PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

窮鼠あれこれ

デッキ名:窮鼠アンデ

モンスター(15枚)
冥界の使者×3枚
馬頭鬼(めずき)×3枚
鎧武者ゾンビ×3枚
ドラゴン・ゾンビ×3枚
ゴブリンゾンビ×3枚

魔法(2枚)
封印の黄金櫃
サイクロン

罠(23枚)
魔宮の賄賂×3枚
奈落の落とし穴×3枚
超古代生物の墓場×3枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告×3枚
激流葬
窮鼠の進撃×3枚
スキルドレイン×3枚
サンダー・ブレイク×3枚


仮組み。

主な狙い
1:対大寒波
2:対弾圧
3:バニラ+使者などで打点を刻む=2体パンチ後のリカバリーが容易

問題点
1:バニラで染める必要があるのかどうか(=光アンデの劣化なのではないか)
2:窮鼠が引けないとバニラが紙となる(=不安定なのではないか)
3:高守備力に対して無力すぎる(=窮鼠は必要ないのではないか)

ライオウは決定的な弱点とは言い難いので度外視する。


ディーヴァによる水タイプも考案中。要するに「ローレベル水属性」。
ディーヴァ1枚でサルベージのスイッチが入る上にシンクロを呼べる。
サーチという意味では心強いが、窮鼠と相性が良いわけではない。
また、弾圧にも引っ掛かるため、「狙い:2」との相性が悪い。
利点は最短最速でレベル4or5のシンクロが出せるという点。


窮鼠の扱いが難しい。守備力まで下げられれば良かったのに。
現時点だと使者によるピーピングぐらいしか利点が見えてこない。

バニラ数を抑えた上で後続のバニラに繋げられるという点でアンデと水に絞った。

| デッキ考察 | 23:26 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/384-f0f55e6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。