PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

使用感

「ドラグニティ」「インフェルニティ」「ガスタ」「魔轟神」など、新制限後の使用感とか。



<インフェルニティ>

シンクロ3連打に持っていくまでの作業が若干めんどくさくなった印象。要するに結果を導き出すための過程がやや面倒くさくなりました。ただ、フィニッシュパターン自体は今までと全く変わり無いので、結果自体は今までと何ら遜色無いように思えます。つまりは相変わらずのワンショットキルデッキという事。また、劣勢をひっくり返す「ブラック・ホール」や単体蘇生カードである「死者蘇生」の復帰も何だかんだで大きいので、相対的に弱体化したようにはあまり感じられません。


<ドラグニティ>

「竜の渓谷」を「サイクロン」で割られるパターンが増えたので、「Sin スターダスト」の存在意義が今まで以上に増したように思えます。ただ、最大の問題点は「アキュリス」の裁定変更ですね。相手の魔法・罠カードを除去した後、「アキュリス」の効果を強引に発動して相手フィールド上に裏側表示で存在するモンスターを破壊するなんて芸当がやり辛くなったので、相対的に言えば弱体化したのではないでしょうか。「ブラック・ホール」や「死者蘇生」の恩恵もそこまで強いとは言い切れませんので。(ボードコントロールを軸としたデッキなので、「ブラックホール」の発動タイミングが若干限られてくる)


<ガスタ>

殴り主体のデッキとはある程度戦えるのですが、非殴り主体のデッキ(IFやドラグニティ)と対峙した際は相当厳しいように思えます。また、【ガスタ】はボードにモンスターを並べながら戦うタイプのデッキなので、「ブラック・ホール」復帰の影響をモロに受けてしまったのも厳しいですね。現状のラインナップですとまだまだ実戦投入は厳しいのではないでしょうか。


<魔轟神>

通常魔法主体型のデッキなので【X-セイバー】が本格的に参戦し出すと「ナチュル・ビースト」をそれなりに見掛けるようになるはずなので、若干厳しいように思えます。また、こちらも【ガスタ】同様「ブラック・ホール」の復帰が若干厳しいのではないでしょうか。特に「対IF戦」で猛威を奮っていた「ユニコール」が「ブラック・ホール」1枚で処理されるケースが増えました。生命線とも呼べるカードだったので、この改正は痛い。

| 雑記 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/629-515137a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。