PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジェネクスライダー

懐かしのライダーデッキ



デッキ名:ジェネクスライダー

<上級モンスター 7枚>
光と闇の竜×3枚
邪帝ガイウス×3枚
冥府の使者ゴーズ

<下級モンスター 17枚>
ジェネクス・コントローラー×3枚
ジェネクス・ウンディーネ×3枚
墓守の偵察者×2枚
サイコ・コマンダー×2枚
クレボンス×2枚
D.D.クロウ×2枚
魔導戦士 ブレイカー
クリッター
黄泉ガエル

<魔法カード 12枚>
緊急テレポート×3枚
月の書×2枚
精神操作×2枚
貪欲な壺
サイクロン
大嵐
洗脳-ブレインコントロール
死者蘇生

<罠カード 4枚>
サンダー・ブレイク×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
激流葬


【 狙い 】

ライダーを出しビートダウン。ウンディーネと緊急テレポでシンクロ。


<各カードの狙い>

ライダー様

オネストとライロの減少で若干活躍の場を取り戻しつつある過去の英雄。
相手は主にバトルフェイズを一度経由した上での戦闘破壊を狙ってくるので、
出せばとりあえず1killに対する抑止効果は得られる。出せる状況なら迷わず出す。
また、蘇生効果でシンクロ素材か媒介を出せば次のターンにシンクロ召喚が狙える。
ブラックローズが墓地に存在する場合は、それを蘇生して全リセを狙っても良い。
大体はウンディーネ蘇生→ジェネクス召喚→シンクロ召喚の流れが多い。


黄泉ガエル様

シンクロのレベル調整から上級モンスターの媒介と大忙しなカエル様。
剣闘獣と対峙すると、途端に墓地に引きこもってしまう内気な面も併せ持つ。
「黄泉に殴ってエクイテ出して戦車回収しますね^^」


ウンディーネ様

維持できれば黄泉+ウンディーネでライダーに繋げる事ができる。
また、ウンディーネ召喚→緊テレ→シンクロ召喚という流れも比較的多発する。
初手にあると身震いするほど幸せになれるカード。地盤を支えるキーマン。


ジェネコンたん

ウンディーネの効果でサーチできればそのままアドに直結するアド製造機。
バニラという特性を活かし、ライダーと一緒に殴りにかかる様がかわいい萌えキャラ。


偵察者君

リバースに成功しただけでライダーの媒介を一通り揃えてしまう凄い奴。
必要なスペックは2枚引いても泣かない精神力。ディアボリほど絶望的にはならない。


サンダーブレイ君

入れるとハンドコストに泣いて、抜くとメタカードに泣く。
そんな負のスパイラルを作り出す諸悪の根源。黄泉とジェネコンがよく切られる。



【 調整 】

ライダー・ダムド・ガイウス無し
炎帝・水帝・バレット・ドラゴンアイス・氷炎竜・やりくり・ロケットin型

原案。元々は新生フロフレデッキのはずだったのだが、詰め込み過ぎた。
RYO様曰く「何がしたいのか分からないデッキ」 よってお蔵入り。


ライダー、ダムド・ガイウス無し、風帝・トラゴ・サイドラ・ドラゴンアイスin型

黄泉がほぼシンクロのレベル合わせ用モンスターと化した。
1killと寒波に対する耐性は高いが、黄泉が勿体なかったので却下。


ガイウス・サイドラ・貪欲無し、ダムド・風帝ライザー・トラゴin型

同上。黄泉が勿体なかったので却下。


風帝・トラゴ・サイドラ・貪欲無し、寒波1・ダムド・ガイウス・偵察in型

ガイウス+黄泉を媒介にライダーを出す場面が増えた。
黄泉もそれなりに活かせるようになったので、形としては悪くないのだが、
墓地調整手段が一切ないため、死デッキなどで墓地の闇が4体以上になると
ダムドが死に札となるケースが多発。また、上級事故も増えに増えた。
ダムドで勝った試合も多々あるので何とも言えんのだが・・・。
ちなみにここまで偵察者抜きでやってました。


風帝・トラゴ・サイドラ・寒波・ダムド無し、ガイウス・貪欲in型

事故率軽減安定型。ただし爆発力はお察し。


【 抜いたカードの理由 】

ドラゴンアイス

ウンディーネで墓地に落して有効活用できるモンスター。
しかし、これを墓地に送っても出す機会が一切なかった。
シンクロに合わせようにも、大体ゴヨウ出されて封殺される。
壁として運用するのならそれなりの効果を得れるかもしらんが、
そうなるとハンドコストが気になってしまうので、抜き。
20回ほど回してドラゴンアイスを特殊召喚した試合は0。
生贄召喚で出した試合は2回ほどかな。何かと微妙でした。


風帝ライザー

対モンスター性能は折り紙つきだが、永続罠に弱かった。
裂け目などをバウンスしても次のターンには再展開される。
このデッキは現役主流デッキのメタと一致している感があるので、
採用率の高い永続罠1枚(例えば弾圧など)で積む場合が多々ある。
よって、バウンスよりも除外が有利と見て、ガイウスにシフト。


サイドラ

シンクロ素材としても優秀なアタッカー。
ただし劣勢時にはどうしようも無いのもまた事実。
フォートレスが絡まない限りアドに直結し難い。
打点の関係上19サイズを主体としたメタビートには強いが、
メタビートは弾圧を採用しているケースが多いので
とりあえず引いて何とかなるカードではない。よって抜き。


トラゴ

ウンディーネを経由した超過ダメージでよく場に出ていたが、
レベル4がデッキ内に殆ど存在しなかったので奪取効果が一切使えず、
単なるサイズのデカいモンスターと化していた。よって抜き。


ダムド

墓地調整手段の乏しさと前半の紙っぷりが結構響いた。
終末の騎士がないので墓地加速が行えるわけでもなく、
だからといって毎ターンしこしこと1枚ずつ墓地に闇を送っても、
登場には最速で3ターンは必要。速さが足りない。よって抜き。


寒波

ダムド・裁き・アンデ・ガイザがあるなら採用圏内。無いなら県外。
寒波の動きはライダーがこなしてくれるし、ライダーと合わせても
ライダー自体1~2ターンで決めるようなカードではないので
ライダー展開中に寒波の効果は多々切れる。よって抜き。


炎帝・氷炎竜・バレット・氷帝・やりくり・ロケット

バレット・ロケットとトラゴの相性は良かった。
炎帝は強さが実感し難いけど、相変わらずアドに直結するカード。
氷帝はメタビと当たると無類の強さだが、他に無力な感じ。
やりくりはバレットとのコンボ。やりくりでバレット戻してバレットサーチ。
氷炎竜は萌えキャラ。効果で破壊→シンクロしてスターダストの流れはやや強い。

| デッキレシピ | 05:27 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/316-9e29a161

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。