PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

TSHD点数付け

本スレの速報見ながら早速点数付け。



今回からMTGのドラフト点数表同様、10点満点を基準とします。

10点-ぶっ壊れ。並み居る禁止カードと同等か、多くの場合はそれ以上の強さを持つ。

9点 -極めて強力。この1枚のためだけにでもコンセプトを散らす事を考慮すべきカード。

8点 -強力。コンセプトが合っていればデッキに入らない事はまずありえない。

7点 -デッキの主戦力を成すカード。

6点 -戦力として期待できるカード。

5点 -戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。

4点 -戦力になればラッキー。又はサイドデッキとしてなら使えるカード。

3点 -明らかに弱いカード。よほどカードプールが貧弱ならば出番があるかもしれない。

2点 -相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。

1点 -いかなる状況においても、メインにもサイドにも入ることはありえない。

(参考:MTG Wiki ドラフト点数表



5点:BF-熱風のギブリ
解説:「BF」の名を持つ「バトルフェーダー」。「デブリドラゴン」とのコンボで「ドラグニティナイト-トライデント」に。

4点:BF-逆風のガスト
解説:発動条件が意外と厳しい。手札から「デルタクロウ」を発動させるための起点としては便利。

6点:BF-そよ風のブリーズ
解説:「黒い旋風」や「ガジャルグ」でコンボ。「ブラックフェザー・ドラゴン」にシンクロする事はできない?

