PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

光と闇の竜とシナジーするカード

《光と闇の竜》を随分使いまわした上で、「シナジーする」と感じたカードに関する考察記事。


《光と闇の竜》
光属性 ドラゴン族 星8
ATK2800 DEF2400
効果
このカードは特殊召喚できない。このカードの属性は「闇」としても扱う。このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にする。この効果でカードの発動を無効にする度に、このカードの攻撃力と守備力は500ポイントダウンする。このカードが破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地に存在するモンスター1体を選択して発動する。自分フィールド上のカードを全て破壊する。選択したモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。


【 光と闇の竜の特徴 】

最大4回、魔法・罠・効果モンスターの誘発・起動効果を打ち消す事ができる。
また、破壊された際に自分の墓地限定だが《死者蘇生》に似た効果が発動する。

第一の効果で相手のカードを消費させる事で、第二の効果で特殊召喚されたモンスターは生き長らえる。


【 シナジーするカード達~モンスター編 】

モンスター
・《冥府の使者ゴーズ》
・《E・HERO エアーマン》
・《D-HERO ディアボリックガイ》
・《黄泉ガエル》
・《魂を削る死霊》

上から順番に説明。


< ゴーズ >
効果の発動さえ出来れば最もシナジーする上級モンスターが《冥府の使者ゴーズ》
ゴーズ単体の戦闘力の高さも然る事ながら、その効果によって生み出されたトークンを生け贄にする事によって、比較的楽に《光と闇の竜》を生け贄召喚できる。
媒介を確保するためのカードが他にあればそれとトークンで生け贄確保すれば良いので、ゴーズをそのままアタッカーとして機能させる事も可能。
また、第二の効果でゴーズを特殊召喚した場合も、その高い攻撃力によってかなりの活躍が見込める。


シナジーする点の簡略化
・優れた媒介要因
・アタッカー
・第二の効果による特殊召喚候補



< エアーマン >
相手が対処出来なければそれだけで生け贄確保可能。現在の環境に蔓延しまくっている超強力カード。
このカードは特殊召喚時に誘発する効果を持っているため、第二の効果で特殊召喚した際、アドバンテージを生み出す事ができる。
その効果によって《E・HERO エアーマン》を回収し、その《E・HERO エアーマン》を召喚すればかなり楽に魔法罠破壊効果を発動する事が可能。《光と闇の竜》が破壊された後のカウンター要因として活躍してくれるカード。


簡略化
・アタッカー
・第二の効果による特殊召喚候補
・《D-HERO ディアボリックガイ》回収要因



< ディアボリックガイ >
生け贄確保に優れており、このカードが墓地に存在すれば媒介を1体集めるだけで《光と闇の竜》を召喚する事が可能。
また、《E・HERO エアーマン》の効果でサーチする事が可能なため、《黄泉ガエル》以上に安定して手札に運んでこれる。
更に《E・HERO エアーマン》召喚の前にこのカードを特殊召喚しておけば、魔法罠破壊効果の発動が可能に。先ほど述べたエアーマンによるカウンターを行う際、このテクニックを駆使すれば一気に2枚の魔法罠カードを破壊する事が可能。


簡略化
・優れた媒介要因
・《死のデッキ破壊ウイルス》媒介要因



< 黄泉ガエル >
理由は先ほど述べたディアボリックガイ同様、媒介要因。ディアボリ以上に媒介要因としては優れており、手札で事故る事も無い。安定性でいえば、こちらが上だろう。


簡略化
最も優れた媒介要因


< 魂を削る死霊 >
ハンデス可能な壁。《光と闇の竜》召喚前に行うハンデスは凶悪であり、相手の手数が減れば減るだけ《光と闇の竜》の威力は増す。それを行う事が出来、更には安定して媒介としても使用できる。また、第二の効果で特殊召喚しても破壊されなかったりと、無駄が無いのが特徴。


簡略化
・壁
・相手手札を減らせる
・第二の効果による特殊召喚候補




【 シナジーするカード達~魔法・罠編 】

・《洗脳-ブレイン・コントロール-》
・《押収》
・《死のデッキ破壊ウイルス》
・《マインドクラッシュ》
・《ダストシュート》

上から順番に。


< 洗脳 >
有無を言わさず強力。相手モンスターを減らしつつ、《光と闇の竜》の媒介を確保できる。コンボパーツではあるが、「相手モンスターを減らせる点」と「媒介を確保できる」 この二つの両立は凶悪の一言。
《光と闇の竜》が最も栄える瞬間は相手モンスター数が少ない時である事は間違いない。
また、アタッカーを多数積めないようなコントロール型デッキの場合、このカードをフィニッシャーとして運用できる。


簡略化
・相手モンスターを除去できる
・優れた媒介要因
・フィニッシャー



< 押収 >
《光と闇の竜》が最も栄える瞬間とは何かと問われれば、相手の手札にモンスターが存在しない時と相手手札が少ない時と答える。理由は簡単、《光と闇の竜》を魔法罠によって破壊する事は困難極まりないからだ。そういった状況を簡単に作り出せるのが《押収》である。


簡略化
・相手の手札からモンスターを捨てさせれる
・相手手札を減らせる



< 死デッキ >
《押収》以上に簡単に相手手札からモンスターを消す手段と言えば、《死のデッキ破壊ウイルス》
このカードの発動に成功すれば相手の手札からアタッカーと呼ばれるモンスターは死滅する。
すると相手は《光と闇の竜》を戦闘破壊する事が困難になり、《光と闇の竜》の生存率が伸びる。
更にこのカードの効果は3ターン維持される。つまり3ターンの間、《光と闇の竜》が戦闘破壊される心配はほぼ無い事となる。


簡略化
・相手手札からモンスターを捨てさせれる
・相手手札を減らせる



< マイクラ、ダスト >
《押収》と同じ理由。相手手札を減らせるこれらのカードは全て《光と闇の竜》とシナジーする。発動条件が緩いという点も好評価。


簡略化
・相手手札からモンスターを捨てさせれる
・相手手札を減らせる

| モンスター考察 | 20:06 | コメント(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://uys.blog71.fc2.com/tb.php/87-78fc4bcd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。