掘
封印の黄金櫃
成金ゴブリン×3枚
光の護封剣
光の結界
悪夢の鉄檻×3枚
ハリケーン

罠(14枚)
魔宮の賄賂×3枚
封魔の呪印×2枚
天罰×3枚
神の宣告×3枚
マジック・ジャマー
光の護封壁
王宮の弾圧


【 狙い 】

「ワールド」「ハリケーン」「光の結界」「ロータス」「コカローチ」が揃うまでロック。それらが揃ったらまず光の結界」を発動し、「ワールド」を生贄召喚で場に出す。そして「光の結界」の効果で正位置のターンスキップ効果を選択。それが成功したらハリケーンで場を流し、エンド処理で「ロータス」を切るかすでに切られている「ロータス」を場に出しターンスキップによるワールドロックが完成。相手の手札にクロウが無かったらTODによりマッチキルも確定。後はじりじり殴るなりしてライフ差を縮めましょう。


ちなみに「ワールド」のエンド時誘発効果は「ロータス」と「コカローチ」の2枚で行う。



1:「ワールド」を召喚
2:エンド時誘発効果でロータス特殊召喚。
その後「ワールド」の効果で他1+ロータスを墓地送り。
この際、エンド処理で「コカローチ」を切っても良い。
4:次のターンから毎ターン「コカローチ」を通常召喚。
  デッキトップに戻るのでデッキ切れも防止できる。


【 各カードの狙い 】

黄金の天道虫=「神の宣告」と「王宮の弾圧」の併用が楽になる。場を圧迫しない点が高評価。コストとして優れた「マリー」でも良い。こちらを選んだ理由は出来る限り新パックのカードで構成したかったってな想いもある。

ロータス=エンド処理で捨てた場合でもワールドの媒介として即使用する事が可能で、尚且つ死デッキのエサにもなる。よって黄泉ガエルではなくこちらを選択。

コカローチ=デッキ切れを防止しながらワールドの媒介としても機能する。名犬マロンではデッキに戻った後シャッフルを行わなければならないので確実性に欠ける。よって、こちらを選択。

魔法・罠構成=封魔の呪印を使いたい時の構成。怖い高等儀式が制限に落ちたので無理に封魔を積まず境界線でも良い。こういう形もあるというだけ。大寒波メタ。

悪夢の鉄檻=自動的に自壊するのがポイント。場を埋める心配が無いのでサンダーブレイクで破壊する必要も無い。ボコボコ攻撃は通るものの、平和の使者でも良い。


【調整点】

・クロウ対策の投入


【TODに発展できる理屈】

TODを組む上で最も大事にされている事が
この「TODに発展できる理屈」であると
TOD関連のデッキを見ていていつも思う。

コナミの提示するルールにおいてTODは
可能なのだから、倫理的にどうかは問題ではない。
倫理の定義は人それぞれであり必ず個人差がある。

むしろお互いにターンを1秒で経過してもTODに
発展できる理屈が大事。法律と同じだNE!

例えばお互いのデッキ切れを防止する手段が
無い状況下で故意に時間をかけTODを狙ったとする。

[不必要に長い時間をかけたプレイ]
1 :故意ではなく、不必要に長い時間をかけたプレイをした
罰則:注意
(この違反により、マッチの結果に影響があった場合、
ジャッジの判断により罰則を追加することかできる。)

2 :故意に、不必要に長い時間をかけたプレイをした
罰則:マッチの敗北
http://yugioh-wiki.net/index.php?cmd=read&page=%C2%E7%B2%F1%C8%B3%C2%A7%B5%AC%C4%EA&word=%C8%B3%C2%A7

故意に時間をかける行為はマッチの結果に影響を及ぼす。
だから故意に時間をかけなくてもTODできる理屈が大事。
普通お互いに1ターンを1秒で終わらせた場合、
ライブラリーアウトを起こしデッキ切れ=デュエル勝利となる。
その可能性が存在する中でデュエルを続けるとなると、
それはマッチの結果に影響を与える行為に分類されるので、
不必要に長い時間をかけたプレイに該当し、罰則を得る。
当然この理屈は相手にも適応されるから相手が故意に
時間をかけライフ差による逆マッチ勝利を狙ってきた場合、
それはマッチの結果に影響を及ぼす行為であるとして
逆にこちら側が相手に対して不服申し立てを行えるはず。

見方を変えればデッキ切れ防止からのマッチキル戦術も
マッチの勝敗に影響を及ぼす行為に該当するんだけどね。

「時間をかける」の解釈によるかなぁ。
3分ルールがそれに該当するのか、
40分ルールがそれに該当するのか。
前者ならTODは正当性を得られると思うけど、
後者ならTODに正当性は得られないんじゃないかな。

まぁ、前者を意識して組まれてますよねって話です。

| デッキレシピ | 16:48 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/300-d5b7cd6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。