PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

事務局にルール問い合わせ

OCG事務局にルール問い合わせ

問い合わせたカード

「光と闇の竜」
「スターダスト・ドラゴン」
「歯車街」

「御前試合」
「DNA移植手術」

「群雄割拠」

「ステルス・バード」



Q1.
永続魔法の発動にチェーンして「光と闇の竜」の誘発即時効果が
発動。その誘発即時効果にチェーンして「スターダスト・ドラゴン」の
効果を発動できるのか。(「光と闇の竜」の効果で永続魔法・罠を
無効にした場合、その永続魔法・罠は効果が無効化され破壊されるが、
「光と闇の竜」の誘発即時効果のテキスト自体は「無効にする」
だけなので、「破壊する効果」ではない)
A1.
「光と闇の竜」の発動を無効にする効果は、フィールド上の
カードを破壊する効果ではない為、チェーンをして「スターダスト・
ドラゴン」の効果を発動する事はできません。


Q2.
「光と闇の竜」の誘発即時効果で「歯車街」を無効にした場合、
「歯車街」の「破壊された時、アンティークギアを特殊召喚する効果」は
適応されるのか。(Q1と同じ理由。破壊ではないのか、破壊なのか)
A2.
「光と闇の竜」の効果によって、「歯車街」の発動を無効にする場合、
「歯車街」は墓地に送られますが、破壊される扱いではない為、
「アンティーク・ギア」と名のつくモンスターを特殊召喚する事が
できません。


Q3.
「DNA移植手術」を発動。その「DNA移植手術」の
発動にチェーンして「リビングデッドの呼び声」を発動し、
「混沌球体」を指定。その「リビングデッドの呼び声」の発動に
チェーンして「御前試合」を発動した場合、どうなるのか。
Q1と同じ理由で、効果処理中「混沌球体」は「闇」「光」2つの
属性を持つモンスターとして適応されるが、チェーン処理が
終わった時には「DNA移植手術」の効果が適応されるので、
最終的に「混沌球体」は「DNA移植手術」の効果で宣言された
属性となる。「御前試合」は割り込んで適応されるのかどうか。
A3.
調整中


Q4.
自分の場に「群雄割拠」と表側表示モンスターが1体存在し、
こちら側は種族の確認が取れていない違う種族のモンスターが
1体ずつ相手の場に裏側守備表示で存在した場合に、
「皆既日食の書」を発動。その「皆既日食の書」の発動に
チェーンして「停戦協定」を発動した場合、「群雄割拠」の
効果はどうなるのか?
A4.
ご質問の場合、チェーン2の「停戦協定」の効果処理によって
表側表示になった別の種族のモンスターは、「停戦協定」の
効果処理後に墓地へ送られます。
よって、「皆既日蝕の書」の効果によって裏側表示になるモンスターは、
既に表側表示で存在していたモンスターのみとなります。


Q5.
「天魔神 エンライズ」の起動効果を起動し、相手のモンスター1体を除外。
その後「月の書」を「天魔神 エンライズ」に対し発動。
「月の書」の効果で裏側守備表示になった「天魔神 エンライズ」を
反転召喚した場合、再度「天魔神 エンライズ」の効果を発動できるのか。
A5.
一度、効果を発動した「天魔神 エンライズ」が、裏側表示となった後、
同一ターン中に表側表示になる場合、同一ターン中に再び効果を
発動する事ができます。


Q6.
「ステルスバード」の起動効果で「ステルスバード」を裏側守備表示に変更。
その後、「ステルスバード」を反転召喚。「ステルスバード」は自身の
効果で一度裏側表示になったので、再度「裏側守備表示に変更する起動効果」を
発動できるのか。
A6.
自身の効果によって裏側守備表示になった「ステルスバード」を
反転召喚した場合、同一ターン中に自身を裏側守備表示にする効果を
発動する事はできません。


Q7.
「ステルスバード」の起動効果で「ステルスバード」を裏側守備表示に変更。
その後、「ステルスバード」を反転召喚。次に「ステルスバード」に対し
「月の書」を発動。その後、「太陽の書」で「ステルスバード」を
表側攻撃表示に。
「月の書」の効果で一旦裏側表示になったが、「裏側守備表示に変更する
起動効果」は別に起動してある。この状態で再度「裏側守備表示に変更する
起動効果」を発動できるのか。
A7.
1ターンに1度だけ裏側守備表示にする効果を発動した「ステルスバード」は、
裏側表示になった場合でも、「月の書」の効果によって裏側表示になった後、
「太陽の書」の効果によって表側表示になった「ステルスバード」の、
自身を裏側守備表示にする効果を発動する事はできません。



ライダーの誘発即時効果に我が身・スタダ・ディストラ不可。
「破壊されない効果」を持つカードも墓地送りにする事が可能に。




2008/12/05 メール問い合わせ

| ルール/OCG事務局 | 19:40 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/341-32eafb66

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。