PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

陵墓と歯車街あれこれ

「歯車街」と「光と闇の竜」の関係性に関する裁定が分かったのでそれっぽいデッキで遊んでみる。
採用フィールド魔法は「死皇帝の陵墓」+「歯車街」の2種。それを各3枚ずつで、合計6枚。

「死皇帝の陵墓」を相手に利用される事が多々あり、「光と闇の竜」のフィールド維持が若干困難な感じ。
ただし、先攻1ターン目から「光と闇の竜」などを展開できる点はリリース軸との決定的な違い。
上級モンスターを採用していないデッキタイプと対戦する場合は非常に良い働きを見せてくれそう。

「歯車街」自体は評判通りのカードって感じで、上級がぽんぽん出現する様は豪快の一言。
特殊召喚する方法は違えど、擬似的なシンクロ召喚と言えば聞こえは良いかな。
「歯車街+フィールド魔法」が揃えばとりあえずATK3000が保障される。

シンクロと比べた場合は選択肢の狭さとデッキを若干圧迫するという点が難点。
ただしカードパワー自体は非常に高いので、フィールド魔法を入れる場合は
考え無しに3枚突っ込んでも十分に力を発揮してくれるであろうカード。革命的。
アトランティス軸であろうが、魔法族の里軸であろうが、何であろうが、だ。

その場合、必然的に「歯車街」をサーチしきれないフィールドサーチモンスターの必要性が薄れてくる。
アトランティスで考えた場合、「歯車街→アトランティス→アンティークギア→リリースしてシーラカンスNS」
「歯車街→アトランティス→アンティークギア→アトランティスでリリース免除のカタパNS」
前者の場合はリリースを稼ぐ事が可能で、少ないディスアドバンテージでシーラカンスを場に出す事が可能。
後者の場合は直撃で最大6000のライフが奪える。「歯車街」が1枚追加されれば1KILL成立。何とも恐ろしい。

シンクロが低速化すれば環境のトップを独走しそうなカード。「歯車街」、恐ろしい子・・・!

| 魔法・罠考察 | 19:00 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/346-33655e96

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。