PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

RGBT欲しいカード

欲しいカード

「コアキメイル・ガーディアン」
「コアキメイル・ドラゴ」
「地獄からの使い」
「パワー・ツール・ドラゴン」
「禁じられた聖杯」
「窮鼠の進撃」
「超古代生物の墓場」


【 各カード解説 】

「コアキメイル・ガーディアン」

 任意効果となったデスカリバーナイト。強制効果ではなく任意効果なので、相手が使い捨てのモンスターで効果を発動した後、本命モンスターの効果を通すというやり方がこのモンスターには通じない。ただし、岩石族を公開して維持できれば、の話だが。また、他のコアキメイルと違い効果発動時にリリースを必要とするため、使い捨て感覚で扱う事ができる。

 種族を活かしE-HEROデッキに組み込む?デスカリとの共存させれば合計6枚の天罰内臓モンスターを採用した事となる。ATKも中々高く、ダークガイアの素材としても申し分ない感じ。


「コアキメイル・ドラゴ」

 闇・光属性の特殊召喚のみを封じる効果を持つ下級ドラゴン。下級ドラゴンとしては破格の性能であり、ATK値も抜群に高い。場に存在する時はダークネスメタル特殊召喚の邪魔にはなるが、ダークネスメタルの効果でこのカード自身を特殊召喚すれば相手のゴーズ・トラゴを封殺できるので一長一短。

 自分のエンドフェイズ時、自分の墓地に飛竜とダークネスメタルが存在する場合は、手札にドラゴン族があっても公開せずに自壊する事を選べば飛竜の効果でダークネスメタルを特殊召喚する事もできる。


「地獄からの使い」

 レベル7・ATK2600の高レベルチューナー。イージー・チューニングとのコンボ用。終末の騎士でこのカードを落とし、終末の騎士を対象にイージー・チューニングを発動すればATK4000のモンスターが即座に誕生する。


「パワー・ツール・ドラゴン」

 しっかりと練れば、1ターンに1度、装備カードを手札に加える事ができるシンクロ。中途半端なATK値は手札に加えた装備カードでカバーする事が可能で、尚且つ装備カードを脱げば破壊体性まで得られてしまう。まさに装備の申し子のようなシンクロ。

 何よりも今回のパック中、一番長く遊ばせてくれそうなカードだという。長く遊べそうなカードは良いですね。


「禁じられた聖杯」

 ターン終了時まで効果を無効にする代わり、ATKが400上昇する速攻魔法。簡易的なスキルドレインであり、妥協召喚したバルバロスのATK値を戻したり、ステータスダウンしたライダーの攻守を戻したり、ゴーズのカイエン生成効果にチェーンして発動すればカイエンの生成を無効化できる・・・のかな?いろいろと裁定待ち。


「窮鼠の進撃」

 永続罠版冥王の咆哮。ただし効果適応はレベル3以下・通常モンスターが戦闘を行う際のみに限られる。戦闘に関してはほぼ無敵化。サポート豊富で何よりチューナーもいる事ですし、レベル3以下だけでもやっていけそうな感じもしますね。


「超古代生物の墓場」

 特殊召喚されたレベル6以上のモンスターの攻撃・効果を無効。シンクロメタ。

| モンスター考察 | 10:15 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/380-7b125b01

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。