PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハムスターフレムベル

「素早いビッグハムスター」の恩恵を受けたであろうデッキカテゴリーの一つ。追記でレシピ。



モンスター(20枚)
冥府の使者ゴーズ
素早いビッグハムスター×3枚
ライトロード・ハンター ライコウ×3枚
ライトロード・シーフ ライニャン
フレムベル・ヘルドッグ×3枚
ネオフレムベル・ヘッジホッグ×3枚
ネオフレムベル・サーベル×3枚
ネオフレムベル・オリジン×3枚

魔法(16枚)
魔法石の採掘×2枚
封印の黄金櫃×2枚
真炎の爆発×3枚
死者蘇生
光の援軍
月の書×3枚
ブラック・ホール
ハリケーン
サイクロン×2枚

罠(4枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
激流葬

エクストラデッキ
エンシェント・ゴッド・フレムベル
他、お好みで


【 狙い 】

「ライトロード・ハンター ライコウ」を使い回し、場を荒らしながら墓地を肥やす。
そして充分に墓地が肥えたところで「真炎の爆発」を発動し、ゲームエンドかそれに近い形まで持っていく。


【 解説 】

「素早いビッグハムスター」の登場によって「ブロッカーの生成と墓地肥やし」の両方が可能になった点は非常に大きい。

従来の【フレムベル】は墓地が肥えるまでの間ほぼ防戦一方であり、いくら相手の攻撃を凌いだところで「墓地肥やしに失敗」した時点で敗色濃厚な不安定なデッキだった。所謂、「フレムベルが強いのではなく真炎の爆発が強い」と言われる所以がこれだろう。(守りから攻めに転じるデッキなのにも関わらず、守りという分野が苦手過ぎた。)

しかし、「素早いビッグハムスター」の登場でその問題は大きく解消され、序盤の「ブロッカーの生成」とそこから発生する「ライトロード・ハンター ライコウ」による「墓地肥やし」が可能となった。つまり安定性を得たという事になる。

下級モンスターの質など問題点はまだまだ多いが、課題とされていた安定性の問題点を解消できた事は何よりも大きい。


【 各カードの狙い 】

・「ライトロード・シーフ ライニャン」

「素早いビッグハムスター」と「光の援軍」を共有する場合、どうしても「ライトロード・ハンター ライコウ」が先に弾切れを起こしてしまう。そういった「弾切れ問題」をある程度緩和してくれるので採用。


・「ネオフレムベル・ヘッジホッグ」

「ビッグハムスター+ライコウ+ヘッジホッグ」で「氷結界の龍 トリシューラ」をシンクロ召喚できる。破壊された際に誘発する効果もソコソコ優秀。


・「ネオフレムベル・サーベル」

レベル4の非チューナーである事が大事。ただし、今後優秀な「守備力200・炎属性・レベル4」モンスターが登場するば当然そちらに差し替える。


・「ネオフレムベル・オリジン」

極稀に特殊召喚できるレベル2・チューナー。自身の効果による特殊召喚自体は殆ど狙えない。足を引っ張る要因となっているカードなので基本的にはアウト候補。

| デッキレシピ | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/639-d258340f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。