PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ABPF点数付け

ABPFを五段階評価


5点満点で

アンサイクラー 0点
ヴィークラー 0点
トライクラー 0点

ドリル・シンクロン 2点
戦士族に貫通効果を付与しつつ1ドロー。自身が機会族だったり、「ロードウォリアー」で呼べなかったり、「機械複製術」に対応していなかったり、色々と惜しい。

血涙のオーガ 2点
セットカードがある状態ならリビングを警戒して高打点順に殴ってくる事もあるので、「トラゴエディア」を所持していないようならその代用として使えない事も無い。ただし、あくまでも代用。相手が「血涙のオーガ」の存在をきっちり覚えてしまえば、セットカードがあろうとも弱打点順に殴ってくる事もお忘れなく。

バトルフェーダー 4点
非常に強力。とりあえず何も考えずデッキにぶち込んでもそれなりの活躍はしてくれる。手札を全部消費した上でワンショットキルを狙うようなデッキはかなり厳しくなった。(マジテン1killとか)間違いなく今後の環境に影響を与えるカード。制限カード入りも個人的にはあり得る。「サベージ・コロシアム」とのコンボで「聖なるバリア-ミラーフォース」と化す・・・かも?

パワー・サプライヤー 1点
こういうカードこそチューナーであるべきだと思う。

マジック・ホール・ゴーレム 1点
闇属性である事から「トマハン」との相性は良好。「首領ザルーグ」の直接攻撃を叩きこめるようになる。DEF値も基準値を満たしているので、壁としても悪くない。

パワー・インベーダー 0点
劣化「魔導ギガサイバー」

ダーク・バグ 1点
「魔轟神獣ユニコール」への布石。レベル4のシンクロが増えればそこそこ。良くも悪くも「ジャンク・シンクロン」の存在がチラつく。

ソード・マスター 1点
特殊召喚条件が非常にシビア。局地的な活躍しか見込めそうにはない。

黒薔薇の魔女 2点
属性が優秀で、「ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン」など、ダークシンクロモンスターへの布石としては十分な性能。

薔薇の妖精 0点
良くも悪くも「ワタポン」の相互互換。ダメステ時に発動できるのか?

バッド・エンド・クイーン・ドラゴン 2点
デッキを選ぶが効果自体は強力。安定して永続魔法を場に展開できる「宝玉獣」ならば実用レベルか。「ゴヨウ・ガーディアン」にはご注意を。墓地蘇生可能なので簡単に奪われます。

レプティレス・サーヴァント 1点
反転召喚を阻害できないようじゃダメ。「異星の最終戦士」を少しは見習って欲しい

レプティレス・ガードナー 3点
「ダメージ=レプトル」との相性が良く、発動条件が緩い上にDEF値もそれなりに高い。サーチ先もそこそこ優秀。何より自身をサーチできる点が良い。

レプティレス・ナージャ 3点
守備表示で出しておけば攻撃してきたモンスターのATK値を0にできる。以後こちら側はサンドバッグ状態となるが、攻撃してきた相手モンスターのATK値は全て0と化すので、むしろこちら側が相手をサンドバッグ状態に出来ると考えても良い。「一族の結束」との相性も良好。(ATKが底上げされるので、ATK値を0にしたモンスターをナージャが一方的に殴り倒せるようになる)

レプティレス・ヴァースキ 2点
「レプティレス・ガードナー」でサーチできる召喚条件モンスター。「強者ナチュル」や「レプティレス」との相性が良好。

太陽の神官 3点
種族・ステータス・誘発効果、そのどれもが優秀。チューナー側のATK値が1500未満なら「奈落の落とし穴」を全て無視した上で「アーカナイト・マジシャン」まで繋げる事が可能。「リミット・リバース」に対応している点も見逃せない。蘇生後に表示形式を変更すれば疑似的なサーチカードとしても機能する。もちろん壁としても優秀。

