PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラヴァルデッキと考察

テンプレ的なラヴァルデッキとその考察。

追記でレシピと考察。



<下級モンスター 20枚>
フレムベル・ヘルドッグ×3
ラヴァルのマグマ砲兵×2
ラヴァル・ガンナー
ラヴァル・キャノン×3
カードガンナー×2
ラヴァルの炎車回し×2
ラヴァル炎湖畔の淑女×3
ラヴァル炎樹海の妖女
ラヴァルの炎火山の侍女×3

<魔法カード 12枚>
おろかな埋葬
ハリケーン
死者蘇生
真炎の爆発×3
増援
封印の黄金櫃×3
未来融合-フューチャー・フュージョン
ブラック・ホール

<罠カード 8枚>
炎塵爆発
異次元からの帰還
炎渦の胎動
激流葬
神の宣告
聖なるバリア-ミラーフォース-
奈落の落とし穴×2

<エクストラデッキ>
起爆獣ヴァルカノン
ラヴァルバル・ドラグーン
ラヴァルバル・ドラゴン
他、お好みで


【 狙い 】

「ラヴァル」を墓地に送って「真炎の爆発」「炎塵爆発」の威力を高める。
また、「妖女」を経由した上でシンクロ召喚を行えば「真炎の爆発」からの1ターンキルも狙える。


【 解説 】

理想的な初手の流れとしては「封印の黄金櫃」で「妖女」を除外し、「ラヴァル・キャノン」で帰還。
「ラヴァルバル・ドラグーン」をシンクロし、「侍女」の連鎖を利用して「侍女×3、何か×1」を墓地に送る。
これで下準備はほぼ完了し、やっとスタートラインに立てます。

また、その際に「真炎の爆発」があれば「侍女×3、砲兵×1」を蘇生し手札の増強も狙える。方法は以下の通り。

侍女+砲兵=ライブラリアン
侍女+バルドラグン=ウルベルムなど
侍女+ウルベルム=スターダストなど

これで手札2枚増加。更に「真炎の爆発」があれば、相手の墓地を除外しながら手札を2枚増加できる。

蘇生:侍女×1 妖女×1 砲兵×1

妖女+砲兵=ウルキサス
侍女+ウルキサス=エンシェント・ゴッド・フレムベル

で、最終的な場としては「ライブラリアン スターダスト エンシェントゴッド」となる。
合計ATKは2400 2500 2500なので7400。「エンシェントゴッド」で相手墓地を3枚除外できれば8000到達。
「スターダスト」ではなく「ギガンテック」を場に出していたのなら、1枚除外で8000到達となる。
(キャノンとウルベルムが墓地に存在するので、ギガンテックのATKは3000となる)

相手フィールド上のカードが邪魔な場合はシンクロの順番・対象を変更する事で対応する事も可能。

砲兵+侍女=バルドラゴン
妖女+ライブラリアン=ステライド

最終的な場としては「ライブラリアン スターダスト バルドラゴン」の3体。
「妖女」のパンプアップ効果が最後に発生するので、最終的な攻撃力は以下の通りとなる。

2000 2700 2500 → 3200 3900 2500=9600



【 1キルパターン考察 】

墓地はある程度自由とし、「真炎の爆発」1枚からの1キルパターンを考えてみる。なるべく現実的な範囲内で。
また、相手の場を除去する必要があるので「ラヴァルバル・ドラゴン」のシンクロ召喚は必須とする。

墓地:妖女×1 マグマ砲兵orヘルドッグ×2(内1体は砲兵) 侍女×3
蘇生:妖女×1 マグマ砲兵orヘルドッグ×2(内1体は砲兵) 侍女×2

侍女(1)+砲兵orヘルドッグ(4)=バルドラゴン(5)
妖女(2)+砲兵orヘルドッグ(4)=バルドラグン(6)

2500 2000 100(パンプ前)→ 3300~3500 2800~3000 900~1100=7000~7600

「ヘルドッグ」の攻撃が通れば下準備が全て揃うため、比較的多発するパターン。攻撃だけでは届かない。「マグマ砲兵」の効果で「ラヴァル」を1回捨てれば届く(計8100~8700となる)


墓地:妖女×1 マグマ砲兵×1 ランスロッド×1 侍女×3
蘇生:妖女×1 マグマ砲兵×1 ランスロッド×1 侍女×2

侍女+砲兵=バルドラゴン
妖女+ランスロッド=ステライド

2700 2000 100 → 3700 3000 1100=7800

届かない。「マグマ砲兵」の効果を1回発動すれば届く。


墓地:妖女×1 マグマ砲兵×2 ヘルドッグ×1 侍女×3
蘇生:妖女×1 マグマ砲兵×2 ヘルドッグ×1 侍女×1

侍女+ヘルドッグ=バルドラゴン
妖女+砲兵=バルドラグン

2500 2000 1700 → 3500 3000 2700=9200

必要な墓地ソースは多いが、届く。


他、墓地が肥えた状態で「妖女」を経由したシンクロ召喚を行えば大体届く。

| デッキレシピ | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>>シュウさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

ラヴァルデッキに関してですが、爆発力は申し分無いのとは裏腹に、
モンスターの基本性能の低さや墓地誘発効果の発動条件から、
非常に事故率の高いテーマデッキとなっています。

特にチューナー勢が問題で、基本ステータスの低さと切りにくさの二つが
相まって、「竜の渓谷」登場以前のドラグニティを彷彿とさせる腐りっぷり。
その点をどうやって解決していくかがラヴァルにとっての課題だと感じています。

| UYS | 2011/05/12 23:20 | URL | ≫ EDIT

初めまして シュウと申します。
ラヴァルデッキを参考にさせてもらってます

細かいところまで考えているのでとても勉強になりました。

| シュウ | 2011/05/05 15:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/674-01391098

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。