PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

アタッカーの流れと用途

ATK基準が高まり続ける中、再評価され続けるATK1800超えの下級モンスターたちについての考察記事。

※サイドラ含む



【 空気を超えろ 】

《E・HERO エアーマン》の登場でATK1800超えモンスターの評価が見直されている。数少ないATK1800超えモンスターの各用途と何に対する回答策(メタ)かを考察。

※死デッキは共通の弱点なので度外視する



《サイバー・ドラゴン》
メタ   …下級アタッカー
メリット …先攻後攻の逆転。生け贄召喚可能。1ターンに複数回特殊召喚(以下SS)可能
デメリット…場にモンスターがいると出せない


《死霊騎士デスカリバー・ナイト》
メタ   …誘発、起動持ちモンスター。《E・HERO エアーマン》を筆頭にATK1900以下のモンスター
メリット …誘発、起動持ちモンスターの効果無効化。けん制
デメリット…SS不可。場持ちの悪さ


《怒れる類人猿》
メタ   …《死霊騎士デスカリバー・ナイト》を筆頭にATK1900以下のアタッカー。効果優先モンスター。《冥府の使者ゴーズ》
メリット …バブーンと連動
デメリット…ATK2000を超えるモンスターに対して無力。エネコンで破壊


《ニュート》
メタ   …デッキの平均ATK~↑500のアタッカーor上級
メリット …後続に繋がるATKDOWN効果。反転でA/D+500。深淵と連動
デメリット…《怒れる類人猿》に負けちゃう


1900バニラ
メタ   …《E・HERO エアーマン》を筆頭にATK1800以下のアタッカー
メリット …バニラ支援カードと連動
デメリット…コンボカードかな




【 順位付け 】


幅広く対応出来るのは当然《死霊騎士デスカリバー・ナイト》。対ビートダウン以外でも幅広く活躍してくれる。最も頼りになる1900ライン。


当然《サイバー・ドラゴン》も優秀。「サイドラSS=攻撃→相手炸裂=自サイドラ破壊→サイドラSSor通常召喚」の流れは守りを固める意味で便利。とりあえず《E・HERO エアーマン》単体では超えきれない壁を作りやすくなる。


次に優秀なのは個人的に言えば《ニュート》。《怒れる類人猿》はATK2000↑のモンスターに無力すぎる反面、《ニュート》は後続に繋がる。《ニュート》のダウン効果でATKが1600まで落ちたサイドラは《E・HERO エアーマン》で倒せちゃうわけで、デッキの平均パワーが高まれば高まるほど活きる効果だと思います。


次に《怒れる類人猿》。4枚目のサイドラってイメージが強い。《死霊騎士デスカリバー・ナイト》と《E・HERO エアーマン》の両方を食えるのが特徴。バブーンに繋がったり《激昂のミノタウルス》で貫通を得たりと、種族補正が限りなく強いのも特徴の一つかな



時点で1900バニラ。《闇の量産工場》によるリカバリーは確かに強いが、デッキ内のバニラ比率を落とさなければその効力を最大限に発揮する事は出来ないし(個人的に「地砕き×3+量産×1>バニラ×2+地砕き×1+量産×1」。)、そうなると《闇の量産工場》が安定して扱えなくなるジンクスがある。《闇の量産工場》抜きで考えると次は利点が守備力の高さのみになってくる






【 総評 】

デスカリ≒サイドラ>ニュート≒ゴリラ  時点でバニラ



【 更に総評 】

自分でいうのもなんですけど、あまり意味のない考察記事。

| モンスター考察 | 05:41 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/53-473fba95

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。