PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

インフェルニティあれこれ

インフェルニティあれこれ



鬼柳さんへの愛パワーで随分とインフェルニティを回したので、気付いた事を要所書き。


【 シナジーするカード 】

・ダークグレファー
現時点で、最もシナジーすると感じたカード。
「インフェルニティ・ネクロマンサー」の特性上、「インフェルニティ・ネクロマンサー」を除くインフェルニティと名のついたカードを墓地に送る必要があるので、それらを墓地に送る手段として優秀。また、「インフェルニティ・ネクロマンサー」の効果で「インフェルニティ・デーモン」を蘇生した場合、手札が0枚なので「インフェルニティ・デーモン」の効果が必ず発動する。その効果で手札に加えたカードを即墓地に送れる点は「終末の騎士」との大きな違い。手札を能動的に減らす事ができる点も高評価。

・ゾンビキャリア
グレファーに匹敵するほどの相性の良さを誇る。デッキトップ操作が行えるので、「インフェルニティ・デーモン」を能動的にデッキトップに置く事ができる。無駄が無い。

・漆黒のトバリ
手札の枚数を増やさずに手札の入れ替えが可能。例えば、手札が「ネクロマンサー・魔法・罠」だった場合に闇属性モンスターをドローすると、「インフェルニティ・ネクロマンサー」の効果が発動出来なくなるのだが、「漆黒のトバリ」発動中ならばその心配が無くなるし、手札に「インフェルニティ・ネクロマンサー」が無い場合はそれをドローする確率も上昇する。ただし、同時に複数枚発動しても相乗効果が得られるわけではないので、3枚積むと事故に繋がる。1枚~2枚がベスト。「凡骨の意地」としてでは無く、闇属性専用の「カード・トレーダー」として考えたほうが良い。個人的には1枚。

・サイバーヴァリー+ワンフォーワンのセット
ハンドレススレで話題のコンビ。ワンフォーワンで手札を減らせ、ヴァリーでデッキトップの操作が行える。また、デッキトップ操作と同時に手札を除外できる点も大きな利点。それが「闇次元への解放」への布石となり、「インフェルニティ・デーモン」を蘇生する事が可能となる。当然、場のモンスターを除外して2枚ドローする効果や、1枚ドローしてバトルフェイズをスキップする効果も十分に強力。除外寄りの構成にはなるが、高いシナジーは期待できる。

・魔轟神ソルキウス
墓地に落とす事が出来ればかなり優秀。他のデッキでも活用できそう。自分メインフェイズ中なら好きなタイミングで特殊召喚できるってのが結構強い。

【 検討の余地ありなカード 】

・天魔神ノーレラス
ノーレラス型を一番よく回した。自分と相手を同時にハンドレス状態に持っていける点は良い。また、ノーレ後に引くカードはデーモン・ネクロマンサ・バースト・クリエイター・死者蘇生、この中の何れか1枚を引ければ良いので、他と比べた場合やや待ちが広い。が、下準備が意外と大変。安定した動きとは程遠いし、引きゲーってのは凄く単調なもんで、使用していてあまり面白くなかった。RYO様はすごく気に入ってたんだけどね。デッキレシピはそのうち晒します。

・インフェルニティフォース
発動できた試しが無い。個人的にはいらない子。


【 唯一神 】

・インフェルニティドワーフ
全盛期のインフェルニティドワーフさんはワンハンドレッドアイドラゴンにシンクロする事ができた。


【 シナジーしたデッキジャンル 】

・ダーク
インフェルニティの属性は全て闇なので必然的に相性は良い。安い・早い・美味いの三拍子揃った優良カテゴリー。

・ヴァリー
ハンドレススレで話題になっていたヴァリーを活用した除外軸。「闇次元の解放」がとても優秀。

・ノーレラス
なんだかんだでシナジーはしている。ノーレによるぶっぱ後にネクロマンサーかデーモンをドローできればかなり優勢。


【 アンシナジーなデッキジャンル 】

・魔轟神
デッキ操作を行い難いので、ネクロマンサーの起動に時間が掛かる。インフェルニティにスペースを割くなら暗黒界を入れるべき。

・ダークガイア
ダークフュージョンで手札を減らせ、ダークコーリングで墓地を除外できる。が、基盤となるネクロマンサーのATK値が極端に低く、ダークガイアに繋げるため必要な岩石族自体も癖が強い。


【 殴り書きの戯言 】

基盤はネクロマンサー。デーモンを蘇生すればアド+2が約束され、デーモンで回収したデーモンをコストにゾンビキャリアを起動すれば無駄が無い。

偶発的なハンドレス状態からのデッキトップ→デーモンは稀に起こる程度。それに期待して常にハンドレス状態を狙うのはナンセンス。全伏せはやっぱ危ない。

デッキトップ→デーモンに期待した全伏せはほんとどうしようもない時だけすべきかなぁ?デーモン引いたからといって、根本的な解決には繋がり難いんだけれども。

| デッキ考察 | 01:55 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/460-693a4d51

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。