PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

DREV点数付け

DREV点数付け






採点基準(10点満点)

10点-ぶっ壊れ。並み居る禁止カードと同等か、多くの場合はそれ以上の強さを持つ。

9点 -極めて強力。この1枚のためだけにでもコンセプトを散らす事を考慮すべきカード。

8点 -強力。コンセプトが合っていればデッキに入らない事はまずありえない。

7点 -デッキの主戦力を成すカード。

6点 -戦力として期待できるカード。

5点 -戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。

4点 -戦力になればラッキー。又はサイドデッキとしてなら使えるカード。

3点 -明らかに弱いカード。よほどカードプールが貧弱ならば出番があるかもしれない。

2点 -相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。

1点 -いかなる状況においても、メインにもサイドにも入ることはありえない。

(参考:MTG Wiki ドラフト点数表)



3点:アースクエイク・ジャイアント
解説:効果の誘発条件が「表示形式が変更された時」なのでとりあえず毎ターン仕事をこなせるが、サイクルリバースモンスターや「ドリームピエロ」で大概の場合は十分という。

6点:エフェクト・ヴェーラー
解説:止めにくい「禁じられた聖杯」。特定のモンスターに依存したコンボデッキなどには強いが、あくまでも効果のみしか無効化できないので肝心の攻撃自体は通ってしまう。そういう意味では向き不向きがハッキリと別れるカード。下級モンスターが優秀なデッキ(ライロやBF)には弱い。

2点:ダッシュ・ウォリアー
解説:レベル2以下でもなければ攻撃力500以下でもない。素直に18バニラを使ったほうがマシ。

2点:ADチェンジャー
解説:効果・ステータス共に大した事が無いのなら、せめて墓地に落としやすい種族か属性であるべきだった。

3点:牙城のガーディアン
解説:弱い。が、「オネスト」「カルート」「月の書」に対してはソコソコ強いので、稀に良い働きをしそうではある。

5点:おとぼけオポッサム
解説:ほぼ「森の番人グリーン・バブーン」とのコンボ専用。「次の自分スタンバイフェイズ時」では無いので、「森の番人グリーン・バブーン」が墓地に送られる度に墓地から特殊召喚すればとりあえず戦線に「バブーン」を維持する事ができる。

6点:虚栄の大猿
解説:特殊召喚効果とレベル変動効果を内蔵したチューナー。属性に優れており、強力な「ナチュル系シンクロモンスター」を比較的簡単に展開する事が可能。地味に見かける機会が増えそう。

3点:一角獣の使い魔
解説:「表側守備表示」という発動条件が厳しい上に、自分の場に他のモンスターが存在するのならシンクロ召喚のために使用しておいたほうが得策。コンボ向けのカード。

4点:モノケロース
解説:ディスアドバンテージ軽減効果を持ち合わせたシンクロ素材用モンスター。地属性ならば強力な獣族シンクロモンスター「ナチュル・ビースト」に繋げられただけに、若干残念ではある。また、如何にして「マジック・ストライカー」との差別化を図るか。

5点:異次元の一角戦士
解説:除外されたカードをフィールドに戻す役割としては悪くないが、通常召喚不可のデメリットが響く。「チューナー召喚後にこのカードを特殊召喚」という一連の流れが出来ない事は痛い。

6点:ユニバード
解説:墓地が肥え始めた中盤以降でなければ真価を発揮し辛いが、「シンクロ素材に使用できない」系のデメリットを無視できる点は魅力。「元々のレベルを合計した数以下のレベルを持つ~」なので、効果の有効範囲も広い。

2点:二角獣レーム
解説:5枚ぐらい削れてもいいはず。2枚はさすがに少なすぎる。

5点:マイン・モール
解説:「レスキュー・キャット」からの展開を期待したいが、肝心の「X-セイバー エアベルン」のレベルが3。これでは「ナチュル・ビースト」が出せない。「ナチュル・ビースト」に何か恨みでもあるのか・・・?今後に期待。

4点:トライデント・ウォリアー
解説:数値がデカくなった代わりに特殊召喚できる範囲が極端に狭まった「切り込み隊長」。ジャンの使用カードであるはずなのに、ジャンのエースモンスター「ライトニング・トライコーン」のシンクロ素材には使用できない不思議。