赤蟻アスカトル 1点
インティ用チューナー。「リミット・リバース」に対応している点も見逃せない。蘇生後に表示形式を変更すれば疑似的なサーチカードとなる。

泣き神の石像 1点
よくわからない

アポカテクイル 2点
通常召喚可能なレベル5モンスターとして考えればそれなりに優秀。「太陽の神官」を蘇生する効果もそれなりに強力。

スーパイ 1点
インティ用チューナー。「リミット・リバース」に対応している点も見逃せない。蘇生後に表示形式を変更すれば疑似的なサーチカードとなる。

インフォーマー・スパイダー 1点
条件が厳しい割には見返りが少ない。

コアキメイル・ウルナイト 4点
想像し得る限りは非常に強力。「天罰」内蔵の「コアキメイル・ガーディアン」、打点の高い「コアキメイル・ベルグザーク」、サルベージ効果を持つ「コアキメイル・クルセイダー」など、サーチ先がどれも優秀。「コアキメイル・クルセイダー」で「コアキメイル・ガーディアン」をサルベージし、「コアキメイル・ガーディアン」の効果を使いまわす形は非常に怖い。その間を取り持つのがこのカード。召喚権問題とサーチ手段の両方をカバーする。

XX-セイバー ガルセム 1点
条件が厳しい割には見返りが少ない。

墓守の大神官 1点
このカードを召喚するぐらいなら、レベル4チューナーを召喚して「スターダスト・ドラゴン」へと繋げるべき。

墓守の末裔 2点
「墓守の偵察者」からサーチ可能な任意除去。選択肢としては非常に強力。

ブラックポータン 0点
魅力的なのは「X-セイバー パロムロ」とのコンボぐらい。それも「レインボー・ライフ」で事足りる。

シュレツダー 2点
機械族に今必要なのは優秀な光属性モンスター。参照するのがこのカードのステータスではなく墓地へ送った機械族なので、召喚成功時に優先権を行使すれば「奈落の落とし穴」で破壊されても平気な点は「魔轟神ガルバス」より優秀。

パンダボーグ 2点
打点の高いリクルーターは「奈落の落とし穴」で破壊されるATK値だろうが総じて優秀。

コダロス 3点
手札で腐りがちなフィールド魔法を上手に処理してくれる。また、「破壊」ではなく「墓地送り」なのも優秀。除去性能が半端じゃないので、除去能力が不足気味なデッキに「コダロス」「伝説の都 アトランティス」「アトランティスの戦士」各3枚ずつを出張してもそれなりの活躍を見せてくれるはず。「忘却の海底神殿」という優秀なパートナーを同時に得ている点も悪くない。

聖なるあかり 2点
強力な闇属性メタ。「御前試合」を発動しておけばシンクロ召喚を用いた属性変更が行えないのでほぼ不可侵となる。

軍茶利 0点
超劣化「N・グラン・モール」

セイバー・ドラゴン・ツヴァイ 2点
「地獄の暴走召喚」「ジェイドナイト」「シャイン・エンジェル」それら全てに対応している。「プロト・サイバー・ドラゴン」では出来なかった事がほとんど出来るように。痒いところに手が届きます。

オイルメン 1点
基本ステータスが底上げされない限り、ユニオンは劣化装備魔法である。モンスターとしても最低限は機能すべき。

儀式魔人カースエンチャンター 2~3点
レベルが優秀。「終末の騎士」を召喚してこのカードを墓地に送れば「終焉の王デミス」へ繋げる事が可能。場以外に存在するシンクロモンスターの効果も無効化できるようなら、「スターダスト・ドラゴン」の効果も無効化できるが・・・果たして裁定は?