4点:チェンジ・シンクロン
解説:機械族版「ジッテ・ナイト」。局地的な活躍しか見込めない。

3点:カード・ブレイカー
解説:ステータスが低すぎる。チューナーであるべき存在。

4点:セカンド・ブースター
解説:装備魔法の反省点を全く活かせていない。パンプアップだけしてもダメ。

4点:インターセプト・デーモン
解説:うまく機能すれば相当ダメージを稼げるが、あくまでも「うまく機能すれば」の話。

7点:ドレッド・ドラゴン
解説:サーチ先が意外と豊富。ディスアドも発生しにくくアタッカーとしても優秀。

6点:トラスト・ガーディアン
解説:戦闘耐性を付与するチューナー。効果自体は極めて優秀なので要研究。シンクロ縛りが若干残念。

6点:フレア・リゾネーター
解説:攻撃力を300だけアップするチューナー。「スターダスト」が「ゴヨウ」で奪われなくなる。

4点:シンクロ・マグネーター
解説:通常召喚させろ

8点:インフェルニティ・ミラージュ
解説:自分の墓地から「インフェルニティ」2体を蘇生する極めて強力なカード。「インフェルニティガン」と比べ妨害されにくい。

6点:インフェルニティ・リローダー
解説:発動条件は厳しいがバーン効果とドロー効果を併せ持つ。実用性は兎も角、専用デッキを組めるレベル。

7点:インフェルニティ・ビートル
解説:インフェルニティデッキの中核を担うチューナー。分裂効果も悪くない。

6点:インフェルニティ・リベンジャー
解説:レベル8モンスターを乱発させたいならコッチ。決して弱くはない。

5点:返り咲く薔薇の大輪
解説:発動条件が若干厳しいが、これは良調整。ダメージステップ中に発動できないならマイナス2点。

5点:D・クリーナン
解説:視聴者応募カード。「D」は特殊召喚する方法に恵まれているので使えない事も無い。

6点:ローズ・バード
解説:破格のスペックだが、自爆特攻では効果が発動しない点は非常に残念。

6点:スポーア
解説:一度だけ自己再生できる植物族のチューナー。悪い効果ではない。

5点:フェアリー・アーチャー
解説:アドバンテージを失う事無くダメージを稼げる点は評価。役割としては「ステルス・バード」に近い。

4点:バイオファルコン
解説:機械族にリクルート効果を付与する。多分自身には付与できない。

7点:プチトマボー
解説:「プチトマボー」もサーチ可能なので簡単にモンスターを4体場に展開する事ができる。この点を活かしたい。

4点:マジドッグ
解説:ディスアドは軽減できるが、それでもイマイチ。何がしたいのかよく分からない。

3点:光霊使いライナ
解説:かわいいと思います。

4点:エレキリン
解説:打点自体は悪くない。

3点:エレキツネ
解説:「相手によって」の意味が分かりにくい。破壊されればターン終了と同等程度の価値を見出せる。

3点:エレキツツキ
解説:少し強くなった「隼の騎士」。イマイチ。

7点:コアキメイル・サンドマン
解説:「コアキメイル・ウルナイト」から展開できると良い感じ。「奈落の落とし穴」への実質的な回答にはならない。

4点:記憶破壊王
解説:局地的な活躍は見込める。「ドラグニティナイト-トライデント」とコンボ。

3点:デルタトライ
解説:「ゲットライド」内蔵モンスター。ユニオン自体の数は増えているので昔ほど使いにくくはないはず。

5点:トライゴン
解説:サーチ効果を付与するユニオン。光・機械デッキに入れれば活躍してくれるかもしれない。

6点:かつて神と呼ばれた亀
解説:「忘却の海底神殿」を上手く活用すれば自分への影響だけを最小限に抑える事ができる。攻撃表示のこのカードをどう維持するかが肝心。

8点:粋カエル
解説:「イレカエル」や「鬼ガエル」との相性が抜群に良い。このカードの登場で楽にモンスターを5体並べる事が可能に。

3点:電池メン-単四型
解説:ステータスに難有り。もうちょっと頑張れたはず。

5点:燃料電池メン
解説:除去効果を搭載した「フォルトロール」。場にモンスターを並べる事自体は楽なので、特殊召喚する機会は多い。

3点:キーマウス
解説:「巨大ネズミ」も「レスキュー・キャット」もサーチできない。もうちょっと頑張れ。

3点:A・O・Jコアデストロイ
解説:ライトロードメタとしては確かに優秀だが、もっと優秀なメタカードが数多く存在する。

5点:黒羽を狩る者
解説:発動条件がかなり厳しい。ATKは1900あっても問題無かった。

8点:神光の宣告者
解説:型にはまれば極めて強力なフィニッシャー。デッキ内のモンスター比率を相当高める必要がある。

7点:ブラックフェザー・ドラゴン
解説:エクストラデッキに「デス・ウォンバット」を入れる事が可能となった。バーン涙目。

6点:デーモン・カオス・キング
解説:視聴者応募カード。可もなく不可もなくといった感じの効果。戦闘ダメージは稼ぎやすい。

6点:インフェルニティ・デス・ドラゴン
解説:時と場合を選択できるのがシンクロの強みなので、発動条件はあってないようなもの。

6点:スプレンディッド・ローズ
解説:視聴者応募カード。墓地の植物族を除外して色々できる。

5点:カオス・ゴッデス-混沌の使者-
解説:「レベル・スティーラー」を絡めると比較的楽に出せる。イラストがキレイ。

2点:ブラックフェザー・シュート
解説:「スターダスト」や「我が身」によって阻害されない「シールド・クラッシュ」。発動コストさえ無ければの話だが…。

4点:黒羽の宝札
解説:良くも悪くも「闇の誘惑」の下位互換。

6点:ZERO-MAX
解説:効果自体は極めて強力だが、バトルフェイススキップの制約が足を引っ張る。

9点:インフェルニティ・ガン
解説:「インフェルニティ・デーモン」との組み合わせは反則的。今後の環境を賑わすであろう存在。

5点:無の煉獄
解説:非常にリスキーな1キル補助カード。ソリティアデッキの早期サレンダーが今以上に増えそう。

4点:妨害電波
解説:「妨害電波」発動後、「バトル・フェーダー」で攻撃を防ぐ事が出来れば美味しい。

3点:奇跡のピラミッド
解説:「奈落の落とし穴」に少しだけ強くなる。アンデット自体破壊に対する耐性が高い。

6点:天空の泉
解説:リクルーターとのコンボが極めて強力。重複して発動しない点は残念。

3点:ドラゴンレーザー
解説:速攻魔法である事が唯一の救い。基本的には「ライボル」の下位互換と思っていい。

3点:エレキューブ
解説:攻撃力の上昇値が心許ない。「団結の力」でほぼ事足りる。

4点:電磁シールド
解説:レベル3以下の雷族モンスター全てに戦闘耐性を付与。時間稼ぎには適している。

5点:ワーム・コール
解説:相手依存である必要は無かった。ワーム復活の兆し?

4点:氷結界の三方陣
解説:発動条件さえ満たせれば強力だが、「氷結界」の非力さがどうしても目立つ。

3点:鋼核初期化
解説:「コアキメイルの鋼核」を握ってしまった時点で不要カードとなる。握った場合も扱えるサポートが必要。

-点:宣告者の預言
解説:割合

4点:墓地封印
解説:局地的な活躍は見込める。エンド時まで持続する点も悪くない。

5点:シャイニング・アブソーブ
解説:光属性メタ。除去とパンプアップの両方が行える。

4点:苦痛の回廊
解説:剣闘獣を露骨にメタったカード。かわいそう。

3点:パワーフレーム
解説:攻撃対象に選択された時って事は、ダメージステップ中は発動出来ないのかなぁ。

3点:アサルト・スピリッツ
解説:ややこしい事書いてる割には大した事無いカード。

3点:ブロッサム・ボンバー
解説:ダメージ量は相当。ただ、この手のカードは速攻魔法であるべき。

3点:D・スクランブル
解説:「ヒーロー見参」も弱いが、このカードも相当弱い。

3点:パワー・ブレイク
解説:長い目で見りゃ強いのかもしれない。

4点:コアキメイルの障壁
解説:発動条件が厳しい。「鋼核緊急処分」の有用性が若干増した。

5点:異次元の隙間
解説:除外する枚数の増えた「ロスト」。4枚ぐらい除外できればまだ使えたかも。

3点:シンクロ・イジェクション
解説:除去する領域は違えど、ほぼ「強制脱出装置」の下位互換。

4点:混沌の落とし穴
解説:ライフコストが地味に痛い。

4点:BF-バックフラッシュ
解説:サーチ手段が豊富なので発動条件を満たす事自体はそう難しくない。時間さえ掛ければ満たせる。

3点:BF-アンカー
解説:攻撃力はモンスターをリリースしてまで稼ぐようなもんじゃない。

3点:ブラック・サンダー
解説:劣化「仕込みマシンガン」。

6点:ボム・ガード
解説:「1体」を破壊する効果に限るが、コスト不要な点はありがたい。

5点:ダメージゲート
解説:種族などを問わないので、蘇生カードとしては中々。優秀なモンスターを上手く蘇生したい。

4点:ハンドレス・フェイク
解説:手っ取り早くハンドレスの条件を満たすには便利だが、そこまでする必要はあるのか?

3点:インフェルニティ・リフレクター
解説:ダメージステップ中は「デーモン」の効果が発動しない。残念。

5点:インフェルニティ・ブレイク
解説:汎用性には優れるが、インフェルニティは墓地アド重視なので若干アンシナジー。

7点:インフェルニティ・インフェルノ
解説:露骨な1キル補助。墓地に必要なインフェルニティを送りつつ、ハンドレスの条件まで満たしてくれる。

| パック考察 | 19:00 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/534-2e57693a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。