3点:デルタフライ
解説:レベル変動効果を持つドラゴン族・チューナー。「このカードだから出来る」という仕事が非常に少ない。まだ「ドレッド・ドラゴン」のほうが優秀。

3点:ライノタウルス
解説:発動条件が厳しすぎる。局地的な活躍しか見込めそうにはない。

5点:幻角獣フュプノコーン
解説:「奈落の落とし穴」に引っかからない点は優秀だが、肝心の永続魔法・罠を割れないようではダメ。発動条件自体も自身の低攻撃力と噛み合っていない。

6点:スクラップ・キマイラ
解説:召喚成功時に墓地から「スクラップ」と名のついたチューナーを蘇生する事ができる。この手のカードにしては珍しく、蘇生先モンスターの効果を無効化しない。「スクラップ・ドラゴン」をシンクロ召喚しても良いが、「スクラップ・キマイラ」自身のATKも言うほど低くは無いので、そのままアタッカーとしても使用できる。

4点:スクラップ・ゴブリン
解説:戦闘破壊耐性効果を持つチューナー。「スクラップ・キマイラ」でとりあえず蘇生して、「スクラップ・ゴブリン」の効果で「スクラップ・キマイラ」をサルベージし続けたりも出来る。「スクラップ・ゴーレム」との相性はピカイチ。

5点:スクラップ・ビースト
解説:「スクラップ・キマイラ」で蘇生したいモンスター。ATK自体も言うほど低くは無いので、「スクラップ・キマイラ」と同時にダメージを稼ぐ分には十分と言える。

2点:スクラップ・ハンター
解説:自身を破壊出来ても良かったのではないだろうか。現時点だとイマイチ。

5点:スクラップ・ゴーレム
解説:効果自体は強力なので今後化ける可能性は大いにある。

3点:エレキンギョ
解説:劣化「X-セイバー エアベルン」。「エレキマイラ」のシンクロ素材として使用する事はできるが、それぐらいしか利点が無い感じ。

2点:エレキツネザル
解説:「次の相手ターンのバトルフェイズをスキップする」なので1ターンのタイムラグが生じる。守りを固めるにしてもイマイチ。

3点:エレキジ
解説:バトルフェイズ中に除外して何がしたいのか。しかもエンドフェイズ時に除外したモンスターが戻ってくる始末。どうしようもない。

3点:ナチュル・モスキート
解説:「ナチュル・クリフ」「ナチュル・ビーンズ」とコンボ。

4点:ナチュル・ビーンズ
解説:同系統の効果を持つ「ナチュル・バタフライ」のほうが幾分か優秀。バーン効果自体は悪くないが、このスペックならチューナーであるべきだった。

7点:ナチュル・バンブーシュート
解説:非常に強力な効果を持つ。魔法・罠に依存したデッキはこのカード1枚で詰む可能性も。(ヒーローやインフェルニティなど)

6点:アマゾネスの賢者
解説:ダメージステップ中に破壊できる点が良いし、「奈落の落とし穴」で破壊されない点も魅力。効果発動の機会は意外と多そう。

5点:アマゾネス訓練生
解説:リクルーターなどを封殺する事ができるので局地的な活躍は見込める。

5点:アマゾネス女王
解説:戦闘によっては破壊されない上級モンスター。「アマゾネス」は魔法・罠が優秀なので、このカードにまでお呼びが掛かるかは不明。

4点:ロックキャット
解説:コンボ向け。「魔轟神獣ユニコール」への布石。

3点:エレファン
解説:除外する行為自体がコンボ要素を含むので若干扱いにくそう。

7点:シンクロ・フュージョニスト
解説:「未来融合」や「ミラクル・フュージョン」をサーチする事が可能なチューナー。融合を軸としたデッキなら採用する価値あり。ただしエクストラデッキは圧迫される。

5点:野望のゴーファー
解説:条件さえ満たせてしまえば毎ターン相手モンスターを破壊する事が可能となる。が、あくまでも条件を満たせた場合の話。見せてもらったカードを「異次元の指名者」で打ち抜くなどして補助すれば何とかなるか?

