PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

天使ビート

フルスポイラーの情報が出まわると、否が応にも気持ちが盛り上がります。
TCGプレイヤーの悲しい性だね。そりゃデッキも組みたくなるってもんだぜ。

TF4で使用中の天使ビート



モンスター(22枚)
大天使クリスティア×3枚
朱光の宣告者(バーミリオン・デクレアラー)×3枚
混沌球体(スフィア・オブ・カオス)×2枚
古代の機械工兵(アンティーク・ギアエンジニア)
シャインエンジェル×3枚
コーリング・ノヴァ×3枚
カオスエンドマスター×3枚
オネスト×3枚
アルカナフォース0-THE FOOL

魔法(8枚)
貪欲な壺×3枚
大嵐
増援
洗脳-ブレインコントロール
精神操作
サイクロン

罠(10枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
激流葬
リビングデッドの呼び声
ダスト・シュート
スキル・サクセサー×3枚
サンダー・ブレイク


【 狙い 】

「特殊召喚の無効化」「モンスター効果の無効化」「ダメージ計算時の主導権を握る」事を狙ったデッキ。「永続罠に頼らない形での対ぶっぱ」を想定してみた。「朱光の宣告者」には地雷デッキならではの強みがある。(採用率が低い上に手札から発動されるため予測しにくい)

現行OCGで組むなら「ジャンク・コレクター」や「太陽の神官」なんかも入れてみたい。どちらも「カオスエンドマスター」「シャインエンジェル」双方からリクルートする事ができる。後、「誕生の天使」なんかを入れると玄人っぽさがグッと引き立つのでオススメw


【 各カードの解説 】

「カオスエンドマスター」
そもそもはこのカードを扱いたいがために組んだデッキだったりします。このカードを扱う場合「オネスト」を手札に抱え込む事が第一優先事項なため、「シャインエンジェル」「コーリング・ノヴァ」の双方で「オネスト」をサーチする事からはじまる。すでに手札に「オネスト」がある場合は「シャインエンジェル」の自爆特攻から「カオスエンドマスター」を特殊召喚する事となる。また、基本的にこの手のカード(ハイドロゲドンやフレムベルヘルドッグ)は自分ターン中での発動がメインとなるため、「スキルサクセサー」との相性が非常に良い。


「朱光の宣告者」
イメージとしては高い汎用性を得た代わりに発動条件が厳しくなった「D.D.クロウ」。「次元エアトス」に対して無力なのが問題かなぁとは思う。そういう意味では「太陽の神官」を採用したいところ。一応レベル2・チューナーなので、「太陽の神官」とシンクロすれば「アーカナイト・マジシャン」に繋げる事が可能。


「アルカナフォース0-THE FOOL」
「たられば」カード。逆位置の効果を得たこのカード1枚で勝てるような試合があれば良いね。そんな淡い期待と共に採用・・・ゴクリ・・・。


「スキルサクセサー」
試験的に採用。「カオスエンドマスター」の項でも少し触れたのですが、相手モンスターを戦闘破壊した時に誘発する効果を持つモンスターと相性が良さそう。基本的にこの手のカードは自分ターン中での戦闘によって効果を発動する事が多いので、「スキルサクセサー」の墓地発動効果と相性が良いわけですよ。ただ、パンプアップ値が少々心許ないので、できる事なら基本ステータスの高い「フレムベル・ヘルドッグ」「ジュラック・グアイバ」辺りと組み合わせたいところ。

| デッキレシピ | 19:00 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/513-4fb51e77

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。