儀式魔人プレコグスター 2点
付与されるハンデス効果の発動条件が緩く、中々強力。ただ、レベルは4であるべきだった。(レベル4ならば戦闘ダメージを与えやすいガーランドルフ、デミス、ルイン、サクリファイス、ゾークの5種に対応する。特にデミス、ルインの儀式召喚はレベル合計が一致しなければならないので、レベル3を含み難い)

破滅の魔王ガーランドルフ 3点
破滅の儀式 -点
「儀式の準備」に対応している点と「儀式召喚に必要なレベル合計が一致しなくても良い」点が最大の魅力。やっと「サクリファイス」以外の選択肢が出てきた感じか。「奈落の落とし穴」や「月の書」に対しては無力だが、それでもこの効果は強力。「救世の美神ノースウェムコ」なんかよりは10倍強い。ただし、素のATK値では「裁きの龍」を破壊できない。どういうこっちゃ・・・。

セイヴァー・デモン・ドラゴン 1点
相手モンスターの攻撃力を吸い上げれば、とりあえず4000点の打点を叩きこめる。破壊耐性も持ち合わせているので、不意に出てくると結構強い。

ドリル・ウォリアー 2点
「クイック・シンクロン」の新たな派生。サルベージ効果で「ダンディ・ライオン」を手札に加え、その「ダンディ・ライオン」をコストにこのカードを除外すれば、毎ターン2体の綿毛トークンを特殊召喚する事ができる。ダンディとのコンボが成立している内にガンガン直接攻撃を叩き込め!そのための効果をこのカードは所持しているぞ。

太陽龍インティ 3点
月影龍クイラ 3点
バウンスや除外に弱いという弱点は確かにあるが、戦闘に関しては無類の強さを誇るので結構強い。「奈落の落とし穴」で破壊しても「太陽龍インティ」「月影龍クイラ」は特殊召喚されるため、連鎖を断ち切るのが中々難しい。このカードを中心としたデッキを構築する場合、除外・バウンス対策をするよりかは、2体目・3体目の「太陽龍インティ」「月影龍クイラ」を特殊召喚する方法を考えるべきか。ただし「マクロコスモス」と「次元の裂け目」の2種には注意すべき。

XX-セイバーヒュンレイ 2点
優先すべきはこのカードよりも「ナチュル・パルキオン」。チューナー以外の下級X-セイバーは総じて弱いのが最大の問題。

調和の宝札 2点
「ドラグニティ」デッキとの相性が良好。アドバンテージに繋がりやすいカードなので、「デステニー・ドロー」同様今後大化けする可能性は十分にある。

バラエティ・チェンジ 2点
モンスターを大量に特殊召喚できる。コンボ性が高いので、頭に入れておく価値はある。頭に入れておけばデッキ構築の際、役立つ事があるかもしれない。

レプティレス・アンガー 1点
小回りの利いた「デーモンの斧」 最近にしては珍しく装備条件が無い。

アドバンス・フォース 0点
「死皇帝の陵墓」と比べた場合、どうしても見劣りする。

ヴァイパー・リボーン 2点
「ワーム」と「ヴェノム」の救世主。「未来融合-フューチャー・フュージョン」の効果でワームを墓地に16体以上送り、「ワーム・ヴィクトリー」や「毒蛇王ヴェノミノン」を蘇生すれば1キルが可能となる。地味に「蛇神降臨」にも対応している。

太陽の祭壇 0点
条件が厳しい割にはパンプ値が低すぎる。

ロケット・パイルダー 0点
機械族を「ロケット戦士」化させる。だからどうしたって感じ。

ブレイク・ドロー 3点
「パワー・ツール・ドラゴン」の効果でぜひともサーチしたいカード。

パワー・ピカクス 2点
自分ターン中のみしかATK値が上昇しないので、装備魔法としては心許無い。除外効果にどこまで価値を見出せるかによる。

蜘蛛の領域 1点
このカードが存在する限り永続的に効果が適応されるので、昆虫族と戦闘を行ったモンスターを事実上無力化する。昆虫族リクルーターへの攻撃を激しく躊躇させられる。守備力が総じて低いハイビート系のデッキに対し有効。(次元エアトスなど)
昆虫族全てに適応される効果と勘違いしてました。1点減点。

