PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

魔法族の里あれこれ2

モンスター(20枚)
霊滅術師 カイクウ×3枚
魔導戦士 ブレイカー
召喚僧サモンプリースト×2枚
異次元の狂獣
レスキューキャット×2枚
ライトロード・マジシャン ライラ
フレムベル・マジカル
コアラッコ
クリッター
お注射天使リリー×3枚
X-セイバー エアベルン×3枚
N・ブラック・パンサー

魔法(12枚)
貪欲な壺×3枚
魔法族の里×3枚
大嵐
洗脳-ブレインコントロール
死者蘇生
月の書×2枚
サイクロン

罠(8枚)
奈落の落とし穴×3枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
死のデッキ破壊ウイルス
王宮の弾圧×3枚


猫と里の足し算。イマイチ。

・早々と拍手がついていたのでイマイチな点を追記。



【 このへんがイマイチ 】

サモプリ、フレムベルマジカル、ライラ、ブレイカー辺りが里の維持に不向き。
また、魔法使い族自体の数も少ない。よって、里の維持が困難。

「里の維持が困難」ってつまりはサモプリのために割いた魔法カードを
発動すら出来ない事態に陥りやすいって事でして、そのデメリットが
予想以上に響く。里を入れるメリットを全て帳消しにするぐらい響く。

あと、里にスペックを割いた分、除去カードが少ない。
モンスターのサイズが全体的に低く、特殊召喚を行えるカードも少ないので、
トラゴの攻撃などで一旦場を崩されると建て直しが困難で、そのまま負ける。

このへんがイマイチ。


逆に良かった点。

簡単に確率を求める際、40枚デッキにAというカードを1枚入れた場合、
おおよそ15%の確率でAが初手にあると仮定し、それ以降はAと同種のカードが
増える度に初手率が15%増加すると考えているので、サモプリ+猫+里で計105%。
5%オーバーしているので、デッキ枚数を増やしても良いと判断し42枚構成。

初手にあるっちゃあるんですけどね。ただ、どれも単体で機能するわけではないので、
猫ならコアラかベルンを全て引いた時点で、サモプリなら魔法が無い時点で、
里なら維持に適した魔法使いが無い時点で、動きがビタリと止まってしまう、と。

動きが止まった時点で全てのシナジーが紐解けて、アンシナジーへと姿を変える。
結果、デッキ自体は失敗作なんですけど、案自体はそこそこ面白いので、
また気が向いた時に組むかもしれないという意味を込めての、晒しでした。

| デッキ考察 | 19:00 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/369-3b9be10a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。