4点:ファイナルサイコオーガ
解説:半上級であるべきスペック。サイキック族版オネストでもありゃ話は別なんだろうけど、現時点でそういったカードは存在しない。

5点:波動竜騎士 ドラゴエクィテス
解説:大抵の場合は融合素材として使用したドラゴン族シンクロモンスターを除外する事となる。それなら融合召喚する必要は殆ど無いわけで、「ミラクル・シンクロフュージョン」で特殊召喚するにしても墓地からドラゴン族シンクロモンスターを1体除外する必要があるので、効果の発動条件を満たす事さえ難しい。そういう意味ではサイズの大きくなった「デス・ウォンバット」的なカードであり、ヒーローデッキにおける「超融合」の有用性を若干増幅させた程度のカード。

8点:アルティメットサイキッカー
解説:強力な破壊耐性を持つフィニッシャー。サイキック族シンクロモンスターはレベルが分散しているため非常にシンクロ召喚しやすく条件を満たしやすい。また、ライフアドバンテージを根こそぎ奪ってしまう効果自体も非常に強力。

5点:サンダー・ユニコーン
解説:実質ATK2700のシンクロモンスター。【魔轟神】デッキならば難なくシンクロ召喚する事ができる。派生先としては優秀なので1枚程度なら採用しても良いのではないだろうか。

6点:ボルテック・バイコーン
解説:デッキ破壊効果を持つシンクロモンスター。非常に多くのカードを墓地へ送れるため、使い回す手段さえ確保できればデッキの主戦力として機能する。ただ、発動条件がやや受動的な点は若干残念としか言いようが無い。

5点:ライトニング・トライコーン
解説:「サンダー・ユニコーン」「ボルテック・バイコーン」を蘇生する効果を持つシンクロモンスター。「状況に応じて特殊召喚する事ができる」というシンクロモンスターの特性を上手に活用する事ができる。つまり、上記モンスターが墓地に存在しない場合は出さなければ良いだけの話。

8点:スクラップ・ドラゴン
解説:お互いのフィールド上に存在するカードをそれぞれ1枚ずつ破壊する事ができるシンクロモンスター。除去不足だったレベル8域シンクロモンスターにも遂にまともな除去効果を持つモンスターが登場した。継続的に除去できるため、場合によっては「裁きの龍」などに近い働きをする。

6点:エレキマイラ
解説:ドローロック効果を持つシンクロモンスター。効果自体は非常に強力なので、積極的にシンクロ召喚しても良いはず。上手い事噛み合えば、このカードの攻撃が通った時点で勝ちを拾う事ができる。そういう意味では「ヤタガラス」に近い。

3点:死角からの一撃
解説:発動条件の厳しいコンバットトリックカード。大抵の場合は「シールド・クラッシュ」で事足りるのだが、相手の場に高守備モンスターが存在する状況下で攻撃された場合はその限りで無い。

6点:ダブルサイクロン
解説:コンボ向けサイクロン。「ゴブリンのやりくり上手」や「サクリファイス」などと合わせて使うと効果的。

7点:スクラップ・エリア
解説:現状だとレベル3チューナーとレベル4チューナーの内何れか1体をサーチする事ができる通常魔法カード。地味に「マジック・ストライカー」との相性が良い。このカードと「マジック・ストライカー」が手札に存在する場合、「ナチュル・パルキオン」か「ナチュル・ランドオルス」の何れかをシンクロ召喚する事が可能に。

5点:スクラップ・リコール
解説:疑似的な「おろかな埋葬」。「スクラップ・エリア」と「スクラップ・リコール」が揃えば、とりあえず次のターンに「スクラップ・ドラゴン」を展開する事が可能となる。(エリアでビーストをサーチし、リコールでキマイラを墓地に送りつつビーストを破壊する。その後ビーストの効果でキマイラを手札に回収。)