鋼核合成獣研究所 2点
デメリットの帳消しが出来ない点と速攻性に欠ける点が厳しい。ただし「コアキメイル・ウルナイト」への布石としては強力。全ての「コアキメイル」が「コアキメイル・ウルナイト」にチェンジするので安定性は格段に向上するはず。条件の厳しい「増援」と考えるべきか。

墓守の石板 2点
「墓守」は比較的モンスターが墓地に溜まりやすいデッキなので相性自体は悪くはない。「王家の生け贄」発動後のリカバー要因としても優秀。

マシン・デベロッパー 1点
この効果ならデッキから機械族を特殊召喚出来てもバチは当たらない。ATK上昇値・特殊召喚範囲ともに狭すぎる。

昇華する魂 3点
「マンジュ・ゴッド」や「終末の騎士」の使い回し。召喚時誘発モンスターを回収すれば、儀式召喚の際のディスアドバンテージを大きく軽減できる。正規儀式召喚を狙うデッキとの相性は比較的良好な部類。

儀式の檻 1点
出来る事なら戦闘破壊耐性も欲しかった。

無欲な壺 1点
速攻魔法であるべき。

シンクロ・コントロール 2点
局地的。奪ったモンスターをどうやって処理するかも問題。

チェンジ・デステニー 1点
相手に選択権を与えるカードは大抵弱いのだが、カジュアルプレイで使用するとそれなりに盛り上がる。「ライフポイントは勝っているが・・・俺は友情の握手条件を承諾するぜ!」「な、なんだってー」

デモンズ・チェーン 2点
守りに長けた「禁じられた聖杯」 永続化された事によってコンボ性は増した。

リフレクト・ネイチャー 0点
効果ダメージ反射カードも無駄に多種多様化してきました。

スネーク・チョーク 0点
表示形式の変更を許してしまっては意味が無い。

メテオ・プロミネンス 1点
「相手ライフが3000ポイントよりも多い場合」という条件が邪魔。この手のカードは1枚で自己完結できる形が望ましい。

栄誉の贄 1点
「自分のライフポイントが3000以下の場合」という条件さえ無ければそれなりの活躍を見せただろうに。もったいない。

デストラクト・ポーション 0点
使われないカードの相互互換を出す意味はあるのか。

死神の呼び声 0点
永続魔法or永続罠ならばまだ使い道もあった。が、しかし、現実は通常罠。

ライヤー・ワイヤー 3点
発動条件が非常に軽い。「スターライト・ロード」の存在を考えると単体除去である点も大きな魅力と言える。

コア・ブラスト 1点
魔法・罠カードも割れるらしいが、発動タイミングが遅い。「くず鉄のかかし」で「コアキメイル」を守るなどの工夫が必要となってくる。

セイバー・ホール 3点
「X-セイバー エアベルン」との組み合わせはかなり強力。攻撃表示で出せる優秀な下級「X-セイバー」が出揃えば実用性はさらに増す。出揃っていない今の状態だとこの点数。

機械王-B.C.3000 0点
デメリットの塊。何がしたいのか分からない。

エーリアン・ブレイン 3点
発動条件は厳しいが非常に強力。守備表示モンスターを攻撃したらそのままモンスターを奪われたなんて事も発生し得る。奇襲性も高い。

忘却の海底神殿 2点
魚・海竜・水の3種族に回避能力を付与する。上記3種族に特殊召喚時誘発効果を持つモンスターが1種(鬼ガエル)しか存在しない点は残念。

調律師の陰謀 2点
局地的。永続的にコントロールを奪取できる点は良い。

カース・サイキック 0点
まだ「炸裂装甲」のほうが強い。受動的過ぎる。

グレイモヤ不発弾 2点
「ウィングド・ライノとコンボだー」ってRYO様が騒いでました。

反転世界 2点
攻守ともに優れたステータスを持つモンスターの評価が総じて上がった。構築に影響を与えるという意味では良いカードだし、ハイビートにも強い。

| パック考察 | 19:00 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/489-41cf383b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。