PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラヴァルあれこれ

試してみた事とか色々と


・「ラヴァル」+「ヴォルカニックロケット」

手札から「淑女」「侍女」「妖女」を捨てるため採用。
必要な場面で必ずしも上記3種と「ブレイズキャノン」があるわけも無く、
その上デッキスペースも食っちゃう。「ロケット」込みで考えるとちょっと微妙かなぁ。

ただ、「ブレイズキャノン」単体を1枚だけ採用する程度なら辛うじてアリといった所。
モンスターを永続的に破壊できる土台は一応これで作れますし、2枚目以降が来て腐る事も無いので。
(重複して効果を発揮するカードではないので、2枚目以降は必然的に腐る。)

それと、「ブレイズキャノン」を手札コストとして計算するなら「胎動」のほうが適してますし、
そもそもハンドアドが増えているわけではないので手札コストとして計算するカードでは無いってのが持論。


・「魔法石の採掘」

必要なキーカードを回収するにはデッキを掘り下げる必要性が生じるため少し遅い。
「ドラグーン」の参入で手札を切る手段にも恵まれましたし、「キャノン」が逆転の一手として
よく働いてくれるので、別に「真炎の爆発」一本に頼る必要も無いかなぁと。


・「ライトロード」(ソラエク採用型)

初速の早さと引き換えに事故率が上昇といった感じの内容。
「ソラエク」を採用すると「ライトロード」を手札に溜め込むプレイングが要求されるので、
初手の段階で「ソラエク」を打ち込めないと厳しい立ち回りを要求される。

ただ、「光の援軍」は準備動作無く打ち込めるので強い。
が、「侍女」の効果が誘発するわけでもなければ、
墓地に「ラヴァル」を100%送れるわけでもないので、
デッキに4枚前後の空きがあるなら採用圏内といった所かな、と。
(援軍1枚、ライトロード2~4枚で大体3~5枚のスペースを食う)


・「バーナーとコカトル」

「墓地にラヴァル3種以上」で特殊召喚できるモンスターを採用した形。
「ドラグーン」のシンクロ召喚に成功するか、「炎車」の効果発動に成功すれば大体条件は満たせる。

しかし上記2種だけでは根本的な解決に至りにくく、場をひっくり返す事も出来ない。
また、「淑女」の効果を発動し尽くすと墓地のラヴァルが2種になってしまうなんて自体も
まぁ起こり得るので、従来の「淑女で場を掃除して特殊召喚を刻む」戦い方とは若干シナジーしない。
故に個人的には無いかなぁと感じています。

| モンスター考察 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/675-ddec7881

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。