PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

チームユニコーンは獣のようなおホモ達。

とどのつまりは【獣シンクロ】。追記でレシピ。



モンスター(22枚)
冥府の使者ゴーズ
素早いビッグハムスター×3枚
森の番人グリーン・バブーン×3枚
虚栄の大猿×3枚
ライトロード・ハンター ライコウ×3枚
チェーンドッグ×3枚
グローアップ・バルブ
キーマウス×2枚
X-セイバー エアベルン×3枚

魔法(12枚)
貪欲な壺×3枚
死者蘇生
光の援軍
月の書×3枚
ブラック・ホール
スケープ・ゴート
サイクロン×2枚

罠(6枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
激流葬
リビングデッドの呼び声
ダスト・シュート

エクストラデッキ
サンダー・ユニコーン
ナチュル・ビースト
ボルテック・バイコーン
ライトニング・トライコーン
他、お好みで


【 狙い 】

「森の番人グリーン・バブーン」や「ライトニング・トライコーン」など、効果破壊に耐性を持つ獣族モンスターで押し切る。「ナチュル・ビースト」などの「ナチュル系シンクロモンスター」を展開し、相手の行動を抑止できる点も魅力っちゃ魅力。


【 各カードの解説 】

・「ライコウ」

優秀な獣族モンスター。リバース時、運が良ければ「バブーン」や「チェーンドッグ」などを墓地送りする事も出来る。基本的にはこのカードが起点であり、打破困難な状況を打ち破るのもこのカードの役目である。


・「虚栄の大猿」

特殊召喚可能なチューナー。レベル変動効果を持ち合わせているため、「素早いビッグハムスター」とのシンクロも可能。起点とまでは呼べないが、手札に来た「バブーン」や「チェーンドッグ」を捨てつつ場に出せるためゲームのテンポ自体が良くなる。


・「バブーン」

相変わらず優秀。裁定が色々と変わり扱い難さは格段に増したが、それでも中核を担うだけのスペックは保持している。レベル1チューナーモンスターとのシンクロ召喚にも適している。


・「サンダー・ユニコーン」

「ライトニング・トライコーン」への布石。


・「ボルテック・バイコーン」

自分のデッキも削れる点がポイント。「バブーン」や「チェーンドッグ」が高確率で墓地に送られるので、その後のゲーム展開がやや楽になる。決して弱くは無いのだが、ゲームを決めるだけの強さを持ち合わせているわけではないので、あくまでも補助的な意味合いで活用している。


・「ライトニング・トライコーン」

下準備さえ揃えば非常に優秀。ただ、その下準備を揃える作業が意外と大変だったりする。


【 戯言 】

初期アンドレの使用した「バブーン」「大猿」の二種のみが優秀な印象。他は発動条件がどれも厳しく、実用性に欠ける感じ。今後チームユニコーンのカードが増える事はまず無さそうなので、生粋のファンデッカーの方にとっては苦難の道を強いられるのではないでしょうか。(私は生粋のファンデッカーとまではいかないので、シナジー形成さえ成されていれば関係性の薄いパワーカードとかまでガンガン詰め込んじゃいます)

| 原作デッキ | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/640-5f86aded

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。