PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

なんだかんだで多いよNE

レポート・追試ともに終了。原稿用紙70枚超えはさすがに堪えました。


《虚無魔人》の性能の見直しについて。


《虚無魔人》
悪魔族 闇属性 ☆6
ATK2400 DEF1200
効果
このカードは特殊召喚できない。このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、モンスターを特殊召喚する事ができない。



【 制限改正後、活躍するデッキたち 】

参考資料:火炎龍さんのブログ記事


《カオス・ソーサラー》の消滅によって特殊召喚カードの量は減る傾向にあるのかななんて思っていたんですけど、なんだかんだで未だに現役なのが特殊召喚。殆どのデッキが今だに特殊召喚を軸に動いているような気がします。


ネクロ・・・《異次元からの帰還》《デビルフランケン》《異次元の偵察機》
キメラ・・・《オーバーロード・フュージョン》《未来融合-フューチャー・フュージョン》《次元融合》《デビルフランケン》《サイバー・ドラゴン》
暗黒界・・・《暗黒界の武神 ゴルド》《暗黒界の軍神 シルバ》
ホルス・・・《ホルスの黒炎竜 LV4》《ホルスの黒炎竜 LV6》
沈黙剣・・・《サイレント・ソードマン LV3》《サイレント・ソードマン LV5》
HERO ・・・融合各種

そして各デッキに混ぜる事が可能なパワーカードとして
《冥府の使者ゴーズ》《早すぎた埋葬》《リビングデッドの呼び声》《スケープ・ゴート》《サイバー・ドラゴン》各種リクル


とりあえず結構な数のカードを無効化する事が可能。



【 弾圧とは違うのだよ! 】

元祖特殊召喚メタカード《王宮の弾圧》との違いはバトルフェイズ中にも効果干渉が可能な点と《王宮のお触れ》との共存が可能な点に尽きると思います。

・バトルフェイズ中に干渉する効果の利点
 ・リクルを止められる
 ・《冥府の使者ゴーズ》を止められる

ビートダウン系で《冥府の使者ゴーズ》の動きを抑制出来るのは大きい。今のところ、相手がゴーズを握っている状況下でも単体で殴りにいけるモンスターは《死霊騎士デスカリバー・ナイト》だけ。 他だと《冥府の使者ゴーズ》で攻撃の手が止まる事が多く、また、カイエントークンに梃子摺る場合もある。


・《王宮のお触れ》との共存によって生まれる利点
 ・二種封じ

二種封じ。つまり二種類の効果の無効化によるコントロール要素。スキドレバブーンやお触れホルスに似た位置付けですね。

| モンスター考察 | 23:49 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/51-c8c7a879

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。