PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

リチュアとラヴァル

主に回したデッキがこの二種だったので、ちょっと感想など。

追記で感想。



<リチュア>

先攻ハンデスからのハメゲーが基本的な戦術。前半のペースはほぼ間違いなく掴める上、ゲーム展開も比較的緩やかに進むので、問題は相手の「魔法・罠のセットカードによるハンデスの抑制」に対してどのような回答を導きだせるか。

視覚的にはアド差3なんて事態は頻発するものの、リチュア側の手札を実際に見てみると「相手にターンを受け渡す=コンボが途切れた時」である事が大半なので、その時の手札だけではろくに動けないような状況が多々。要するに、視覚的にはアド差は離れているものの、実質的なアドバンテージ差はさほど開いていないという事態に陥りやすい。

で、そのままのペースでずるずるとターンが長引けば、相手はセットカードを一気に解放して仕掛けてくる可能性が極めて高く、凄まじいアド差は開いたけれどワンショットキルで負けたなんて事にも成り得ると感じた。

故に現状だと、ハンデスを決めた後如何にして「ブラックローズ」(セットカードの除去)か「インヴェルズ・ローチ」(逆転の芽を摘む)を通すかが課題と言えば課題。基本的なギミック自体はほぼ出来上がっている上にそのギミック自体もアホみたいに強いので、上手い事折り合いを付けながら調整していけば相当強そうなデッキではあると感じました。「バルブ」を落とせばそのまま「ブラックローズ」に繋げられる「テトラオーグル」とか良い感じなのではないでしょうか。

それと対戦してて思ったのですが、「リチュア・エミリア」が超ウザイです。毎ターン「トラップスタン」とか正気の沙汰じゃねえ!


< ラヴァル >

色々試行錯誤を重ねてはみたものの、結局の所は「真炎の爆発」を如何にして手札に加え、そして通すか。これに尽きると思います。

「淑女」や「胎動」の登場によって「墓地を除外する」ギミックが増えたので、「カードガンナー」などを用いて墓地を肥やしていけばそれだけで墓地を除外する事が可能となり、「ラヴァル・キャノン」の使い勝って自体も以前より相当向上しています。

また、「ラヴァル・キャノン」を握っていれば「封印の黄金櫃」が間接的な「おろかな埋葬」に化けるので、状況に応じて「封印の黄金櫃」で「真炎の爆発」をサーチするか「淑女」などを除外して「ブラックローズ」に繋げるかの選択肢を選べるようになったのも大きいのではないでしょうか。

上記コンボ自体は以前からも可能ではありましたが、それ以外の方法で「ラヴァル」を除外する手段がとにかく乏しかったので、以前のままですと「ラヴァル・キャノン」を採用するかどうかは個人の判断に委ねられる所が大きかったと思います。そういった意味でも、「淑女」や「胎動」の登場は非常に大きな恩恵をもたらしてくれたはずです。

後は「ラヴァルのマグマ砲兵」の登場も追い風と言えば追い風で、以前よりも「真炎の爆発」から「エンシェント・ゴッド・フレムベル」へと繋げる事が比較的楽になりました。全てのデッキに対して有効かどうかと問われれば少し疑問の残るカードではあるのですが、選択肢の一つとしてはそれなりに優秀なので「ラヴァル・ランスロッド」を入れるよりかは幾分か増しかなと感じております。(淑女のレベルが3という点も、ランスロッドの採用を躊躇させる理由の一つとなっています)



< 試してみた事 >

【リチュア】はRYO様が使用していたので特に試した点は無し。色々試行錯誤は繰り返してたみたいです。


【ラヴァル】に関しては、「ライロ」を混ぜた形や「炎塵」によるパーマネント破壊に特化した形とか色々試してはみました。

「ライロ型」は早いターンからのぶん回しを意識。ただ、いくらぶん回したところで「真炎の爆発」一本では勝ちには届かず…、そうなるとぶん回らなかった場合のデメリットのほうが大きく感じたので結局断念しました。そもそも「ソラエクが発動出来て、効果で爆発を引けて、尚且つラヴァルが墓地にたくさん落ちて~」なんてケースはほぼあり得ません。そりゃ何戦か交えりゃ起こり得る事なのかもしれませんが、大抵は「ソラエク」だったり「爆発」だったりが疎らに届いて、そのままどちらも発動出来ず圧死なんて事が多かったです。

「炎塵型」は「ライロ」や「カーガン」で毎ターン墓地を肥やし、その都度「炎塵」の発動条件を満たそうといった目論見のもと制作しました。結果は同上。1枚見れば相手もそれなりに警戒して動いてくるので、相手にとっての大きな被害も一度きりしか狙えませんでした。ただ、腐ってもフリーチェーン可能なリセット呪文なので、奇跡的な組み合わせさえ見つかれば、もしかしたら、と淡い期待は寄せておきます。

で、結局巡り巡って「爆発型」に安定。「櫃」を経由した「キャノン」からのシンクロ召喚が強いのと、「淑女」によるセットカードの破壊が「爆発」発動の下準備を行ってくれるので、以前よりかは「爆発」を通しやすくなったよう感じます。

| デッキ考察 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/671-f972263c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。