PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

インフェルニティあれこれ3

殴り書きは分かりにくかったので加筆修正した上で再度投稿。



【 DREV発売前後に試した事とか 】

□相性良かったカード編

・「強欲で謙虚な壺」

疑似的な「天使の施し」。先攻時の初手にあると非常に心強い。ただし、cgiのようなワンショットキル環境下だと「特殊召喚不可」のデメリットが若干気になるかなぁとは感じております。ポジションとしては1ターン早い「封印の黄金櫃」といったところでしょうか。

・「インフェルニティ・ブレイク」

「ZERO-MAX」からコンボを始動した場合相手に一度ターンを渡す必要があるので、その際のアフターケア要因として改めて採用。「ZERO-MAX」採用型ならほぼ必須クラスかと思います。あると無いとでは雲泥の違い。

・「サンダー・ブレイク」

改めて採用。【魔轟神】【猫】【クイックダンディ】辺りと早さ比べする分には優秀。それ以外を相手にした場合だとジリ貧状態に陥りやすいという欠点も。

・「手札抹殺」

これが原因して負ける試合よりもこれが起因して勝てる試合のほうが多かったので1枚程度ならありな印象でした。何より「初手全部モンスターで負けが確定した」なんて状況が少しでも解消される点が良かったです。

・「抹殺の使徒」

先攻・後攻のテンポ差を入れ替えるカード。相手先攻時の初手「ライコウ」セットを潰す分には優秀でした。

・「荒野の大竜巻」

発売後すぐに試してみたのですが、意外と「弾圧」を割れるチャンスが無くてビックリしました。セット状態のままゲームを終える事が多々。

・「ヘルウェイ・パトロール」

「ダーク・グレファー」で落とす暇が無いようなワンショット環境下だと少し邪魔ですね。墓地肥やしの速度を優先する場合は基本的に外れます。





【 戯言 】

形としてはほぼ出来上がっているデッキだと思うので、根本的な構築を見直して遊びたいのなら「インフェルニティ・インフェルノ」「ダーク・グレファー」の2種辺りから見つめ直すべきかなぁとは感じてます。

基本的にこれら2種は「ディスアド覚悟でワンショットの準備を整える」カードであり、これらを絡めた上でコンボをスタートする限りはワンショット失敗後の脆さが永遠に付き迷うのではないでしょうか。

故に個人的な感想としては、上記2種を採用する場合は「ワンショット失敗後のアフターケア」を想定するよりも「ワンショット自体の成功率を伸ばすべき」だと感じております。


また、これは個人的な予想となりますが、メタ要素を含む【BF】が【魔轟神】【猫】【クイックダンディ】辺りの物量デッキに若干圧され気味なので、しばらくしたらほぼワンショットキル一色の環境になりそうな気がしないでもないです。

| デッキ考察 | 19:00 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/581-fc265eac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。