PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

シンクロ暗黒界

シンクロ+暗黒界




デッキ名:ジャン黒界

<上級モンスター 9枚>
暗黒界の武神 ゴルド×3枚
暗黒界の軍神 シルバ×3枚
ダーク・アームド・ドラゴン×2枚
冥府の使者ゴーズ

<下級モンスター 11枚>
魔轟神レイヴン×3枚
ジャンク・シンクロン×3枚
ボルト・ヘッジホッグ×3枚
クリッター
メタモルポット

<魔法カード 16枚>
闇の誘惑×3枚
暗黒界の雷×3枚
暗黒界の取引×3枚
生還の宝札×2枚
大嵐
サイクロン
洗脳-ブレインコントロール
手札抹殺
死者蘇生

<罠カード 4枚>
魔のデッキ破壊ウイルス×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
激流葬

<エクストラデッキ/シンクロ>
A・O・J カタストル×2枚
X-セイバー ウルベルム
ギガンテック・ファイター
ゴヨウ・ガーディアン
ジャンク・ウォリアー
スターダスト・ドラゴン
ダーク・ダイブ・ボンバー
ダークエンド・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
マジカル・アンドロイド
ミスト・ウォーム
メンタルスフィア・デーモン
レッド・デーモンズ・ドラゴン
氷結界の龍 ブリューナク



【 狙い 】

「暗黒界の取引」「手札抹殺」辺りでデッキを回転させながら暗黒界を展開。
フィニッシュパターンとしては「暗黒界×2+ジャンク・シンクロン+レイヴン」
ジャンク・シンクロンでレイヴンを釣り上げて、レベル8のシンクロモンスターと
レベル7のダーク・ダイプ・ボンバーを同時に展開。7000超えの打点を叩き込む。
ドロースペルでデッキ回転を行う際、「生還の宝札」があれば回転力が更に増す。

【 各カードの解説 】

一部のカードだけ解説

・「ボルト・ヘッジホッグ」と「魔轟神レイヴン」

初期案は「暗黒界の策士 グリン」と「暗黒界の刺客 カーキ」の2種。
グリンとカーキは守備表示で出せるステータスではないという点と、
コンボ性しか見い出せない(=事故パーツになりやすい)という事で、
守備表示で一応出す事が出せるヘッジホッグを採用してしばらく回す。
が、チューナーの数自体が少なく「ジャンク・シンクロン」で
「ボルト・ヘッジホッグ」を釣り上げる場面ばかりが目立ったので、
「ジャンク・シンクロン」で釣り上げ可能で、尚且つ「暗黒界」と
「ボルト・ヘッジホッグ」とシナジーする「魔轟神レイヴン」採用。
結果、動きが安定したので最終的にはこの2種となりました。

(守備表示で出す事は出来ませんが、グリン・カーキも決して弱くは無いので、グリン・カーキでも問題は無いです。)

「ゾンビ・キャリア」は手札のロスが響くため守備表示で出せる
モンスターとしては考え切れなかったので、結果的に不採用。

緊テレ構成はデッキを回転する際に根こそぎサイキック族を
ドローしてしまう事態にばかり陥ってしまい、終盤にかけての
ラッシュに支障が出てしまったため、結果的に不採用。

・「魔のデッキ破壊ウイルス」

好きなカードなのでとしか言いようが無いのが悲しいですね。
防御が手薄なので「トラゴエディア」にしたほうが良いとは感じております。


【 調整中に抜いたカード 】

・「暗黒界の策士 グリン」と「暗黒界の刺客 カーキ」

【各カードの解説】→「ボルト・ヘッジ~」を参照。

・「暗黒界に続く結界通路」

「墓地に暗黒界が存在・召喚・反転・特殊不可」の制約が思ったよりキツく、
デッキが回転した場合はチューナーの召喚を優先したほうが都合が良いですし、
そうなると発動タイミングがかなり限られてくるため、結果的に抜き。
暗黒界によるラッシュがメインなので、あまり相性が良くないのですよ。

・「封印の黄金櫃」

抜いた理由をイマイチ覚えていないのですが、確か手札に暗黒界が
そこまで溜まらなかったんじゃないのかなぁ、と。「魔轟神レイヴン」と
「闇の誘惑」で片っ端から「暗黒界」は切り続けるので。

| デッキレシピ | 19:00 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/347-187d7f56

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。