PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

リスペクトデュエル!

CGIで強かった相手(デッキ)かきとめ。つまりは雑記。
こちらの使用デッキは全てスタンでごわす。


【 強かった相手(デッキ) 】



・ゴーズ+暗黒界+黄金櫃

黄金櫃でコンボパーツをサーチ。その間のタイムラグはゴーズで解消。その後、コンボパーツから派生される暗黒界やダブルウイルスでアド差を広げる。

試合形式はマッチ。2T目の相手《クリッター》+《死のデッキ破壊ウイルス》でこちらの生物4体落ちて相当追い詰められる。《デビルフランケン》か《遺言状》を引けば勝てる見込みがあったんで《封印の黄金櫃》から引っ張った《天使の施し》を発動。《貪欲な壺》と《押収》と《強制転移》ドロー。ハンドから2枚ディスカード。《貪欲な壺》発動。フラ引く。《押収》で相手手札確認。《手札抹殺》落とす。フラ出してサイツイ出して転移してフラ送ってエアーとサイツイでパンチ。相手返しのTに死霊セット。サイツイ攻撃後、伏せておいた《収縮》で縮めて破壊。再度サイツイで攻撃してwin。死デッキゲーvs引きゲー。

2戦目後攻スタート。相手エアー召喚エンド。こちらサイドラ+死霊。殴ったらゴーズ+ゴルド出現。対処不可な手札。サレ。暗黒界と知りつつも手札6枚もあんならヒットせんだろうと思い死霊で殴った貪欲な俺pgr

3戦目先攻スタート。《封印の黄金櫃》で《クリッター》指定。相手返しのターンに《封印の黄金櫃》で《魔のデッキ破壊ウイルス》指定。まぁ、先に《死のデッキ破壊ウイルス》撃ち込んで勝ち。死デッキゲー。



運と先攻パワーで勝った感じ。ガチで強いと思ったんでその後リアルで似たようなデッキを組んで動きを確かめてみた。

動きとしては《封印の黄金櫃》から《天使の施し》《手札抹殺》《メタモルポット》《魔のデッキ破壊ウイルス》《死のデッキ破壊ウイルス》の何れかをサーチ。当然、流れによっちゃあ《大嵐》や《貪欲な壺》なんかも指定はする。

《封印の黄金櫃》を扱った場合、2Tの間アド-1の状態で戦う必要があり、防御が疎かになる(可能性が高い。コンボデッキだからっつーのも大きな原因の一つ)
そんなこんなで疎かになった防御力は《冥府の使者ゴーズ》でカバー。《冥府の使者ゴーズ》は暗黒界が本来苦手とする《氷帝メビウス》を食えたりと、相性的には悪くない。当然の如く《魔のデッキ破壊ウイルス》のエサにもなる。

そんで2T後、《封印の黄金櫃》で引っ張り出した《天使の施し》を使って暗黒界を展開。ここで一気にアド差を広げる事が可能。

1:1を大事にするスタンや戦士ビートなんかはこの手のデッキを苦手とするんじゃなかろうかと思います。



・魂吸収抜きのネクロデッキデス

《ネクロフェイス》+《封印の黄金櫃》のコンボでデッキトップを5枚リムーブ。

《ニードルワーム》でデッキトップ5枚を墓地送り。

墓地に送られた《ネクロフェイス》は《魂を喰らう者バズー》や《魂の解放》でリムーブし、効果を再利用。

除外された《ネクロフェイス》は《異次元からの帰還》で再度呼び戻し、ターン終了時再度《ネクロフェイス》の効果再利用。ここでの10~15枚の大量デッキデスが痛いわけで、まさにフィニッシャーとして機能している感じがします。


とにかくまぁ、《ネクロフェイス》を使い回すデッキ。ネクロデッキデスの中じゃ一番強いと感じた。ただし、じわりじわりとハンドが減るんで、それをカバーする手段が必要。毎回メタポが引けりゃ良いんだけど、除外される可能性も高い(自身のネクロ効果で)






うひゃーつえー完敗だーと思ったのは主にこの2つ。ネクロは流行りに流行っているため対抗策が必要だなー。考えなきゃならん。

他は大体エアーマン+デスカリやエアーマン+メビ。つまりはエアーマン+パワーカードなデッキ。同じ事が俺にも言えちゃうわけなんですけどね。ただまぁ、単調。






そんな事よりもとーらんさんのフルバーンの動きが面白すぎる件について

| 雑記 | 21:40 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/42-850bc42d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。