PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴーズを有効活用しましょ

《冥府の使者ゴーズ》を有効活用する方法の考察記事。オマケでゴーズに対するプレイング記事。

wikiオートリンク導入しました。


冥府の使者ゴーズ
悪魔族 闇属性 星7
A2700/D2500
効果
自分フィールド上にカードが存在しない場合、相手がコントロールするカードによってダメージを受けた時、このカードを手札から特殊召喚する事ができる。この方法で特殊召喚に成功した時、受けたダメージの種類により以下の効果が発動する。●戦闘ダメージの場合、自分フィールド上に「冥府の使者カイエントークン」(天使・光・星7・攻/守?)を特殊召喚する。このトークンの攻撃力・守備力は、この時受けた戦闘ダメージと同じ数値になる。●カードの効果によるダメージの場合、受けたダメージと同じダメージを相手ライフに与える。


【 特徴 】

1・直接攻撃を受けた時に特殊召喚。その際トークンも出る。
2・基本ステータスがとにかく高い。バブーンでさえも殴り倒せる。
3・闇属性の悪魔族。魔デッキやネクロフィアに繋がる。
4・ノーガードな状態でのみ効果を発揮する。
5・普通に出すには2体生け贄が必要な上級。


123はメリット。特に基本ステータスの高さとトークン発生効果は凶悪。繋げようと思えば魔デッキやネクロフィアなどにも繋がるが、元々な受動的な効果なため出したいタイミングで出せない。それなら手間の掛かるギミックを組み込むよりも単体で扱ったほうが良さそうに思える。

45はデメリット。4はとても受動的で、相手からするとこちらがゴーズを握っている事が分かりやすい。また、簡単なプレイング次第でカイエンの恐怖は若干薄らぐ。プレイングに関しては次の項。

【 カイエンを殺せ 】

返しのターン連撃に繋がるカイエンなのだが、意外と簡単なプレイングでカイエンの恐怖は薄らぐ。カイエン自体は倒せないのだが、このプレイングさえ覚えておけば相手ライフを取りやすくなったり相手ライフが少ない場合はそのままカイエンを破壊できたりする。

方法…
攻撃力の最も高いモンスターは最後に攻撃を行う。

例えば…
自分の場に黄ガジェット(A1200)、赤ガジェ(A1300)、緑ガジェ(A1400)がいたとする。
緑から攻撃をはじめ、その時点でゴーズが出現した場合A1400のカイエンも出現する。こうなるとA1200、A1300ではカイエンは破壊できない。
逆に黄→赤→緑(赤→黄→緑)の順番で攻撃した場合、相手が緑が攻撃した時にゴーズを出さない限り、常にカイエンを戦闘破壊する事が可能な状態となる。

黄A1200攻撃→ゴーズ出現→A1200カイエン出現→緑A1400でカイエン破壊でバトルフェイズ終了。その後地割れなりなんなり。
赤A1300攻撃→ゴーズ出現→A1300カイエン出現→緑A1400でカイエン破壊でバトルフェイズ終了。その後「地割れ」なりなんなり。
緑A1400攻撃→ゴーズ出現→A1400カイエン出現→戦闘破壊出来ない→バトルフェイズ終了。その後「地砕き」や「ハンマーシュート」

瀬戸際になればなるほどライフに余裕が無くなるのでこのプレイングは効果的なものとなる。つまり相手はライフが無いため出したくないのに出さなければならなくなるって事。そうなると戦闘破壊が見込めるのでゴーズの+1効果は実質、±0効果となる(ライフアドが減るため実際は-効果にまで落ちる)


【 ゴーズと相性の良いカード 】

独断と偏見で…。

・《星見鳥ラリス》(召喚権を食わない点はスピリットより便利)
・《ならず者傭兵部隊》(劣勢時は場が空になりやすい)
・《ダーク・ネクロフィア》(まぁ悪魔族っつー事で)
・スピリットモンスター(エンド時バウンス。場が空に)
・《収縮》(ダメージ軽減。いざって時に)
・《砂塵の大竜巻》(攻撃にチェーン。使い勝手抜群)
・《邪神の大災害》(攻撃時のみ発動可)
・《魔のデッキ破壊ウィルス》(闇っつー事で)
・プレイングでどうにかする(これが最も正解に近いはず)


こんなもんでしょ。正直プレイングでどうにかなる範囲だと思います。グッドスタッフに混ぜ込む形で落ち着きそうですね。

| モンスター考察 | 19:55 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/38-e32c54f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。