PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドラグニティあれこれ

あれこれ言う事でも無いのですが利点と欠点のおさらい。



【利点】

・「ガジャルグ」による鳥獣族、またはドラゴン族のサーチ

動き自体は相当地味ですが、「ドラグニティデッキ」における最大の長所はコレかなぁ。

「D.D.クロウ」を能動的にサーチする動きは他のデッキではまず真似できない芸当。

「竜の渓谷」の登場によって、1ターン目からその流れを作りやすくなったのも美味しい。


・「竜の渓谷」によるモンスター切れの防止

感覚的には「HERO」に近い動き。アドバンテージ自体は増えないけれども、

何となくモンスターだけは切れない感じ。この手のタイプはメタ要素を絡ませやすい。


【 欠点 】


・召喚権の問題

1ターンに1度の「召喚」でアドバンテージ差を切り開いていくタイプのデッキなので、

「召喚」という行為そのものが打ち消されると非常に脆く、崩されやすい。

個人的には空いた場を補完できる「サイバー・ドラゴン」的なモンスターが必要。

「サイドラ」系と同じ特殊召喚と言えど、「レダメ」「レヴァテイン」「ミスティル」の3種は

「召喚」という行為そのものから派生するカードなので欠点を補っているとは言い難い。


特に「レダメ」はアドバンテージを獲得するまでに1ターン必要となるので、

とりあえず入れとけって感じのカードでは無いなぁってのが個人的な結論。


「レヴァテイン」は「トラドラ」へのシンクロ召喚の布石として考えればありなんだけど、

ちょっとオフェンスに特化しすぎている節がある。1枚ある分には便利なんだけどねぇ。

| デッキ考察 | 19:00 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/601-a94aafee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。