2点:スクラップ・ポリッシュ
解説:この性能なら「突進」でほぼ事足りる。

6点:エレキュア
解説:条件が緩い上に永続魔法なので、非常に多くのライフを得る事ができる。「エレキ」との相性自体も良い。

4点:ナチュルの森
解説:サーチ範囲が狭い。レベル制限は別に無くても良かったのではないだろうか。

4点:ランドオルスのヒカリゴケ
解説:速攻魔法かと思いきや通常魔法。評価を下げる理由はそれだけで十分だ。

8点:アマゾネスの里
解説:「アマゾネス」に戦闘・効果耐性を付与するフィールド魔法。「破壊されたモンスターのレベル未満」ではないので、同レベルモンスターもサーチする事が可能。欠点らしい欠点が見つからないので、【アマゾネス】を使用する場合は積極的にこのカードも採用すべき。

5点:アマゾネスの闘志
解説:【アマゾネス】版「魔天楼-スカイスクレイパー」。【アマゾネス】を戦士族で統一する場合は「一族の結束」を優先すべきだが、他種族モンスターも採用する場合はこちらにも分がある。そういう意味では相互互換に近いカード。

3点:ビーストレイジ
解説:発動条件が厳しい割にはパンプアップ値が心許無い。【次元】に混ぜればそれなりの活躍は見せてくれるが・・・。

8点:ミラクルシンクロフュージョン
解説:現状のラインナップだと【サイキック】専用カード。今後に期待。

2点:疫病
解説:攻撃を防ぐだけなら「呪魂の仮面」で良いし、攻撃力を0にして除去したいのなら「地割れ」で良い。

5点:災いの装備品
解説:継続的に使用できる「団結の力」と考えれば弱くない。相手と自分の場にモンスターが複数存在するようなケースだと活躍する。

4点:賢者の聖杯
解説:「墓地送り」をコストとするカード全般や「ユニバード」との相性が良い。

7点:召喚の呪詛
解説:「ブラック・ガーデン」とのコンボが超強力。コンボ向けカード。

9点:強欲で謙虚な壺
解説:非常に強力なドローソースであらゆるデッキに採用する事ができる。

2点:死力のタッグ・チェンジ
解説:永続罠である点は救い。即時性に優れるなどコンボ要素を多く含んでいるので、今後化ける可能性はある。

3点:闘争本能
解説:出してどうする。

3点:野生の咆哮
解説:このカードか獣族が重複すればするほど効果ダメージ量が増幅する点は腐りにくいので良い。

5点:パラレル・セレクト
解説:ダメージステップ中に発動できるのなら5点。不可なら3点。

5点:波動再生
解説:ダメージを半減しつつシンクロモンスターを完全蘇生できる。局地的な活躍は大いに見込める性能。

4点:波動障壁
解説:発動条件付き「重力解除」+「魔法の筒」。効果自体は中々強力なので、余程の事が無い限り腐りはしないはず。

6点:連鎖旋風
解説:除去カードを満載したメタビート向けのカード。また、【スクラップ】との相性も良い。

2点:スクラップ・カウンター
解説:大した事無い効果の癖してデメリット効果持ち。

2点:エレキャノン
解説:回数制限が不要。「波動キャノン」で多くの場合は事足りる。

5点:アマゾネスの意地
解説:「アマゾネス」専用の蘇生カード。「アマゾネス女王」を蘇生できると美味しい。

3点:女王の選択
解説:発動条件が意外と厳しい。永続罠でも良かったはず。

-点:ビーストライザー
解説:ダメージステップ中に発動できる?巻き戻しは発生する?よく分からない。

6点:幻獣の角
解説:パンプアップ値に優れている。ドロー効果もオマケにしては悪くない。

6点:パラドックス・フュージョン
解説:「アブソルートZERO」を除外して発動できると美味しい。

9点:神の警告
解説:圧倒的なスペックを誇る対召喚型のカウンター罠。とりあえず1枚差しておけば大いに活躍するはず。

4点:反魔鏡
解説:局地的メタカード。相手に依存した条件が厳しい。

6点:威風堂々
解説:「リクルーター」全般はもちろんの事、「オネスト」や「カルート」に対しても強い。

3点:ライト・オブ・デストラクション
解説:ライトロード相手に発動できると凄い勢いでデッキが削れていく。その光景自体は見物だと思う。

| パック考察 | 19:00 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/565-e3c631c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。