PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

光と闇の竜だそうで

カードプール増加。《光と闇の竜》の登場です。で、それの考察。

どうでもいいけど、opsで髪切りました。その日は時間が無かったので、明日か明後日にでもストパとメッシュを入れる予定。もしくはカットモデルで無料狙い。


《光と闇の竜》
闇属性 ドラゴン族 星8
ATK2800 DEF2400
効果
このカードは特殊召喚できない。このカードの属性は「闇」としても扱う。このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にする。この効果でカードの発動を無効にする度に、このカードの攻撃力と守備力は500ポイントダウンする。このカードが破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地のモンスターを1体を選択して発動する。自分フィールド上のカードを全て破壊する。選択したモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。


ソース:幾久しく輝く蒼い月
    ルールの迷宮



【 特徴 】

生物・魔・罠の効果を無効化する上級モンスター。ただしそれらを無効化する度に攻守が500ポイントダウンする。
また、このカードが破壊され墓地へ送られた時、自分フィールド上のカードをすべて破壊した上で、自分墓地に存在するモンスター1体を特殊召喚可能。


無効化効果はモンスター効果の場合、誘発・起動の二つの発動を無効にする。ルール効果・永続効果には干渉できない。
また、すでに発動済みの永続魔・罠の効果も無効化できない。チェーン・ブロックを作る効果も無効化不可。

特殊召喚効果はまず先に蘇生対象を指定する。その後に自分フィールド上のカードを破壊し、それらの処理を終えた後に先ほど指定したモンスターを蘇生する。つまり「破壊→それを蘇生」という流れは作れない。



【 利点と欠点 】

利点
1・生物・魔・罠の3種無効化。
2・素のサイズ2800。
3・サイズ問わず蘇生。

1が最大の特徴。これを基盤にデッキを組むはず。
2は一応、ゴーズを潰せる。罠発動で速攻返り討ちですけどね。
3はコンボギミックとして機能しそうですね。破壊と蘇生。何か出来そ~。


欠点
・自分相手問わずに無効化。
・攻守がダウンし続ける。
・破壊されると自分の場全リセ。
・特殊召喚不可。

1は、悲しいかなこれが現実。デメリット効果その1です。
2は戦闘破壊されやすくなります。1によってそれを守る事すらできません。
場にカードを展開しすぎていると3の効果で大損します。
4は最近多いよねー。嫌いですこれ。

1のおかげで守れないのが致命的かな。


【 デッキ組むなら? 】

真っ先に思い浮かぶのが《死皇帝の陵墓》と組み合わせたコントロール系のデッキ。自分の《死皇帝の陵墓》によって相手がゴーズやメビウス(2400ライン)を召喚してくる可能性を考慮すると少々厳しい感じがしますね。守れませんし。


または《光の護封壁》と組み合わせたロックデッキ。こちらは事務所の回答次第。ATK500未満になっても無効化できるようなら、ロックとコレが揃えば即死。後はダイレクトアタック可能なモンスターでライフを減らすなりして勝ち。もしくはライブラリアウト。しっかり考えて組めばVを狙う事も可能なんだろうけど、従来のサイクルリバース→Vの流れには組み込み難い。まぁ、裁定で不可になる事でしょう(500未満での発動が)




特殊召喚不可で守れない。この二点がデッキ構築の幅を狭めてますねー。なんて勿体無い・・・。

一応、自分フィールド上全リセット効果のおかげで《始皇帝の陵墓》と《黄泉ガエル》の共存は楽にはなります。


《死皇帝の陵墓》→《闇と光の竜》

《闇と光の竜》戦闘によって破壊→《死皇帝の陵墓》破壊→蘇生→自分スタンバイフェイズ時《黄泉ガエル》復活→《闇と光の竜》を破壊したモンスターを《洗脳-ブレイン・コントロール-》→2体生け贄で《闇と光の竜》

| モンスター考察 | 03:54 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/72-265f3371

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。