PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

グランの存在が鬱陶しい

《N・グラン・モール》の考察記事。

+ぷらす

このカードが登場するとどのようなデッキが減少し、どのようなカードが増加するか予想。



《N・グラン・モール》
地属性 岩石族 星3
ATK900 DEF300
このカードが相手モンスターと戦闘を行う場合、ダメージ計算を行わず相手モンスターとこのカードを持ち主の手札に戻す事ができる。



【 利点 】

1・破壊されない限り使い回せる
2・手札に戻すなので、破壊耐性を持つカードに強い
3・永続効果持ち上級の存在意義をぶっ壊した


[1]:破壊されない限り使い回せる

文字通り、破壊されない限り使い回せる。また、戦闘を経由した除去はその効果の性質上全く受け付けないので、魔法・罠での除去に限る。

召喚権は消費するものの、この効果はガチで強力。召喚権が1回多い先攻の強みが更に増す。また、《ならず者傭兵部隊》とは違い、相手から攻撃されても効果が誘発するため、アタッカーとしても機能する。


[2]:手札に戻すなので、破壊耐性を持つカードに強い

バウンスは今まで苦戦していた《ネフティスの鳳凰神》、《ホルスの黒炎竜 LV8》を軽く一掃する。特に攻撃トリガー罠である《炸裂装甲》を積み難い《ホルスの黒炎竜 LV8》型のデッキは苦戦を強いられるであろう。

また、今まで散々毛嫌いされてきたロック・バーンに対する回答策とも成り得る。星3であるため《グラヴィティ・バインド-超重力の網-》などをすり抜けられ、リバースモンスターの効果をとにかく無効化し続けられる。ロック・バーンは特殊召喚を苦手とするデッキなので、このカード1枚でモンスターの動きが止まるなんて事も有り得る話だ。


[3]:永続効果持ち上級の存在意義をぶっ壊した

これを利点と考えるべきなのかは人それぞれなのだろうけど、【地雷デッキ】が減少するって事は、トーナメントプレイヤーにとっては嬉しい話なんじゃなかろうか?

とりあえず、ホルス系デッキの数は間違いなく減少する。《エネミー・コントローラー》で攻撃を止める事は一応可能なのだが、そうなると《ならず者傭兵部隊》の処理に苦戦する・・・。厳しい。

帝系は残る。黄泉→上級の流れやカイエン→上級ならグランで戻されてもさほど問題は無いし、ATK差でダメージレースを制しやすい。



【 減少しそうなデッキ 】

-かなり減りそう-
・ホルス系
・ネフ系
・不死系

-ちょっと減りそう-
・推理ゲート
・ネオス系
・融合HERO系

-変動無し-
・ダークゴーズ
・グッドスタッフ
・戦士系
・ガジェ系
・バーン系
・ロック系
・キメラ

コントロール能力に優れた第四期のトップレア達をふるい落とした感じ。時代の流れかな、悲しいね。


【 増加しそうなカード 】

・《炸裂装甲》
・《マインドクラッシュ》(バウンス後射抜く流れが流行りそう)
・《異次元の指名者》(同上)
・《サイバー・ドラゴン》(ビートダウンの必須装備に成り得る)

こんなもんでしょうか。特に《マインドクラッシュ》の使い勝手は爆発的に増加することでしょ~。

| モンスター考察 | 04:10 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/69-f778c7fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。